ばんえい十勝劇場
ばんえい十勝劇場
BANEI THEATER
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
      リッキー劇場
    リッキーに帯広市特別嘱託職員辞令交付、市民150人が祝福
    2007年4月2日(月) 10:12

     新生ばんえい競馬の広告塔として活躍する十勝産駒の元競走馬リッキー号(9歳、服部義幸調教師、生産者は足寄町の佐々木七郎さん)の「特別嘱託職員」辞令交付式が2日正午から帯広市役所正面玄関前で行われ、市民約150人が集まってリッキーの門出を祝い活躍に期待しました。

     佐藤希世子騎手の騎乗で入場すると、集まった子供たちから「かわいい」と歓声。服部調教師が転入届を提出、受理され晴れて「市民」になったリッキー号の首に特別住民票が掛けられました。続いて砂川敏文市長が「特別嘱託職員ばんえいPR推進員に任命する」と辞令を交付、「ばんえいリッキー、おびひろ市」のゼッケンが贈られました。砂川市長は「子供たちと触れ合いファンを増やしてほしい」と訓辞し、服部調教師が「一生懸命、職務を全うします。来年は正職員を狙っているようです」とあいさつ。リッキー号の訪問を1月に受けた、ひばり保育所(桜井きみ子所長)の年長組の園児24人が「リッキー君おめでとう。わたしたちはリッキー君が大好きです。また保育所に来てね。頑張ってください」と言葉を贈り、集まった子供たち、市民がニンジンをあげました。

     女性調教師の谷あゆみさんが描いたリッキー号の似顔絵が入った特別住民票は帯広観光コンベンション協会(JR帯広駅・エスタ東館2階)で希望者に無料配布されます。 リッキー号の初仕事は9日の明星小学校での交通安全指導。
    リッキー辞令交付式
    晴れて「市民・特別嘱託職員」になったリッキー号の首に特別住民票を掛け、辞令を交付した砂川市長(右)。左は服部調教師、馬上は佐藤希世子騎手

      競馬場ストーリー
    オッズパーク・ばんえい・マネジメント入社式
    2007年4月1日(日) 10:10

     4月27日から帯広市単独開催で始まるばんえい競馬の業務を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメント(藤井宏明社長)の「キックオフパーティー」(入社式・懇親会)が1日午後0時半から北海道ホテルで開かれ、新入社員26人が競馬関係者らの前で「新生ばんえい競馬の成功を」と誓い合いました。

     採用されたのは契約社員16人(うち、3月末に解散した道市営競馬組合からの移籍が10人、管内からの一般採用が6人)、準契約社員(嘱託職員)10人(同移籍が9人、一般採用1人)。これまで競馬を支えてきた重要な人材がそろい、藤井社長は「困難を克服して、新たなサービス実現のために皆さまの協力が必要」とあいさつ、競馬場の分煙・パドック移設など盛りだくさんの実施内容を挙げて「新生ばんえい競馬をつくり成功を収める義務がある」と強調しました。

     続いて3月28日の株主総会で常務取締役就任が了承された本川高雄帯広営業所長が「(市営競馬組合から)帯広に来たくても来られなかった方々、全国のファンの思いに応えたい」とあいさつ、来賓の河合正廣副市長、鈴木孝昌帯広市議会議長、大野清二ばんえい馬主協会会長、佐々木啓文十勝馬事振興会会長が激励の言葉を贈り、懇談。最後に本川所長の音頭で「頑張ろう」と社員は決意を示しました。同社は帯広競馬場内に事務所を設けて開催準備を進めます。

    入社式
    社員らの前で「ばんえい競馬の成功を」とあいさつする藤井社長(左)


    頑張ろう
    本川高雄常務取締役帯広営業所長の音頭で「頑張ろう」

     4月から帯広市の特別嘱託職員になってばんえい競馬のPR活動を続ける十勝産駒のリッキー号(9歳、服部義幸調教師、生産者は足寄町の佐々木七郎さん)が「特別住民登録」されることになりました。同登録は条例などに基づいたものではなく、住民以外のゆかりの人・動物・キャラクターなどを登録、希望者に「特別住民票」を配って自治体のPRに役立てるもので、リッキー号も4月2日正午からの住民登録・辞令交付式後、似顔絵入りの同住民票が希望者に無料配布されます。

     動物の特別住民登録は、多摩川に現れたアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」が2003年12月に横浜市西区に登録、住民票が人気になるなど、全国各地でPRのために行われています。

     十勝での特別住民登録は、大樹町が1998年に開町70周年記念事業で全国の「大樹」さんを募集、2170人の応募者に特別住民票を発送した例があります。管内での動物での交付は今回が初めて。市観光課は「リッキーにはまず『市民』になってもらってから特別嘱託職員にというストーリーです」といい、住民登録の氏名は『ばんえいリッキー』となります。

