十勝毎日新聞社会社案内

いつも地域とともに。Always Serving Tokachi

↑ページ先頭へ
  1. ホーム
  2. ハイパーローカル

徹底した地域密着報道による「顔の見える新聞」づくりは創刊以来不変の編集方針です。

ハイパーローカル Hyper-local

「まちマイ」

「まちの毎日がニュースになる」をコンセプトに2012年にスタートした「まちマイ」は、これまでに15市町村で展開。地域に秘められた歴史や人物、施設など、地域の魅力を掘り起こし帯広シティーケーブル(OCTV)、エフエムおびひろ(FM-JAGA)、電子版特設ページで特集を組み、グループを挙げて地域を盛り上げています。

十勝をきめ細かく取材し、地域の話題を発掘する「まちマイ」

十勝をきめ細かく取材し、地域の話題を発掘する「まちマイ」

子育て応援ラボHP画面

子育て応援ラボHP画面

「子育て応援ラボ」

十勝の住民と一緒に地域で頑張る子育て世代を応援しようと、十勝毎日新聞社は地域協働プロジェクト「とかち子育て応援ラボ」を立ち上げ、お母さん、お父さんたちとコミュニケーションやライフプランを学ぶワークショップをはじめ、親子で楽しめる子育てフェスティバルなどのイベントを展開。住民と新聞の身近な関係構築を目指しています。

子育て応援ラボHP画面

子育て応援ラボHP画面

多くの親子連れでにぎわった「第1 回とかち子育てフェス」( 2 01 6 年1 1月)

多くの親子連れでにぎわった「第1 回とかち子育てフェス」( 2 01 6 年1 1月)

「NIE」

Newspaper In Education(教育に新聞を)の略文字で、新聞の優れた特性を教材として学校の教育活動に積極的に取り入れる運動に取り組んでいます。十勝毎日新聞社では1991年にNIE推進委員会を設置し、専任のNIEコーディネーターを配置。紙面では、小学生向けの「こどもしんぶん」や中・高生のページを設け、新聞づくり講習会やかべ新聞コンクールなども行っています。

児童にかべ新聞づくりを教えるNIE関係者

児童にかべ新聞づくりを教えるNIE関係者

「社内見学」

社内見学では、十勝毎日新聞社のメディアと観光の取り組みについて理解を深めてもらっています。編集局や印刷工場などで新聞ができるまでの過程を学び、ラジオやテレビなどの現場を訪れ、見学者全員に号外を発行してプレゼントするとともに、見学風景のスナップ写真を電子版で掲載、購入できるようにしています。

編集局の整理担当者が新聞づくりの流れを分かりやすく説明

編集局の整理担当者が新聞づくりの流れを分かりやすく説明