HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】イベント編:丸井今井「サロン・デュ・ショコラ」と大丸札幌店「プロムナード」
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】イベント編:丸井今井「サロン・デュ・ショコラ」と大丸札幌店「プロムナード」

  • 2015年2月6日 14時05分

若林お薦めの「ピエール・エルメ・パリ」の「ガレ」。薄型ながら、濃厚な味わいで満足感は十分

丸井今井「サロン・デュ・ショコラ」
14カ国のチョコずらり

 14日の「バレンタインデー」までもうすぐ! 今回は丸井今井札幌本店大通館9階(札幌市中央区南1西2)で同日まで開催中の、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」にお邪魔しました。今年はバレンタインデー当日が土曜日とあって義理チョコが控え目で、「自分へのご褒美チョコ」「友チョコ」などの傾向が強まっているそう。十勝の皆さんも「甘ーい、バレンタイン」を過ごしてください。

カカオの味 ストレート■「竹鶴」と合わせて
 同店で9年目を迎えるこのイベントでは、フランスをはじめイギリスなど普段、札幌では味わえない世界14カ国・80以上のブランドのチョコレートがずらり。日本が誇る青木定治氏による「パティスリー・サダハル・アオキ」(フランス)、「ジャン・ポール・エヴァン」(同)など一流ショコラティエが名を連ねています。

 各ブランドとも、カカオの味をストレートに楽しめる「タブレット(板チョコ)」を提供しているところが多く、ワインやチーズのように、産地やカカオ本来の風味を楽しむ人が増えているのも理由のひとつのよう。

 私が注目したのは、一流パティシエの団体の副会長を務めるピエール・エルメ氏による「ピエール・エルメ・パリ」(同)。エルメ氏は徹底的な素材へのこだわりと技術で、世界中に多くのファンを持つそう。今回の「サロン・デュ・ショコラ」限定の「ガレ」(2376円)は、3種・各7枚の薄い円盤形のチョコレートがセット。中から上品な味わいが溶け出し、幸せな気分になれます。

ショコラ・ショットバーで提供されている「竹鶴21年&ショコラ」。チョコレートを味わいながらグラスを傾けて-

 「甘い物が苦手」という人は、会場内の「ショコラショットバー」で楽しんでみては。人気放映中のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でおなじみの国産ウイスキー「竹鶴」など、いろいろなタイプのウイスキーを絶品のチョコレートと一緒に楽しめるぜいたくな空間で、女性を中心に連日、盛況です。

 人気は「竹鶴21年&ショコラ」(1296円)。“幻の名品”とされる「竹鶴25年」も1ショット2700円で提供しています。「1ショットで気軽に試せる」「苦手なウイスキーが好きになった」との声も届いたそう。添えられたショコラは期間内に変更され、何度足を運んでも飽きません。
 丸井今井札幌本店広報担当の川嶋陽子さんは「普段、なかなか味わえない世界のショコラが一堂に集合しています。札幌に来る際はぜひ、ご来店を」とPRしています。




札幌では初めての販売に期待するオホーツク・ショコラッティエの青山さん

大丸札幌店「プロムナード」
道内最大級の100ブランド

 大丸札幌店(札幌市中央区北5西4)は14日まで、7階特設会場などで「ショコラプロムナード」を開いている。初登場24ブランドなど道内最大級の約100ブランドを展開し、「北のショコラティエ」も目を引いている。

 以前はトリュフなど一極集中だったが、果汁入りなど多様化し、中心価格は1500円ほどという。

 「北の-」では、チョコレート工房オホーツク・ショコラッティエ(オホーツク管内美幌町)が初登場。地元産の素材を使ったチョコレートはネーミングも絶妙だ。かつて北見が名産だったハッカ栽培にちなみ、希少な和種ミントを使った「あやなみ」は品種名を冠した。

 網走産の完熟サクランボを洋酒に漬け込み、チョコレートでコーティングした「オホーツク・チェリー・ジェムズ」(5個入り・3780円)も人気という。

 オホーツク・ショコラッティエの青山真理さんは「素材にこだわり、1粒ずつ手作りしたチョコレートを楽しんでほしい」と話している。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
28日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み