十勝毎日新聞社会社案内

いつも地域とともに。Always Serving Tokachi

Feature topics 6

文化・スポーツ・教育奨励

 創造力あふれる住民の活動を支援、
地域のレベルアップと活性化を先導してきました。

「NIE」

学校と報道が連携
教育の場に記事を活用して、新聞が身近に

 Newspaper In Education(教育に新聞を)の略文字で、新聞の優れた特性を、教材として学校の教育活動に積極的に取り入れる運動に取り組んでいます。十勝毎日新聞社では1991年にNIE推進委員会を設置し、専任のNIEコーディネーターを配置。紙面では 「小・中・高校生のページ」を設け、子ども記者による紙面制作、新聞づくり講習会、かべ新聞コンクールなどを行っています。

児童にかべ新聞づくりを教えるNIE関係者

「NPO十勝文化会議」

芸術文化を愛好するさまざまな人々が集い
地域文化を発信

 個人参加の民間文化団体「NPO十勝文化会議」は、2012年に30周年を迎えました。写真、絵画、文芸、書道、華道、郷土史研究など13部会に属する約270人の会員が活発な創作活動に打ち込んでいます。カルチャー教室「かちまいアカデミー」は趣味や教養、美容・健康、料理など約170の講座を展開。短期レッスンから定期講座まで、「自分磨き」の場を提供しています。

毎年秋に開催される芸術発表会は、さまざまな会場で活動の成果を披露する

「みるウオーク」

歩いた後の牛乳摂取で健康増進!
爽やかに「みるウオーク2015」

 牛乳とウオーキングを組み合わせた健康推進イベント「みるウオーク2015」を初開催。参加者は5キロと10キロの2つに分かれ、秋空の下の散歩を楽しみました。運動後には牛乳を摂取し、健康の増進を図りました。酪農王国・十勝ならではのプロジェクトは、帯広市、市文化スポーツ振興財団、十勝毎日新聞社で構成する実行委組織、管内住民の健康推進を図る目的で結成されました。

運動後30分以内のたんぱく質摂取は筋肉の増加や補給に効果的