     交付式は4月2日正午から市役所正面玄関前で、転入届けの提出・受け付け、特別住民票の交付に続いて辞令交付式、ひばり保育所の園児がお祝いの言葉を贈ります。特別住民票には、女性調教師の谷あゆみさんが描いたリッキー号の似顔絵が入り、交付式終了後から、帯広観光コンベンション協会(JR帯広駅・エスタ東館2階、電話0155-22-8600)で希望者に無料配布されます。

    リッキーと佐藤希世子騎手
    帯広市に特別住民登録もされることになったリッキー号(3月24日の引退レース後、佐藤希世子騎手と)

      競馬場ストーリー
    ばんえい岡田定一調教師1000勝達成表彰、おめでとう!
    2007年3月26日(月) 9:36

     ばんえい競馬の岡田定一調教師(62歳、網走管内訓子府町出身)の1000勝達成表彰式が、今季最終日の26日午後2時20分から帯広競馬場で行われ、史上9人目・現役6人目の快挙を大勢のファンが祝福しました。この日は表彰式直後の第8レースでツジノコウフク(牡4歳)が勝利、さらに第10レースでは1000勝達成馬のジャンボスピード(同8歳)がいずれも名手・安部憲二騎手の手で連勝を遂げ、通算1003勝に伸ばして道市営競馬主催の同競馬最後の日は名トレーナー岡田調教師の活躍で飾られました。

     岡田調教師は調教歴35シーズン目で大台を達成。幼いときから馬に親しみ、20歳でばんえい競馬の世界に。初出走は1973年、同年5月にイコマで初勝利後、98年にロングカザンで500勝。23日の第10レースに安部騎手の騎乗でジャンボスピードが悲願の1000勝を達成、9507戦目で悲願に届きました。その瞬間を「感無量だった。長年、馬と一緒に生活してきて、1000勝達成は夢だった」と振り返る。そして「競馬は馬主さんがいないと成り立たない。馬主さんをはじめ、厩舎(きゅうしゃ)関係者の協力のおかげです」と感謝の言葉。

     岡田調教師の調教方針は「馬に無理をかけない。じっくりと仕上げること。これは根気がいります」と語ります。ジャンボスピードでの1000勝を託した安部騎手には「きょうは強気でいってくれ」と指示したといいます。安部騎手は「自分から前に行きたがる馬だが、腰に故障を抱えているので慎重にいくことだけを考えて、1000勝は意識しないで乗った」と集中した騎乗で快挙を達成、その3日後の表彰式の日にも第10レースで圧倒的な速さで独走勝利を飾り、「自分が若いときから岡田先生に世話になってきた。うまく行って、先生に顔向けできる」(同騎手)と立て続けの勝利をプレゼントできたことを喜んでいました。

     岡田調教師は「ばんえい競馬が廃止の危機に立たされたときには、何とも言えず情けなかったが、皆さんのご協力で存続が決まってひと安心。これからはもっと厳しいが、4月の能力検定に向けて有力馬を育てている。今後も1勝1勝を大切に努力していきたい。応援をよろしくお願いします」とファンに呼び掛けていました。

    岡田定一表彰
    1000勝達成表彰式で関係者・ファンから多くの花束が贈られた岡田定一調教師

    ジャンボスピード・安部憲二騎手
    1000勝達成馬のジャンボスピードが名手・安部憲二騎手の騎乗で26日の第10レースで連勝を遂げ、岡田調教師の晴れ舞台に花を添えました

      競馬場ストーリー
    ばんえい今季発売額減少、帯広は大健闘
    2007年3月26日(月) 9:36

     ばんえい競馬を主催する道市営競馬組合(管理者・西川将人旭川市長)は26日、本年度(開催日数は162日間)の開催実績を発表しました。総発売額は145億2413万9100円(1日平均約8966万円)で前年比5・8%減、予算比10・3%減となり、前年度(11年ぶりに前年を上回る6・7%増)の増加傾向が一転して減少に転じました。本場入場者数は同競馬の存廃問題などから全国的な関心を呼び、前年比6・8%増の17万7295人となりました。

     このうち帯広開催(66日間)の販売額は前年比2・3%減、予算比4・7%減の64億3377万800円(1日平均約9748万円)で本場入場者数は前年比9・9%増の8万3235人(1日平均1261人)。旭川開催(同平均約8668万円)、岩見沢開催(同8412万円)、北見開催(同約8217万円)の実績を帯広は1日平均で13〜19%も上回り、帯広での健闘が際立ちました。新生ばんえい競馬は4月27日から帯広市単独開催で始まります。

    << 前へ 1 ・・・ 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397  ・・・ 402 次へ >>   

    表示件数 1956-1960  (全2009件中)
    著作権 十勝毎日新聞社