HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】グルメ編:アンジェラ佐藤さん 十勝の味挑戦
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】グルメ編:アンジェラ佐藤さん 十勝の味挑戦

  • 2014年10月17日 13時10分

いざ、挑戦-。重量4キロの巨大豚丼に向かうアンジェラさん(左)。通常メニューを持つ若林もびっくり(金野和彦撮影)

豚丼20人分完食 「道産食もっと発信」
 食欲の秋、札幌で十勝グルメを食べ尽くせ! というわけで、今回は以前から若林と親交のある北海道在住大食いタレントのアンジェラ佐藤さんと大食いにチャレンジ。この記事を読めば、あなたもさらに食欲増進?! 食べ過ぎには、くれぐれもご注意を-。

いただきコッコちゃん 「とかちフェア」開催中
 今回お邪魔したのは「いただきコッコちゃん北8条店」(札幌市中央区北8西4、稲津ビル1・2階)。北海道の新鮮な素材をたっぷりと盛り込んだ焼き鳥ダイニングです。同店を含めた道内、東北、関東圏の系列36店舗では「フードバレーとかちフェア」を開催中。「びっつくね」など十勝産の野菜、肉、乳製品を使ったメニューを、多数取りそろえています。

店内では「びっつくね」など十勝産のメニューも多数

 同店を運営するイーストン(本社札幌、大山泰正社長)では、スタッフが足しげく十勝の農畜産物の生産現場を訪ね、作り手の思いを伝えるメニュー化を続けています。先頭に立つ執行役員商品本部長・マーチャンダイザーの飯塚忠志さん(帯広市出身)は「食材の宝庫・十勝で素晴らしい生産者に出会った。外食産業として十勝の素晴らしさを発信したい」と力を込めます。

 そんな十勝愛にあふれる同社からアンジェラさんへの“挑戦状”は、十勝のソウルフード「豚丼」。私が持っているのが通常版(480円)。アンジェラさんが挑むのは、通常の20人分に当たる、特別に用意された4キロの豚丼です(ご飯3キロ)。早速、大食いが始まりました。

30分足らずで見事完食。「ごちそうさまでした」と満面の笑みのアンジェラさん

 「昔からよく食べたが、大食いだと気付いたのは大人になってから。ラーメンで12、13杯。カレーライスで8キロは食べられる」と笑顔。は、早い…。既に巨大丼の半分が胃袋の中へ。ホエー豚のメガ盛りに「かめばかむほど肉のうま味が広がり、赤身も多くてヘルシー。本当においしい!」とペースは全く落ちず、30分足らずで見事に完食。

 知名度は今や全国区。最近は東京での活動も増えましたが、「道外ロケに行くことが増え、一層、北海道の食の魅力を感じる」ときっぱり。「生産者の気持ちを考えると食べ物を粗末にできない。これからも北海道を拠点に、北海道の食の魅力を発信したい」と力強く語ってくれました。

 アンジェラさんともども、ごちそうさまでした。この企画、シリーズ化してみませんか?(笑)

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
14℃
最低気温
1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み