HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:「ケラケラ」インタビュー
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:「ケラケラ」インタビュー

  • 2014年10月10日 13時10分

29日に新アルバム発売
 人気ユニット「ケラケラ」の3人が1年ぶりに遊楽ナビに登場! 今月は両A面シングルとアルバムが発売されるなど、話題も盛りだくさんです。今回は3人そろっての来札で、十勝への熱い思いを再び語ってくれました。

両A面シングル、アルバムを相次いで発売し、「ケラケラじゃんけん」のポーズを決める「ケラケラ」の3人

ありのままの姿見て
十勝で「花火ソング」を

 -8月には十勝でライブをしましたが、いかがでしたか。
 MEMEさん たくさんの人に来てもらいました。以前番組の企画でお邪魔した帯広南商業高校の生徒もたくさん会いにきてくれて、いろいろな話をしました。中には進路など夢に向かって踏み出している子もいて、すごくうれしかったです。

 -滞在中、おいしいものは食べられましたか。
 ふるっぺさん 「はげ天」の豚丼がおいしすぎました。肉そのものにうま味、甘みがあっておいしい。あまりのおいしさに、昼食も夕食も豚丼にしてしまったほどです…。

ダンス覚えて
 -8日にはニューシングル「ケラケラじゃんけん/STATION」が発売になりました。
 森さん 「ケラケラじゃんけん」はライブの定番曲。さまざまな人間模様をじゃんけんに例えた歌です。PVには元「モーニング娘。」の辻希美さんにも出演してもらっています。とっても簡単なダンスなので、十勝の皆さんにも覚えて踊ってもらいたい。「STATION」は、路上ライブをしていたころから大切にしていた曲で、情景が浮かぶ恋愛ソングです。

 -さらに待望のセカンドアルバム「ケラケランド」も29日に発売になります。
 MEMEさん 私がよく笑っているから「ケラケラ」というバンド名になりました。普段は本当によく笑っていますが、明るいイメージだけでなく、ありのままの自分を見せることができたら…。そんな思いを込めて作ったアルバムです。作詞した5曲目の「本当の私」に注目してほしい。

 ふるっぺさん 前向きなことだけではない、ポップだけではない、でもすごく温かい気持ちになれるアルバムです。アレンジに関しても、今までとは違うケラケラを見せることができた。今まで僕らの音楽を聴いていてくれていた人も、そうでない人も楽しめる1枚になっています。

 -最後に代表してMEMEさん、十勝の皆さんにメッセージをお願いします。
 MEMEさん 十勝を初めて訪れた衝撃は今でも忘れられません。この大自然の中で暮らしている皆さんは本当に純粋で、温かくてすてきな人が多い。私は東京出身ですが、「ここで育ったらどんな人間になっていたのかな?」と思うくらい、十勝が大好きです。大きな花火大会(勝毎花火大会)があるんですよね。そこで歌えたらいいなぁ。私たち花火ソングもあるので…(笑)。また、絶対に十勝に足を運ぶので、その時は遊びに来てください!

<ケラケラ>
 ボーカルのMEMEさん、ふるっぺさん(ベース&コーラス)、森さん(ドラム&コーラス)で結成されたユニット。デビューした2013年に発売したセカンドシングル「スターラブレイション」が、フジテレビ系列のドラマ「ラスト・シンデレラ」の主題歌に採用され話題になった。ストレートに表現された歌詞と力強いポップなメロディーが若者を中心に人気を集めている。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
28日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み