ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > カスリの横田
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     

     「最初は仕事の調整がうまくいかずに怒られてたくさん泣きました」と笑顔で振り返るのは、ばんえい十勝広報担当の徳田奈穂子(なおこ)さん。

     音更町出身、36歳。現在両親と息子さん(小4)との4人暮らし。高校卒業後、音楽が好きでレコード会社に約5年勤務したのち帰郷、仕事を探している中、偶然インターネットでばんえい競馬広報の仕事を見つけて応募した。

     「それまで賭け事には興味がなく、ばんえい競馬へも一度来たきり」だったが、ギャンブル以外の視点でファミリーや女性層を呼び込んでほしいと期待され採用された。

     今年で入社7年目。上司からの「とにかくやってみる気持ちは忘れないように」という言葉を胸に努力を続けてきた。

     「歴史あるばんえい競馬。前例のない企画をするのは現場との調整が大変です。できないことよりも、実現するためには何が必要かを考えるようにしています」と前向きだ。

     これまでにポニーのばんばレース、本走路での徒競走など斬新なイベントを実現させてきた。 

     ばんえい競馬も舞台となった漫画「銀の匙 Silver Spoon」のブームもあって全国各地からの来場者が増えている。「ばんえい競馬が十勝の観光の顔になれるように頑張りたい」と抱負を語ってくれた。(保坂将良)

      カスリの横田
    徳田さんインタビューシリーズ第4弾、まだまだ続く…
    2014年9月25日(木)

     徳田奈穂子さん(36)=ばんえい十勝広報




    「初めてばん馬を見たのは入社前です。その存在感と迫力に魅力を感じました。素人だから採用されたんです」

     ばんえい競馬はかつて、キャンブル色が強く、女性や子供とは縁遠かった。それが今では、帯広競馬場に家族連れが全国から訪れてにぎわう。徳田さんの「素人の視点」が、大勢の人を呼ぶ力につながっている。

     1977年音更町生まれ。東京の大学を卒業後、音楽関係の仕事を経て2008年に故郷に戻り、ばんえい十勝のイベントの企画、運営・広報を担当する。

     「映画『銀の匙』の公開以来、たくさんの若い人たちも来てくれる。女性や子供も楽しんでもらえる場として、馬のドラマや厩舎での日々を伝え、その魅力を知ってほしい」と多忙な日々を送る。
     
     「息子と過ごす時間とジャズを聴くことが活力の源」。これからもイベントが目白押し。目標は、「ばんえいを十勝観光の顔にしたい」と笑顔で話す。(小室紀生)

      カスリの横田
    徳田さんのインタビューシリーズ第3弾です




    2014年9月24日(水)

     「ギャンブルをやらなくても感じられる魅力を伝えたい」。
     こう語るのは、ばんえい十勝の広報を担当する徳田奈穂子さん(36)。



     徳田さんは1977年、音更町生まれ。東京の大学を進学、就職後、2007年にばんえい競馬が帯広市の一市開催となった時、募集を見つけ応募したのがきっかけで広報担当となった。

    「ばん馬の迫力に圧倒された」。大人になってから初めてばん馬を見ての感想だ。それ以来、馬が好きになり、今では厩舎にいる大半の馬の名前が、顔を見るだけで分かるほどになったという。

     この7年間を振り返って、「いっぱい怒られて、いっぱい涙した」。何でもやってみようの精神でいろいろやってきたが、いろいろな方々に支えられて、ここまでやって来れたと笑顔で話してくれた。

    「馬にもストーリー、ドラマがあり、それを感じられるのが魅力です」。
     全国区での注目を集めるようなった、ばんえい競馬をこれからも、徳田さんのさわやかな笑顔で、魅力を伝えていくことを期待したい。(伊東武史)

     十勝毎日新聞の記者養成「記者塾」でのインタビュー第2弾です。よろしく(横田)

    ばんえい十勝広報 徳田 奈穂子(とくだ なおこ)さん



     「私の立場は、競馬場の何でも屋さんだと思っているんです」。胸元に光る蹄鉄型のペンダントに、ばんえい競馬に携わる職務への愛情がにじみ出る。

     帯広競馬場でのイベントでは笑顔でマイクを握る。子供を育てる母親の目線を生かし、家族層や女性客など新しい客足を伸ばすために奔走する。新しい企画と、競馬場の歴史の間で葛藤が生じるが、調整しながら形にするのがやりがいという。「できないからの発想ではなく、できるためにはどうするかを考える。時には叱られながら成長します」と笑顔で語る。

     自分の時間を使って会社経営の勉強も始めた。「イベント企画のために、理論的な考えを身につけたい」と探究心は尽きない。小学生の一人息子と過ごす時間は大事な活力源。「自転車で一緒に走って、平原大橋から綺麗な夕陽を見たら明日も頑張ろうって思えるんです」。

     ばんえい十勝広報の仕事に就き今年で7年目。「厩舎の方たちや馬の生活が見えるとレースにドラマを感じる。そこがまた魅力。ばんえい競馬を残すために協力してくれる方たちのためにも、もっと頑張らなきゃ」と、さらなる意欲を見せた。ばんえい十勝の魅力発信のために力強く前進する。(木原由紀)


    「ばんえい十勝のマドンナ」と勝手に言わせてもらいます。ばんえい広報の徳田女史にお願いして、十勝毎日新聞社の「記者以外の社員」を対象にした「記者塾」の研修で、インタビューさせてもらいました。あの徳田さんがどんな方なのか、取材した人によって、受け取り方もさまざま。これから順次、原稿を載せさせていただきます。
     ばんえい十勝は、記者を育てる場所でもあります。(カスリの横田)




     徳田 奈穂子さん(36)=ばんえい十勝広報

     「ばんえいを初めて見たのは大人になってから。目の前に現れたばん馬の大きさや迫力に心から感動した。賭け事は苦手な、普通の女性の目線でばん馬の魅力を伝えたい」

      1977年音更町生まれ。東京の大学に進学後、音楽関係の仕事を経て、08年に故郷に戻った。週末のイベントの運営や取材対応など幅広い業務を担う。

      「子供や女性にも親しんでもらえる場に」と新たなイベントも自ら多数企画した。現在はばんえい競馬を舞台にしたドラマや映画が脚光を浴び、さらに来場者の心をつかめるよう努力が続いている。

      朝早くから夜のレース終了まで、勤務時間もまちまち。多忙な仕事の活力の源は長男との時間。「休日には2人で自転車に乗り、リフレッシュしています」。競馬場では秋もイベントが目白押し。「ばん馬の存在感やきゅう舎での日々など、さまざまなドラマを伝えたい」さわやかな笑顔で競馬場を駆け抜ける。(坂本優子)






    1 2 3 4 5 6 7 次へ >>   

    表示件数 1-5  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社