HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】イベント編:さっぽろタパス
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】イベント編:さっぽろタパス

  • 2013年8月23日 15時33分

来月1~8日 店巡りイベント 自慢のタパス食べ歩き  暦の上では秋! 食欲の秋です!! ということで、今回は毎年札幌でこの時期に開かれる食べ歩きイベント「さっぽろタパス」(9月1~8日)を紹介します。私も毎年参加していますが、このイベントをきっかけに行きつけになったお店がたくさんあります。札幌のおいしい店をぜひ皆さんも見つけてください。

札幌の「おいしい」を食べて、歩いて、楽しめる「さっぽろタパス」

チケットと交換で飲み物とおつまみ
104店参加 お気に入り見つけて

 「さっぽろタパス」は、2006年にスタートし、以降、毎年秋(9月の第1日曜日を含む日程)に開催、今年で8回目を迎えます。

 簡単にいうと、札幌の個性ある飲食店を食べて歩くイベント。期間中、5片または9片のチケットつづり「ボノタパス」を参加飲食店に持っていくと、チケット1片で「飲み物+タパス(おつまみ、おやつ)」を全店で、一部参加店ではチケット2片で「充実ランチ」を楽しめます。

 さらに、専門店での飲食やお持ち帰り、観光・文化施設の利用もOK! 参加店(全104店)は、フレンチ・スパニッシュ・イタリアンから、バー・バル・バール、和食、多国籍、カフェなどいろいろ。チケットは毎年ほぼ完売し、下は20代から上は80代まで、老若男女、幅広い年齢に愛されています。

今年の「さっぽろタパス」では104店の自慢の一品を堪能できる

 十勝の名産品(生ハムなどの肉類、チーズや乳製品、ジャガイモなどの野菜類や豆類など)をメニューで提供、使用している参加店もあるとのこと。

 具体的なお店の名前は、「行ってからのお楽しみ」。お店のスタッフと食材について会話しながら味わうのもこのイベントの大きな魅力の一つ。各店のタパスは自慢の一品ばかりで、どれも感嘆の声を上げたくなるほど。ボリュームもあり、ついついお酒も進みます。

 ワインやビールにおつまみはもちろん、コーヒー、お茶にスイーツを飲んで食べて…。行きたかった札幌のお店を知る絶好のチャンスです。

 食欲の秋、若林聖子のダイエットも…これが終わってからにします(笑)

<さっぽろタパス>
 札幌市中央区を中心に周辺部で開催。ボノタパスは5片つづり(前売券3600円、当日券3800円)、9片つづり(同6200円、同6500円)。問い合わせは主催のさっぽろタパス実行委員会(011・211・1957)へ。

<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み