ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
      競馬場ストーリー
    新生ばんえい競馬のファンファーレ曲を募集
    2007年3月19日(月)

     4月から帯広競馬場で始まる新生ばんえい競馬の業務を受託する「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM、本社・東京、藤井宏明社長)は19日、一般・特別・重賞の各競走で使うファンファーレ3作品の公募を始めました。採用曲の賞金は各10万円。開幕日の同27日に授賞式を行い、陸上自衛隊第五音楽隊の生演奏で披露する予定。

     同社はファンや関係者のアイデアを取り入れ「全員参加型」の同競馬を目指しており、ファンファーレ公募はその第1弾。「ばんえい競馬が新しくなったと感じてもらえる目玉を」(藤井社長)と考えて実施します。

     ファンファーレ曲は一般・特別・重賞競走で流す各1曲の計3作品で、10〜20秒程度のメロディー。未発表のオリジナル作品に限り、応募資格はプロ・アマ、在住地などを問わない。応募作品の著作権・使用権は同社に帰属する。

     応募期間は3月末まで。作品の楽譜に住所・氏名・年齢・連絡先を記載した紙を添え、可能な限り音楽テープ、CD、DVDなどの記録メディアに曲を録音して同封すること(楽譜・記録メディアは返却しない)。応募先は〒105・7312、東京都港区東新橋1の9の1、オッズパーク・ばんえい・マネジメント株式会社「ファンファーレ募集係」へ。問い合わせは電話03-6889-1622(平日の午前10時〜午後5時)。

      競馬場ストーリー
    西邑春夫調教師の1000勝達成表彰式
    2007年3月18日(日)

     ばんえい競馬で史上8人目、現役5人目の1000勝を達成した西邑春夫調教師(59歳、本別町在住、旭川市出身)の表彰式が18日午後3時から帯広競馬場スタンド前で行われました。19連勝の「怪物」サカノタイソンなど名馬を育ててきた西邑調教師は「1000勝達成は夢のようだ。もっともっとばんえい競馬が売れるために、いい馬を育てたい」と決意を述べました。

     西邑調教師は1984年に初出走、調教歴23シーズン目、通算8969戦目で快挙を達成しました。今月12日の第4レースにシャリイチバン(牝4歳、藤本匠騎手騎乗)で999勝を挙げて王手を掛けてから「2着には入るものの、もう一歩で勝てない」と待ち続け、遂に17日の第2レースでタカラダイリキ(牡3歳、同)で1000勝に。その瞬間について「夢にも思ってなかった。大先輩を肩を並べられた」と喜びを語りました。

     重賞は8勝を挙げており、名馬サカノタイソンで2001年、02年に最高峰のばんえい記念を制しています。最も思い出に残る馬は、やはりばんえい史上に輝く19連勝のサカノタイソン(2003年引退、通算73戦50勝。。97年4月から1年9カ月間に19連勝を達成)。出れば勝つという怪物を育てた秘けつを「平レースは平レースに向けて、重賞は重賞に向けての調教がある」。

     4月からの新生ばんえい競馬に向けては「ファン、馬主さん方の努力のおかげで存続が決まった。最近はお客が戻ってきたが、ばんえい競馬はもっともっと売れなきゃいけない。そのために、一生懸命、いい馬を育てたい」と意欲を語りま
    す。

     西邑厩舎で期待の馬は現在21勝のナリタボブサップ(牡5歳)。「馬場が重いと詰めが甘いが、軽いと能力を発揮する。来年には(ばんえい最高峰の)ばんえい記念にも挑戦させたい」と3回目の頂点を狙います。

    西邑晴夫調教師
    1000勝達成表彰式で大口泰史騎手から受け取った花束を掲げて笑顔を見せる西邑晴夫調教師

     ばんえい競馬の現役競走馬5頭、スター騎手4人が31日午後6時半からのTBSテレビ(道内はHBC)の人気番組「オールスター感謝祭07春」で模擬レースを行い、スタジオでも生出演することになりました。

     同番組は芸能人200人が出演、5時間半に及ぶ超人気番組。スタジオにはリッキー(セン9歳)が出演、TBS玄関前からスタートする坂道200メートルのコースでダイニハクリュウ(牡8歳)、バンゼン(牡6歳)、タケチャンパワー(牡8歳)、タカラエース(牡10歳)の4頭が模擬レース(2頭立て2レース)を展開、鈴木勝堤(48)、大河原和雄(47)、安部憲二(39)、鈴木恵介(30)のスター騎手が騎乗します。そりには芸能人も乗り、砂川敏文市長も観戦する予定です。

      競馬場ストーリー
    ばんえいスター騎手が学校で授業
    2007年3月13日(火)

