ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > カスリの横田
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
      カスリの横田
    ポニーばん馬はめんこい、ばんえい女性陣もめんこい
    2011年4月18日(月)


     出走前、サスケ号と長澤沙也佳厩務員(長澤幸太騎手の奥方
     
     昨年9月にミスターばんえい金山明彦調教師の発案・企画で実現、大人気だった「ポニーばん馬」が17日、NPOとかち馬文化を支える会の主催で行われた。強風が吹きつけ、寒い日だったが、コース沿いは家族連れ・子供たちが並んで大歓声。いやあ、めんこかった。馬もめんこい、騎乗した女性陣もめんこかった。
     
     レースは昨年末に引退した佐藤希世子元騎手がタイガ号に騎乗して優勝。

     表彰式で「馬が強かった。子供たちの歓声のおかげで勝てた」と笑顔を見せた。きよ姫は、やっぱり勝負服が似合う。



      清水川由佳厩務員とハクリュウ号


     谷あゆみ調教師は立ち姿でチョビ号に騎乗 


     現役騎手の意地、竹ケ原茉耶騎手とハヤブサ号



     レース後の表彰式 

     今回出走したポニーは、元厩務員で現在清水町在住の高村寿さん(63)が十勝の仲間に呼び掛けて集めた。高村さんは「厩務員で26年間働いた。ばんえいを盛り上げたい」と5月22日には第2回旭山草ばん馬競技大会を開く予定だ。 草ばん馬も、ばんばん取材するぞ!(カスリの横田記者)


     東日本大震災復興支援シリーズで始まった、ばんえい十勝。復興支援の拠点・岩手県滝沢村のチャグチャグ馬コ同好会が来場してくれたその日(16日)に、めでたいことが起きた。
     
     帯広競馬場の「ふれあい動物園」で飼われているシェトランドポニーの牝が、開幕前から出産間近だった。応援に駆け付けたチャグチャグ馬コ同好会滝沢支部の労をねぎらって、競馬関係者が同日夜に同園で歓迎会を開いていたところ、午後8時ごろ「子馬が生まれた!」。

     「名前を付けて」とその場で頼まれた同好会メンバーは「これも何かの縁。『チャグ』にしよう。いやあうれしい」と喜んだ。チャグはお母さんのおっぱいを力いっぱいに吸い、東日本大震災復興と馬文化交流のシンボルとして元気に育つ。

     写真を撮ろうとすると、お母さん馬はカスリの横田との間に体を入れて、子馬をかばう。立派なお母さんになったことも、大変うれしい。(横田光俊記者)


    「お馬さんに乗せてあげるよ!」と服部義幸調教師

     いよいよあす(16日)新年度、5年目のばんえい十勝が始まる。
    さて、帯広競馬場南側の旧パドックにある「ふれあい動物園」。リッキー号、ミルキー号と触れ合える。ちびっ子に人気の場所だが、一昨日(14日)から服部義幸調教師、大河原和雄騎手、厩舎の皆さんが総出で大改装。驚くことに、中央に1周100Mほどの「馬場」が出来上がった。

     「ここで子供たちを馬に乗せる。よい子たちは、競馬場のふれあい動物園においで。お馬さんに乗せてあげるよ!」と服部先生。

     馬を熟知した競馬関係者に乗せてもらう「乗馬」は最高の経験になる。春の十勝に人気スポットが登場するのだ。

     よい子は親にせがめ!「競馬場に行きたい、行きたい!」。大好きな馬に会いに行くのは児童の権利である。(カスリの横田光俊記者)


     名牝フクイズミ(10歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手、馬主はトーヨーファーム、生産者は旭川・さくら牧場)が1月30日のヒロインズカップで快勝、重賞11勝目を挙げた。フクちゃんは、大好きな佐々木康弘厩務員に甘えて、この通り!


     表彰式では大勢のファンが詰めかけて「フクちゃん、おめでとう!」。佐々木さんは女の子のファンに、フクちゃんの紫色の髪飾りを渡した。佐々木さんの粋なファンサービスがいつも見られる。ますますこの人馬が好きになってしまう。



     松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手による「愛のむち」で、障害前の気合い入れ作戦を敢行、この成果で復調した。気持ちよく第2障害を上がるようになった。10歳になって、復調して、ますますフクちゃんは、かわいさが増している。

     でもそろそろ、お母さん(繁殖牝馬)にならなくちゃいけない年齢だな。
    チャンピオンカップ(2月27日)、ばんえい記念(3月27日)を狙って、さて引退の時期は?


     もし引退したら寂しいけど、子馬に期待できる。ちなみに今年はあのアンローズ、サダエリコの名牝の子馬が春にはデビューという話もある。
     ばんえいは、大好きだった牝馬の子の登場を待つ楽しみもあるのだ。(ばんえい番記者、フクちゃんにますますぞっこん記者・横田光俊)
     

     ばんえい十勝は、22日のレースから第2障害の高さを、従来から10センチ高くして170センチにする。競走馬の「障害力」が求められるコースとなる。馬券はもちろん、「障害巧者」のお馬ちゃんから、と考えることになる。 

     今季の第2障害の高さは、昨年4月の開幕時はコースの砂入れ替えに伴い150センチで開始、5月15日から155センチにしたが、馬の障害力が高まり6月12日から昨年度同様の160センチにしていた。

     また、これまで金曜日に実施していたロータリーハロー(トラクターの後部に着けて、土を砕いて整地する機械)による走路整備(第1障害から第2障害までの約77・2メートル、第2障害からゴールまでの約62・7メートル)は=(1)金曜日の夕方(2)土曜日の最終レース後(3)日曜日の同=と開催日前日に3日間行うことになり、21日から実施。ばんえい競馬らしい力勝負が期待される。スピード勝負より、力勝負が得意の馬からとなるか。

     さてこの変更、特に障害が高くなってレースはどうなるか…

     昨年、春先の新馬戦では、障害が越えられずにそりを外す馬の姿も見られた。障害力が付いて、すんなり越えられる馬が増えた結果による変更なら歓迎すべきことだ。しかし障害に手こずる馬が増えて、縦に長いレース(先行馬と、後方の馬が離れて、ゴール際の接戦が少なくなる)が目立つようになると、ゴールの方で取材する記者(独走する馬だけ写真に撮ればよい)にとっては楽だが、レースとしては面白みが薄れるかも知れないな。あす(22日)からのレース展開に注目する必要がある。

     まず皆さん、競馬場に行こう。(ばんえい番記者・横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>   

    表示件数 21-25  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社