΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2014年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年1月(11)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 28、29日に競馬応援フェア [1/22]
  • ヒロインズカップ セイコークインなど有力 [1/21]
  • 一番活躍した馬 投票3月末まで受け付け中 [1/20]
  • 抽選やチョコ、重賞イベント ばんえい22日から [1/19]
  • 55人限定で特別プラン 3月20日「ばんえい記念」 [1/18]
  • リッキー号特別出演へ 冬季アジア大会 [1/16]
  • 正月発売額8.7億円 2、4日は2億円台に [1/6]
  • センゴクエース圧巻のV ばんえい天馬賞 [1/4]
  • ばんえい正月開催 2日の売り上げ史上最高額更新 [1/3]
  • オレノココロ逆転で2連覇 ばんえい帯広記念 [1/3]
  • ばんえい新春から熱く 連日の重賞、来場プレゼントも [1/1]
  • 初の2億円台 年末最終日に快挙 29日発売額 [12/30]
  • 1月2日帯広記念予想 ばんえい十勝 [12/30]
  • ホクショウムゲン優勝 ヤングチャンピオンシップ [12/30]
  • 元日から5日連続で開催 [12/29]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    写真上:ニシキエーカンに競り勝ち、重賞5勝目を挙げたホクショウユウキ(松田道明騎手) 写真下:古馬戦初勝利を挙げたホクショウユウキ(左端が松田騎手、その右が岡田調教師)

    - 2014年9月29日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は28日、四大記念重賞レース第2戦の「第50回岩見沢記念」(BG2)を行い、単勝9番人気のホクショウユウキ(牡5歳、岡田定一調教師、松田道明騎手、馬主・生産者は空知管内由仁町・井内昭夫さん)が2分24秒2(馬場水分2・1%)で重賞5勝目を果たした。2着には2番人気のキタノタイショウ(牡8歳、服部義幸調教師、大河原和雄騎手)、3着には6番人気のニシキエーカン(牡5歳、村上慎一調教師、工藤篤騎手)が入った。

    勝毎電子版で続きを読む





    - 2014年9月27日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は28日、午後8時10分発走で4大記念重賞レース第2弾となる「第50回岩見沢記念」(BG2)を開催する。ばんえい負担重量は820?850キロの別定戦。昨年度のばんえい記念を制したインフィニティーと、キタノタイショウが有力とみられる。予想紙「バンエイ金太郎」の澤田作間さん、携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんにレースの行方を占ってもらった。

    勝毎電子版で続きを読む

    リッキー号の大きさに驚きながら、笑顔でニンジンを差し出す中西さん(左)と達家さん
    - 2014年9月27日十勝毎日新聞紙面より -

     CSテレビ番組の収録のため来帯した人気アイドルグループ「AKB48」の中西智代梨さん(19)と達家真姫宝(たつや・まきほ)さん(12)は26日、帯広市の「一日観光大使」として帯広競馬場や幸福駅などを巡った。2人は十勝の食や自然を満喫し、その感動をアピールした。

    勝毎電子版で続きを読む


     徳田奈穂子さん(36)=ばんえい十勝広報




    「初めてばん馬を見たのは入社前です。その存在感と迫力に魅力を感じました。素人だから採用されたんです」

     ばんえい競馬はかつて、キャンブル色が強く、女性や子供とは縁遠かった。それが今では、帯広競馬場に家族連れが全国から訪れてにぎわう。徳田さんの「素人の視点」が、大勢の人を呼ぶ力につながっている。

     1977年音更町生まれ。東京の大学を卒業後、音楽関係の仕事を経て2008年に故郷に戻り、ばんえい十勝のイベントの企画、運営・広報を担当する。

     「映画『銀の匙』の公開以来、たくさんの若い人たちも来てくれる。女性や子供も楽しんでもらえる場として、馬のドラマや厩舎での日々を伝え、その魅力を知ってほしい」と多忙な日々を送る。
     
     「息子と過ごす時間とジャズを聴くことが活力の源」。これからもイベントが目白押し。目標は、「ばんえいを十勝観光の顔にしたい」と笑顔で話す。(小室紀生)



     「ギャンブルをやらなくても感じられる魅力を伝えたい」。
     こう語るのは、ばんえい十勝の広報を担当する徳田奈穂子さん(36)。



     徳田さんは1977年、音更町生まれ。東京の大学を進学、就職後、2007年にばんえい競馬が帯広市の一市開催となった時、募集を見つけ応募したのがきっかけで広報担当となった。

    「ばん馬の迫力に圧倒された」。大人になってから初めてばん馬を見ての感想だ。それ以来、馬が好きになり、今では厩舎にいる大半の馬の名前が、顔を見るだけで分かるほどになったという。

     この7年間を振り返って、「いっぱい怒られて、いっぱい涙した」。何でもやってみようの精神でいろいろやってきたが、いろいろな方々に支えられて、ここまでやって来れたと笑顔で話してくれた。

    「馬にもストーリー、ドラマがあり、それを感じられるのが魅力です」。
     全国区での注目を集めるようなった、ばんえい競馬をこれからも、徳田さんのさわやかな笑顔で、魅力を伝えていくことを期待したい。(伊東武史)

    1 2 3 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全14件中)
    著作権 十勝毎日新聞社