HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】レジャー編:秋は大学祭で“学生気分”
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】レジャー編:秋は大学祭で“学生気分”

  • 2014年10月3日 13時21分

ヨサコイ、ライブなど多彩に
 秋の大学祭シーズン到来! 11~13日の3連休に合わせ、札幌や道央圏の多くの大学・短大のキャンパスで大学祭が開かれます。今回は就職率90%以上という人気の2校の大学祭の情報を事前に紹介。進学を考えている中・高校生はもちろん、子供から大人まで楽しめる大学祭の魅力に迫ります。大人の皆さんも、気分は大学生に戻って楽しんでみては-。



学内の階段アートで「第48回武蔵祭」をPRする実行委員会のメンバー

◆道武蔵女子短大 DVDに全員出演
 最初に紹介するのは、わが母校の北海道武蔵女子短期大学(札幌市北区北22西13)。アットホームな雰囲気で、学生と教職員の仲が良いのも特徴です。2年間のキャンパスライフは、勉強、就職活動も全て濃縮され、充実した時間だったことを今でもはっきりと覚えています。

 今年の「武蔵祭」は11、12の両日に開催。軽音楽部の演奏、60近い模擬店、道内を拠点に活躍する「ナイトdeライト」のライブなどで盛り上がります。両日とも最後に、第23回YOSAKOIソーラン祭りでセミファイナル優秀賞に輝いた「コンサフリークwithアクアクララ~北海道武蔵女子短期大学~」が登場。必見は大学祭役員が制作したDVDの放映で、武蔵生が全員出演する力作です。

 屋内の休憩場にカフェスペース、体育館には子供たちが楽しめるキッズパークやシャボン玉企画も。恵良美織・大学祭委員長(2年)は「学内最大で学生が一番楽しみな行事。準備は苦労が多くプレッシャーも感じたけれど、今は何よりも成功が楽しみ。子供から年配の人まで楽しめるのでぜひ、遊びに来て」と呼び掛けています。

<北海道武蔵女子短期大学>
 1967年開学。教養、英文、経済の3学科があり、全学科とも適切な日本語表現、国際人としてふさわしい外国語、コンピューターの多分野での活用法を学ぶ。「第48回武蔵祭」は11、12日の午前10時半~午後4時半。JR札幌駅、札幌市営地下鉄南北線北24条駅からバスも運行している。問い合わせは011・726・3141。




近代的で広大なキャンパスを舞台に盛り上がる北海道情報大学の「蒼天祭」(昨年)

◆道情報大 アニソン大御所も
 次は北海道情報大学(江別市西野幌59)。先進的メディア教育を通じて、「経営」「医療」「メディア」などの分野とIT(情報技術)に関する知識とスキルを備えた人材養成を目指す大学です。学校祭「蒼天祭」は11、12日。12日にはオープンキャンパスも予定しています。

 ゼミ、クラブやサークル活動の発表、模擬店やゲーム、クイズの他、YOSAKOIソーランや花火大会など盛りだくさん。さらにアニソン界の大御所きただにひろしさんが「So-ten Live」に出演する予定で、さらに盛り上がりそうです(ライブは11日午後3時半開演。無料だが、Eメールでの事前申し込みが必要。5日締め切り。申し込み方法や詳細は同大のホームページへ)。

 学校祭後の25日には、宇宙飛行士の若田光一さんを招いたミッション報告会も開かれる予定。同大広報室の大橋正典さんは「毎年、大勢の来場者を集めています。十勝からもぜひ、遊びにきてください」とPRしています。

<北海道情報大学>
 1989年開学。経営情報、医療情報、情報メディアの3学部がある。学生全員にEメールアドレスが配布され、コンピューターを数百台備えるなど最先端の学習環境を提供する。蒼天祭の問い合わせは大学祭実行委員会((電話)011・384・0135、Eメールhiu-so-tenlive@do-johodai.ac.jp)へ。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
27日の十勝の天気
最高気温
16℃
最低気温
4℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み