ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > カスリの横田
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     (写真はカスリの横田の駄作です)

     未明の練習走路で撮影する山岸さん

    白血病と戦う写真家山岸伸さん、ばんえい朝調教の撮影に戻る、騎手ら大歓迎 
     白血病と戦う有名写真家で、ばんえい競馬の撮影を続けている山岸伸さん(60、東京在住、帯広市観光大使)が10日、ばんえい十勝の朝調教の撮影に戻ってきた。市営競馬時代から馬と厩舎関係者の最高の姿を作品にしてきた山岸さんを厩舎(きゅうしゃ)関係者は大歓迎、「病気に負けるな」「元気になってもっと活躍を」と励ました。山岸さんは「帯広に来ると調子がいい。(この光景は)きれいだね、本当に」とシャッターを押し続けた。

    山岸さんの防寒コートは北極での取材に使ったもの。ブーツは競馬場の元広報担当Fさんがずっと保管していたものです 

     山岸さんはアイドルや有名人、十勝関係では故中川昭一元財務・金融相の素顔などを撮り、写真集を約400冊出版している。ばんえい競馬は2006年5月、旭川競馬場を訪れスーパーペガサス号(ばんえい記念4連覇の名馬)に出会ってほれ込み、忙しい仕事の合間を縫って40回近く撮影に通った。帯広などで写真展を開き、作品パネルを市に寄贈、帯広競馬場で撮影会・指導会も開催、写真集「北海道遺産・ばんえい競馬」(08年3月、大阪書籍)は歴史に残る名作だ。

     08年秋に白血病と診断され、闘病が始まった。09年9月の撮影を最後に帯広に来られなくなった。親交のあった中川氏が同年10月に亡くなり「もう帯広とは縁がなくなったのか」と思っていたが、昨年秋、帯広出身の小学生演歌歌手さくらまやの所属事務所から「さくらの成長期を写真に撮ってほしい」と依頼を受け、撮影を開始。正月で帰省中のさくらの自宅での撮影を兼ねて来帯が決まった。

     10日午前5時半。未明の競馬場で競馬関係者は、カメラを構える山岸さんを見付けて駆け寄った。最も親しい大河原和雄騎手は「元気になってもっと活躍してほしい。山岸さんが厩舎で撮影してくれて以来、キタノタイショウ号は強くなった」と声を掛け、イケメン騎手・阿部武臣さんらも歓待。谷あゆみ調教師はチェイスアドリーム号のそりに山岸さんを乗せて調教を行い、山岸さんは「初アングル。大満足」と感動した。

     午前7時半、「馬はかわいい。いい写真が撮れた。よし、サンキュー!」と山岸さんは馬に向かって手を振り、さわやかな笑顔で引き上げた。(横田光俊)

     白血病と戦う写真家・山岸伸さんが10日、帯広競馬場の朝調教撮影に戻ってきた。チエイスアドリーム号(谷あゆみ調教師)のそりにも乗り、撮影した。



    競馬関係者は喜び、大歓迎。われらが大河原和雄騎手もこの通り。


     山岸さんは市営競馬時代からばんえい競馬の撮影に40回近くも通い続け、5万枚以上の写真を撮り、各地で写真展を開き、写真集「北海道遺産 ばんえい競馬」(大阪書籍、2008年3月22日=ばんえい記念開催日に出版)を出し、競馬場で撮影会・撮影指導会を開き、騎手全員の肖像写真を撮り、ばんえい競馬にとって最高の写真家だ。
     しかし病気のため2009年9月の撮影を最後に、帯広に来ていなかった。みんな、心配していた。でも元気な姿に、イケメン騎手・阿部武臣ジョッキーもにっこり。

     詳しくは、本日発行の十勝毎日新聞に掲載予定。これから記事書きます。
    (ばんえい番記者・横田光俊)





     テレビ朝日(東京)が帯広競馬場に来て、丹念な取材を続けている。10日夜の「報道ステーション」(北海道内はHTBで放送)の新成人紹介で、ばんえい新人騎手の新成人2人(島津新、赤塚健仁)を取り上げてくれるのだ。

     優秀なテレビ局は、取材が礼儀正しい。実に丁寧に、若い騎手に対しても対応してくれる。

     ばんえい競馬は、「報道ステーション」に恩義がある。忘れもしない、2006年12月6日、スタジオにばん馬と平地競馬競走馬の模型2つを並べて、ばんえい競馬の存廃問題を取り上げてくれた。その際の「ばん馬はかわいい」のイメージが全国の視聴者の心を打った。それが新生競馬として存続する力につながったことは確かなことだ。

     あの時から約4年ぶり。放送が楽しみだ。(ばんえい番記者・横田光俊)

     元旦から大好きなばん馬と、厩舎の人々に会える幸せ。今年も元旦朝調教の撮影に来た。


     今年から一般ファンの皆さんの見学ツアーが組まれて14人が参加。素晴らしい方々と出会えた。岡山のHさん、静岡のFさん夫妻、ほかに茨城、札幌、滝ノ上、室蘭、そして帯広から。皆さん、ばんえいを長年応援してくれていて、実に詳しい。その熱意と温かさに頭が下がる。

     初日の出は見られなかったが、途中から小雪が舞って、絶好の撮影シーン。


     小林長吉調教師が寄ってきて、調教の仕方を教えてくれた。NHK教育テレビで有名になった今井千尋ちゃんが、お父さん(今井調教師)と調教に出てきて、静岡のFさん夫妻は「ちひろちゃんに会えてうれしい」。
     正月から厩舎村に来て、感動を共有できる同志ができた。このばんえいの価値を、すばらしさを、もっと自分たちもそれぞれの表現の腕を鍛えて、伝えましょう。


     真っ直ぐに前を見る。今年もお前(ばん馬)に会えてうれしい。互いに精いっぱい生きていこう。あけましておめでとう!(ばんえい番記者・横田光俊)

      カスリの横田
    希世子は偉大!頑張る30代女性の「心の華」だった
    2010年12月31日(金)



     ばんえい競馬で2人目の女性騎手「きよ姫」佐藤希世子騎手が12月30日に引退した。引退式に大勢の女性ファンが来た。驚いたのは、皆、涙・涙だったことだ。

     特に同世代の30代女性たちは「涙が止まらない」「希世子は私にとって大きな存在だったことが今、分かった」と口をそろえた。

     馬好きの少女が、乗馬に打ち込み、札幌で偶然、ばんえいの尾ケ瀬トレーニングセンターを知り、尾ケ瀬調教師と出会って、男社会のばんえいに飛び込む。馬の調教で成績が出る。この楽しさにのめりこみ、騎手に。「ばんえいPR」の役割をこなしつつ、PR活動などに出つつ、調教することはどんなに大変だったことか。

     男性騎手に比べて腕力は劣る。「はみ」の工夫などで勝利をもぎ取った。たびたびの怪我にも泣かされた。

     さばさばとした表情で、馬に取り組む姿勢・生き方は、ファンの心の奥底に「直球ストライク」を投げ続けていたのだ。きよは偉大だった。(ばんえい番記者・横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>   

    表示件数 26-30  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社