ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > カスリの横田
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     フクイズミ引退のショックで、競馬場から姿を消した「カスリの横田」は、まだ生きていた。12月2日、尊敬するアイドルマスターのプロデューサー諸兄と再会を果たした。以下の記事を書いた。(山本コヲコクさん、いつも最高のコメントをありがとう!)


    8つのレースを協賛、冬の帯広競馬場に再結集したアイマスファンら

     アイドル育成ゲーム「アイドルマスター」の道内外のファン40人が2日、帯広競馬場に集まり「とかち冬のアイマス協賛祭」で盛り上がった。昨年11月、公営競技初の「ばんえい×アイマス」イベントに参加したファンの有志で今回の祭りを開き、とかちむら職員がコスプレで参加するなど再会を喜び合った。

     同ゲームの双子アイドル双海亜美・真美の歌の歌詞が「とかちつくちて」と聞こえる縁で、アイマスファンはばんえい競馬に注目。一昨年5月には十勝で約300人参加の同人誌イベント、昨年は亜美・真美がばんえい十勝の依頼で仕事をするという公式イベントに約200人が集まった。

     今年の公式イベントは実現しなかったが、2カ月前から有志が呼び掛けて協賛祭を準備した。第1〜8レースを個人協賛、場内を花で飾る企画には全国のばんえいファン15人も参加して計4つの花飾りが並んだ。

     とかちむら産直市場のスタッフ加納茜さん、千葉愛実(めぐみ)さんが「一緒に盛り上げたい」と亜美・真美のコスプレで出迎えた。



     神奈川県から訪れた山本コヲコクさん(32)は「ばんえいファンとの交流も広がった。来年はまた公式イベントが実現してほしい」と話していた。(横田光俊) 

      カスリの横田
    ばんえい十勝の経営状況分析、ポイントは3点
    2012年4月9日(月)

     ばんえい十勝の経営状況(2011年度)について、注目すべき点は3点あると考える。

    (1)売り上げ減だが健闘していると見るか 
    2011年度の売り上げ(103億6000万円)は前年度比約2%減、1日当たりでは約4%減で、この数字は地方競馬の中でも健闘していると見るか。

    (2)本場に人は来たが、売り上げが大幅に減ったことをどう見るか
     帯広競馬場には前年度並み(99・34%)の24万6000人が来た。しかし馬券の売り上げは5億8000万円減り、1人当たりの購買額も2割減った。NHKドラマなどの影響で観客は集まったが、馬券を買うコアなファンは減っている。でも人が来たことは良しと見るか。

    (3)オッズパークの販売額が、ついに本場売り上げを超えた
     オッズパークの売り上げ(28億7000万円)は、帯広競馬場(本場、20億1000万円)を初めて上回った。(競馬モールも含め)ネット販売は全体の約4割を占める。

     ネットでの売り上げ確保のために、今季はナイターが大幅に増える(24日増の75日間、5月12日から10月29日まで)。競馬場は寒いのにナイター、競馬関係者も夜の競馬が終わったと思ったらすぐに朝調教と、つらい生活が続く。

     新年度の開催計画では、新馬競走への付加賞金(計1050万円)、生産者賞の支給(1400万円)で馬主・生産者対策が取られたことが救いだ。競走馬の減少でレースが組めない恐れが出ており、馬の確保は緊急の課題である。

     厳しい話ばかりで、ゴメン。でも現実から目をそらしてはいけない。データを見詰めて考え続けなければ、馬券予想も競馬全体の経営も見通せない。(カスリの横田)


    左から鈴木副会長、皆川副会長、金山会長、松井副会長

     4月2日に競馬場で、ばんえい十勝調教師会の総会が開かれ、ミスター-ばんえい金山明彦調教師が新会長に選ばれました。

     副会長はミルキー号の鈴木先生、娘さんらと家族挙げて馬を飾ることで有名な皆川先生、そしてカネサブラック号、フクイズミ号の松井先生と、豪華メンバーがそろいました。

     「女性市議会議員との懇談会で『女性もばんえいソリに乗ってみたい。気軽に行ける競馬場に』と意見を聞いた。ばんえいチャレンジレディースデイも考えたい」と金山新会長。騎手時代に史上最多3299勝のミスターは健在です。(カスリの横田)

      カスリの横田
    ばんえい番記者廃業、ファン記者に
    2012年4月2日(月)

    4月1日付の異動で「編集デスク」になりました。ばんえいの「番記者」は廃業し、「ファン記者」になります。
     昼間の取材は難しくなります。後進の優秀な記者にお任せして、私は1人のファンとして競馬場に通います。新生競馬スタートから5年、番記者として「十勝劇場」を展開してまいりました。このブログは可能な限り続けたいと考えております。カスリの横田

      カスリの横田
    こうきちゃんのフクイズミの絵
    2012年3月27日(火)


     フクイズミの引退式に、こうきちゃん(岩見沢市)の絵を帯広に住むおばあちゃんが持ってきてくれた。こうきちゃんが帯広競馬場の「ふわふわランド」に遊びに来て、その時に初めて見たばん馬が好きになったおばあちゃんは、その後にフクイズミを知って熱烈ファンになった。

     「こうきのおかげで、フクちゃんに出会えた」とおばあちゃん。こうきちゃんは引退式に来られなかったけど、絵は松井調教師、佐々木厩務員にもちゃんと見てもらった。みんな「すばらしい」とほめていた。
    (カスリの横田)


    フクイズミと佐々木厩務員(左)、後方はニシキダイジン、トモエパワー


    こうきちゃんのおばあちゃんが贈ったティアラを着けて、きれいなフクイズミ

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>   

    表示件数 6-10  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社