HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】ライフ編:HANANINGEN(花人間)プロジェクト 清野光さんインタビュー
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】ライフ編:HANANINGEN(花人間)プロジェクト 清野光さんインタビュー

  • 2015年2月20日 13時40分

草花の頭飾り 出来栄え感動
「HANANINGEN(花人間)」体験

 最近、インターネット交流サイトのフェイスブックなどで、頭に花や植物を飾った女性の写真を見かけたことはありませんか? 今、札幌で大人気で、多い時には1200人待ちという「HANANINGEN(はなにんげん)プロジェクト」です。「北海道に自然を増やしたい」「自分の好きな花を見つけてほしい」と企画し、仕掛人である「GANON FLORIST(ガノン フローリスト)」(札幌市中央区宮ケ丘3)の清野光さん(27)にインタビューし、自身も「HANANINGEN」体験しました。

手早く色とりどりの花を飾り付ける清野さん(左)。生花がふんだんに盛り付けられた仕上がりに若林も感激 (Hanayui Desiner・Hikaru Seino、Hair and Make・Yuri Tsushima)

自然向き合うきっかけに
 -活動を始めたきっかけは?
 もともとは音楽をやりながら、フラワーデザインの専門学校に通いました。卒業後の即就職に抵抗を感じて、カナダに約2年間留学しました。現地は自然が多く街の景観も統一性があり、花が身近にあってモラルが高い国民性に刺激を受けました。帰国後、フローリストとして活動しています。

 -では「HANANINGEN」とは?
 昨年の夏から始めました。自然豊かな北海道に住んでいるのに、自然に触れたり、感謝したり、好きな花を買ったり、プレゼントすることも少ないですよね。より多くの人に自然ともっと向き合ってほしいと、スタートさせました。

 -どのような過程で体験できますか?
 専用のフェイスブックページで先着順で予約を受け付け、店内でメーキャップから撮影までを行います。メーンになる好きな花を1種類選んでもらい、われわれフローリストとクリエイターが飾り付けをします。メーキャップ、撮影はいずれもプロが担当します。

 企画の趣旨に賛同していただくため、出来上がりの写真はフェイスブックのプロフィル、カバー写真に1カ月固定で使用してもらいます。

 3歳から60歳代まで多くの人が体験し、最近は全国から応募があり本当にうれしい。

 -今後の活動は。
 海外にも出店したい。十勝にも訪れたことがありますが、どの地域の人にも言いたいのは、「自然をしっかり愛して」ということ。自然や花の力で世界を変えられる。日々忙しい中でも自然を感じてほしい。

HANANINGEN参加方法
(1)フェイスブックの「Flower party collection with Hananingen」(https://www.facebook.com/hananingen)の参加ページを押す。
(2)開催日がアップされるので、コメント欄に希望の番号と時間を入力する。問い合わせ受け付け中。詳細はGANON FLORISTへ。午前9時~午後7時。木曜定休。(011・633・5522)。


【体験を終えて】
心が優しく、豊かに

 出来上がりまで鏡を見られないので、完成した姿に感激した。「きょうは部屋にお花を飾ろう」。心が優しく豊かになった。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
28日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み