     ばんえい競馬の2000勝騎手・大河原和雄さん(47)が13日、服部義幸調教師(調騎会会長)と福江夫人、小林長吉調教師、現役競走馬のリッキー号とともに芽室町の上美生小学校(永井祥次校長、児童数42人)を訪れ、ばん馬が引く馬車に同校児童や保育所の子供たちを乗せた後、教室で「先生」を務め、馬の素晴らしさやプロの騎手のトレーニングの様子などを伝えました。

     十勝でのリッキー号の学校・幼稚園・保育所訪問はすでに50回近く。今回は「騎手も率先して子供たちに馬のことを伝えたい」と現役で4人目に多い2137勝を挙げ、ファンに『河(かわ)さん』と愛される大河原騎手が訪問に参加しました。

     上美生小は3年生以上の総合的な学習の時間、1・2年生の生活科の授業の中で「地域理解の郷土学習」として、地域の農耕の歴史を支えたばん馬を取り上げました。「子供たちは馬に会えるのが楽しみで楽しみで」(山田洋教頭)と正門前でリッキー号と、ポニーのポッキー号を出迎え、同小児童と上美生保育所(坂本真智代主任)の園児22人が馬車に乗せてもらい、馬と触れ合いました。

     大河原騎手は5・6年生18人と一緒に給食を取り、子供たちの質問に答えました。別海町出身の同騎手は「小さいときから馬が近くにいて、馬が大好きだから騎手になりました」。毎朝、午前4時からの調教の前にはまず自分自身のトレーニングを行って万全の体調にしてから約3時間の馬の調教を行っていることを説明、子供たちは大河原騎手と握手して、手綱を握る鍛え抜かれたプロ騎手の握力の強さに「すごい」と驚いた様子。子供たちは目を輝かせて聴き入り、大河原騎手は「馬に会いたかったら競馬場においで」と笑顔で呼び掛けました。

     服部調教師、小林調教師は「上美生の皆さんにも、ばんえい競馬存続の署名にご協力いただいた。呼んでもらえれば調教師・騎手は頑張って出掛けます」と十勝各地を飛び回っています。

    大河原さんの授業
    「馬が大好きで騎手になりました」と教室で児童に説明した大河原和雄騎手
    大河原さんと握手
     子供たちと手を握って、騎手の強靱な握力を教えました

    大河原さんと馬車
    大河原騎手(馬車の上の中央・赤色帽子)の手綱で児童らは馬車を楽しみました。馬車の上の右手前(白色の服)は小林長吉調教師

      競馬場ストーリー
    鈴木勝堤騎手の2000勝祝賀会、盛大に
    2007年3月12日(月)

     鈴木勝堤騎手2000勝達成記念祝賀会が12日午後6時半から北海道ホテルで開かれ、約370人の競馬関係者らが集まって同騎手の偉業をたたえるとともに、4月からの新生ばんえい競馬の成功を誓い合いました。

     鈴木騎手(48歳、ばんえい競馬調騎会騎手部会長)は岩手県遠野市(旧宮守村)出身。20歳で兄の邦哉氏(現・調教師)を頼って来道、22歳の1981年4月に帯広競馬場で騎手デビュー、2戦目で初勝利を挙げ99年に1000勝達成、昨年12月10日に帯広で現役6人目の2000勝を遂げました。生涯成績は現在、1万5362回の騎乗で2048勝。

     祝賀会は発起人会(代表は藤本匠騎手)が主催、競馬場でアナウンスを務める井馬博さんの司会で行われました。藤本騎手のあいさつに続いて鈴木騎手・清子さん夫妻が入場。来賓の砂川敏文市長が「鈴木騎手に今後も2500勝、3000勝を挙げてもらうためにも新生ばんえい競馬を続けていきたい」とあいさつ、斉藤守・道市営競馬組合助役、オッズパーク・ばんえい・マネジメントの藤井宏明社長代理の新名貴之取締役、大野清二・馬主協会会長、服部義幸調騎会会長が祝辞を述べ、鈴木騎手夫妻に花束・記念品が渡されました。

     鈴木騎手は「騎手デビュー後、苦しいときに若駒のアサギリ(1990年代初頭のばんえい競馬代表馬)に教えられました。皆さんのご支援のおかげでやってこられました。もう一つの夢のばんえい記念制覇に向かって頑張ります。この帯広市に根付いてファンに愛されるばんえい競馬にしていきます」とあいさつしました。

    2000勝祝賀会
    花束を贈られ笑顔を見せる鈴木勝堤騎手と清子夫人

    鈴木騎乗
    12日の第9レースでキョクシンオーに騎乗、2048勝目を挙げた鈴木勝堤騎手

    << 前へ 1 ・・・ 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 次へ >>   

    表示件数 1876-1880  (全1906件中)
    著作権 十勝毎日新聞社