HOME 特集 若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:FM-JAGA番組でおなじみ バンド「TRIPLANE」インタビュー・・・
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:FM-JAGA番組でおなじみ バンド「TRIPLANE」インタビュー

  • 2015年2月27日 13時30分

10周年 道内活動に力を
 FM-JAGAの番組でもおなじみの、北海道出身のロックバンド「TRIPLANE(トライプレイン)」。今年は記念すべき10周年を迎えました。今後、どんな活動を見せてくれるでしょうか。ニューアルバムを引っさげて、北海道・札幌に“凱旋(がいせん)”したボーカルの江畑兵衛さん、ドラムの広田周さんにインタビューをしました。

「北海道・十勝の応援に感謝しています。恩返ししたい」と話す江畑さん(右)と広田さん

十勝は素晴らしいコミュニティー
 -お久しぶりです!

 広田 たびたびFM-JAGAの番組に出演しているのに、なかなか十勝に足を運べず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、「教えて十勝」というコーナーで十勝を知り尽くしている気でいます。

 江畑 昨年12月に開かれたFM-JAGAのリスナー感謝イベントにお邪魔しました。DJとリスナーとの距離が近く、ディスコタイムでは仮装したリスナーが踊り、おしゃれなクラブとは違うアットホームな雰囲気でした。改めて十勝は素晴らしいコミュニティーだと思いました。

 -25日にニューアルバム「non no」がリリースされました。
 江畑 音楽が配信主体になり、CDの存在価値が危ぶまれる中、オール新作のフルアルバムを出せたことに感謝します。

 広田 本当にありがたい。制作は最初テーマを考えていきますが、「今、自分たちのやりたいことを詰め込むのが大切」ということに行き着きました。昨年6月ごろから曲作りを始め、余裕を持っていたはずが、後半はスケジュールがタイトで、1日4曲分もドラムをたたいたこともありました。

 -タイトルに込めた意味は?
 江畑 アイヌ語で「花」という意味。自分は北海道出身で本州から渡ってきた人の子孫ですが、この北海道の空や山は何百年も何千年も前から北海道の地で根付き、ずっと同じ景色だった。さまざまな歴史も踏まえた上で、北海道の先住民族であるアイヌの言葉を使いました。

 -タイトル曲でもある「non-no」は、北海道の景色が浮かぶエモーショナルなバラードになっていますね。さて、10周年を迎え、今後の活動は。
 広田 北海道に力を入れた1年にしたい。今まで行くことができていない小さなホールなどでライブをしたい。幅広い年齢層の人たちにライブを見てほしいですね。

 江畑 まずは4月を成功させたい。アルバムの世界観を大切に、たくさんの曲を演奏したい。十勝と札幌は道東自動車道がつながって近くなったので、ぜひお待ちしています。

4月札幌で“凱旋公演”
TRIPLANE“音種-otodane-”tour2015 札幌公演

 4月26日午後4時半開場、同5時開演。会場は道新ホール(札幌市中央区大通西3)。チケットは全席指定4900円。問い合わせはマウントアライブ(011・211・5600)へ。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
4℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み