΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    末脚を発揮したホクショウダイヤ(右、松田騎手)がギンガリュウセイ(藤野俊一騎手)を僅差で振り切る

    - 2013年8月12日十勝毎日新聞紙面より -

    差し切り重賞2勝目
     ばんえい十勝は11日、3歳以上ファン投票選抜による「第25回柳月杯ばんえいグランプリ」(BG1)を行い、単勝5番人気・ファン投票6位のホクショウダイヤ(牡10歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、馬主は空知管内由仁町・井内昭夫さん、生産者は大樹町・斉藤勇さん)が驚異の末脚で、約1年5カ月半ぶりの重賞2勝目を飾った。タイムは2分35秒1(馬場水分は2.0%)。2着には0.3秒差で2番人気のギンガリュウセイ(セン9歳、久田守調教師、藤野俊一騎手)、3着には1着と0.6秒差で3番人気のインフィニティー(牡7歳、金田勇調教師、浅田達矢騎手)が入った。

     好天で馬場が乾き、10頭ばらつきの見られる展開で第2障害に到達。(6)インフィニティーが真っ先に挑むも、各馬800キロ前後の負担重量に苦戦。(5)シベチャタイガー(牡9歳、松本秀克騎手)が1番手で突破、(8)ギンガリュウセイ、(6)が続いた。三つどもえの争いの中、後方から(4)ホッカイヒカル(牡9歳、阿部武臣騎手)と(9)ホクショウダイヤが猛追。5頭がゴールになだれ込み、(9)が僅差で差し切った。(小縣大輝)

    5番手から逆転
     昨年2月の「チャンピオンカップ」以来となる重賞制覇を逆転で飾ったホクショウダイヤ。「普段はおとなしいが、レース直前になると急に気性が荒くなる」(松井調教師)。約2カ月半前、松田騎手が右指をかまれて負傷交代し、急きょ島津新騎手が乗り替わったレースは記憶に新しい。

     依然指に傷痕が残る状態で臨んだ松田騎手。「馬が怖いなんて言ってられない。2週間前から調教に励んできたし、とにかく勝たせたかった」と話す。レースでは「他の馬の動きを見ながら、障害に差し掛かる手前で力をためたのが功を奏した。騎手として長年培ってきた技術を生かせたね」と自身の騎乗を評価。5番手で障害を降りるも、余力があった分、終盤の差し脚につながった。

     次なる目標は、来年3月の最高峰ばんえい記念。松田騎手は「1トンを引くだけの意地はある」とし、松井調教師は「一つ一つ重賞を狙っていきたい」と先を見据えている。


    重賞2勝目を飾ったホクショウダイヤ(左端が松井調教師、右から2人目が松田騎手)


     
    競馬場でファイターズイベント
    2013年8月12日(月)


    - 2013年8月12日十勝毎日新聞紙面より -

     北海道日本ハムファイターズが北海道に本拠地を移して10年目のシーズンを記念するイベント「10thシーズンキャラバン?あなたの街へ行っちゃいます!」が10、11の両日、帯広競馬場(帯広市西13南9)で開かれ、2日間で1万人近い来場者が詰め掛けた。

     競馬場南側の特設会場では、200インチの大型モニターによるパブリックビューイングやファイターズガールのステージイベントなどが行われた。優勝ペナントや選手が実際に使用したバット、グラブも展示。プロの感触を手に取って確かめる子供の姿も=写真。

     野球少年団「栄ドルフィンズ」に所属する帯広栄小1年の前田君は「自分もいつか日ハムの選手になりたい」。夢見る十勝の球児が再び甲子園を沸かせる日は近い!?



    - 2013年8月10日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は11日午後8時5分発走で、真夏の最高峰グレードBG1レース「第25回柳月杯ばんえいグランプリ」(3歳以上ファン投票選抜)を行う。今年度重賞2勝中のキタノタイショウ(ファン投票首位)が最有力。予想紙「バンエイ金太郎」の澤田作間さん、携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんに行方を占ってもらった。(小縣大輝)

    <澤田作間さん>
    負担重量は780?810キロの別定戦だが、今年は番組賞金上位馬にハンデが見られない。そのため、上位有力オープン馬3頭(キタノタイショウ、ギンガリュウセイ、ホッカイヒカル)の三つどもえの戦いが予想される。ただ、前走で好調な走りを見せたホクショウダイヤ、次世代を担うホクショウバトル、7月の北斗賞で重賞初勝利を挙げたインフィニティーにも期待したい。

    <小寺雄司さん>
    各馬重量に微妙な差があるが、今年度重賞2勝中のキタノタイショウが主役で通る。810キロの積荷であれば十分動ける範囲だ。1カ月近く休養を取り、今回に照準を当ててきた昨年度グランプリ覇者のギンガリュウセイが対抗。夏場に弱いホッカイヒカルは北斗賞2着と調子を上げてきている。障害次第で末脚が切れるホクショウダイヤにも注目。約2カ月ぶりに騎乗する松田道明騎手がレースを面白くしそう。


    服部調教師(右)の指導でみるみる上達したキッズキャンプ参加者(騎乗馬ミルク号)

    - 2013年8月10日十勝毎日新聞紙面より -
     
     ばんえい競馬史上最多の1792勝(5日現在)を挙げている服部義幸調教師(66)が主催する「ばんえいキッズキャンプ2013」が7、8の両日、帯広競馬場内のふれあい動物園で開かれ、管内外から小学生14人が参加した。「子供たちの自主性に任せる」という独自の乗馬キャンプで、初心者の児童も驚異の上達を見せていた。

     名馬・名騎手を育てることで有名な服部調教師は、乗馬を通じて子供を育てるため2011年から同キャンプを開いている。

     3年目の今年は管内と札幌、旭川から3?6年生の14人が参加。初日の朝からリーダーを選んで話し合い、スケジュールは「乗馬の練習時間をたっぷり」と決め、夕飯のメニューや買い出し、作業分担などもてきぱきと決めた。

     乗馬練習は2日間の午前と午後の計4回。3頭の馬で存分に練習した。リーダーの長崎さん(札幌・石山東小5年)は「小学3年まで帯広稲田小に通っていてこのキャンプに参加した。乗りこなすことが難しい馬にも挑戦できる」と魅力を語る。乗馬初体験の西藤君(音更・柳町小3年)は「スピードを出して乗れるようになりたい」と練習に打ち込んでいた。服部調教師は「みんな上達した。来年も再来年もキャンプを続けたい」と手応えを感じていた。(横田光俊)


    << 前へ 1 2   

    表示件数 6-9  (全9件中)
    著作権 十勝毎日新聞社