ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > カスリの横田
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     ファン投票で騎乗する騎手を決める新年1月9日の「ゴールデンジョッキー賞」。投票が競馬場・場外、ネット、郵送で行われている。新生競馬初の試み。ファンはどのような基準で選ぶのか、注目している。

     さて人情の人・横田は、文句なしに河さん(大河原騎手)に1票である。


     その理由を述べる。河さんは、取材陣の安全管理に気を配る唯一のジョッキーなのだ。危ない場所にいるカメラマンには容赦なく「危ない!」と大声が飛ぶ。その一喝に、助かった取材陣がどれだけいることか。

     普通の人は、そんな面倒なことはしない。「マスコミ対応は、広報担当の仕事だ。任せておけばよい」。これが現代の風潮だ。
     しかし我らが河さんは違う。いつも怪我と隣り合わせ、自らも何度も怪我をしている。人のことが黙って見ていられない。「おい横田さん、そこにいると危ない。馬がもし暴れたら、あんたどうなる!」。こういう言葉を出せるのは義の男だ。ばんえいベテラン騎手には、現代日本で貴重になった「一本筋の通った男」たちが大勢いる。だからばんえい十勝に通い続けたくなる。ばんえい番記者・横田光俊

     年末・年始は見るテレビがないと嘆く前に、今夜(12月30日午後7時35分)のNHK教育の「カラフル!世界のこどもたち」は、感動を呼ぶこと請け合い。
     今井茂雅調教師(48)の次女・千尋(ちひろ)ちゃんが厩舎の暮らしぶり語る。第1作「ずっと馬とくらしたい」(9月30日初回放映)が大反響、続編「わたしの馬はうるさい馬」が完成、放送されるのだ。



     ばんえい厩舎の濃密な人間関係の中で育ち、常に馬と暮らす子供たちは、人間味にあふれている。世界に誇るかわいらしさだ。ぜひ見てほしい。NHKが本気を出すと、これだけのすごい番組ができるのだ。感心する。
     ちなみに第1作は、来年1月12日、同19日の午前9時半から再放送。見られなかったら録画しよう。(ばんえい番記者・横田光俊)

     馬券を人情で買うから失敗する。分かっているけど、これは仕方ない。ばんえい競馬は「情けに流される」ことが似合う。
    30日、今年最後の重賞はオイドンに決まっている。ほかは買わない。

    =写真は鈴木勝堤騎手が引退の日に乗ったオイドン
    (1)常にAー1で勝ち続ける見事さ。弱者を相手に勝ったりしない。卑怯な勝ち方はしない。
    (2)11月に引退した「しょうていさん」(鈴木勝堤元騎手)が手塩に掛けた馬である。
    (3)鈴木邦哉調教師は、私と同い年(56歳)である。ちなみに馬で言えば13歳、ゴールデンバージも私たちと同年代である。
    (4)オイドンは帯広の佐々木啓文さんの産駒、佐々木さんが馬主である。佐々木さんは、ばんえい存続に奮闘した方である。
    (5)乗り手は、今年1000勝達成、十勝・陸別町出身のサウスポー大口泰史(やすし)騎手である。やすしはとてもいい奴だ。
    (6)サウスポーの大口騎手をゴール地点で最も写真に撮りやすい1コースに入った。
     理由は、以上の通り。(ばんえい番記者=横田光俊)

      カスリの横田
    撮り逃げは許すな!朝調教写真撮影ツアー開始
    2010年12月28日(火)

     ばんえい番記者によるブログ「カスリの横田」を始める!
     ばんえい朝調教が絵になる厳寒の季節になった。

     ファン待望の「朝調教見学ツアー」が2010年12月26日に始まった。毎週日曜日午前6時から(2011年1月1日の土曜日にも実施、翌2日も実施)。料金は競馬場3階のプレミアムラウンジ利用込みで2000円。申し込み先は0155・34・0825(帯広競馬場内、オッズパーク・ばんえい・マネジメント)
     
     有名カメラマンがこぞって狙い、アマチュアカメラマンも垂涎の撮影テーマだ。しかし、これまでは「撮り逃げ」も多かった。ばんえいの写真だけ撮って、馬券買わないで帰るカメラマンが多かった。撮影対象との人間関係を築いた上で、撮影した写真は被写体の人々にプレゼントする。これが「写真撮り」の最低限の礼儀だ。

     撮影だけして、馬券を買わないで帰ることはするな。馬券の買い方、狙い目、騎手へのヤジの飛ばし方など、ばんえいの極上の楽しみ方を、このカスリの横田が親切に教える。赤いコート(または青色ダウン)・灰色毛糸帽子、カメラをぶら下げ、パドックのいつもの場所(最も厩舎寄りの場所)でニコニコ馬を眺めているから声掛けてくれ。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7   

    表示件数 31-34  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社