΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2013年7月24日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、6日から22日まで投票を受け付けていた夏の名物重賞レース「柳月杯第25回ばんえいグランプリ」(8月11日午後8時10分発走予定)ファン投票の最終結果を発表した。今年度重賞2勝を挙げているキタノタイショウ(牡7歳)が687票で初の1位に輝いた。

     同レースの出走馬は、3歳以上と通算獲得賞金200万円以上が対象。ファン投票の上位7頭に加え、番組賞金上位3頭を合わせた計10頭が出走する。帯広競馬場やインターネットなどで投票を受け付けた結果、昨年(5695票)を407票上回る6102票が集まった。(小縣大輝)

     この他、10位までの投票結果は以下の通り。
    (2)ギンガリュウセイ(578票)
    (3)アローファイター(355票)
    (4)クロフネオーザン(345票)
    (5)オイドン(322票)
    (6)ホクショウダイヤ(302票)
    (7)インフィニティー(293票)
    (8)ホッカイヒカル(237票)
    (9)ブラックボス(202票)
    (10)シベチャタイガー(201票)

    - 2013年7月17日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、ファン投票で出走馬を決める重賞「柳月杯第25回ばんえいグランプリ」(8月11日午後8時10分発走予定)の中間集計を発表、今年度重賞2勝を挙げているキタノタイショウ(牡7歳)がトップを独走している。

     7月14日時点の集計。キタノタイショウが523票で現時点1位。昨年の同グランプリ覇者ギンガリュウセイが419票で2位、14日に行われた重賞「北斗賞」を制したインフィニティーが237票で3位に続いている。

     投票は帯広競馬場内の投票箱やインターネットの特設ページ(http://www.banei-keiba.or.jp/gp2013/index.html)などで22日まで受け付けており、抽選で温泉ペア宿泊券などが当たる特典もある。キタノタイショウは、ばん馬ファンによる“総選挙”を勝ち抜き、人気ナンバーワンの「大将」になれるか!?



    帯広競馬場で始まったビアガーデン

    - 2013年7月15日十勝毎日新聞紙面より -

     連日厳しい暑さが続く中、帯広競馬場(帯広市西13南9)で13日、ビアガーデンが始まった。初日から多くの家族連れや友人同士のグループなどが訪れ、ビールを片手にレースを楽しんでいる。9月1日まで。

     毎年、この時期に行うばんえい十勝の夏の風物詩。スタンド前(雨天時はスタンド南東側)には100席が設けられ、ビールや焼き肉を囲んでナイターレースを観戦する来場者が目立った。家族6人で訪れた帯広市内の松島幸一さん(62)は「外で飲み食いできる時期が到来したね」と笑顔を見せていた。

     ビアガーデンの営業はばんえい競馬開催日(毎週土・日・月曜日)の午後4時半〜同8時半(ラストオーダー午後8時)。今年から、帯広・十勝を舞台にした漫画「銀の匙(さじ)Silver Spoon」で登場するドラム缶を半分に切ったコンロ計4台も貸し出している(1000円)。団体(10人以上)の予約やドラム缶コンロの使用など、問い合わせは北海興農ビジネス(0155・35・6150)へ。(小縣大輝)



    キタノタイショウ(左)の猛追を振り切り、ゴールまで駆け抜けたインフィニティー(浅田騎手)

    - 2013年7月15日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は14日、3歳以上オープン対象の重賞「第21回北斗賞」(BG3)を行い、単勝5番人気のインフィニティー(牡7歳、金田勇調教師、馬主は函館市・駒井鉄雄さん、生産者は釧路管内標茶町・坂井健一さん)が、騎乗した浅田達矢騎手とともに悲願の重賞初勝利を飾った。タイムは2分28秒4(馬場水分0.7%)。4番人気のホッカイヒカル(牡9歳、坂本東一調教師、阿部武臣騎手)が0.3秒差の2着、6番人気のホリセンショウ(牡8歳、岩本利春調教師、安部憲二騎手)が2着と0.3秒差の3着に入り、大混戦となった。

     ばんえい負担重賞はキタノタイショウの810キロを除いて790キロの定量戦。序盤は(6)シベチャタイガー(牡9歳、松本秀克騎手)が先行して第2障害へ。十分に力をためて挑んだ(8)ホリセンショウが1番手で降りると、すかさず(3)インフィニティーが2番手で追走した。30メートルを過ぎた地点から、重賞連勝中の(2)キタノタイショウ(牡7歳、大河原和雄騎手)が猛追するも、ゴール手前で急停止。砂ぼこりが舞う中、勝負は(3)、(7)ホッカイヒカル、(8)の三つどもえになり、(3)が小差で栄冠を勝ち取った。(小縣大輝)


    重賞初勝利を飾ったインフィニティーと浅田騎手(馬の右2人目)。馬の左は金田調教師

    待ちに待った重賞初勝利
    浅田騎手

     「浅田おめでとう」。レース後、待ちに待った浅田騎手の重賞初勝利にファンからの祝福の声が響いた。2005年に騎手デビュー。その3年後に重賞初挑戦を果たすも、重賞では勝てない日が続いた。浅田騎手は「小差の2着に終わったレースもあり、悔しい思いをしてきた」と振り返る。

     そして、地元奈良から駆け付けた父和三郎さん(65)が見守る中で迎えた重賞24戦目。念願の初勝利はファンだけでなく家族、「良い馬に乗せてくれる金田調教師」(浅田騎手)への最高のプレゼントになった。

     「最終目標は来年3月のばんえい記念。もちろん達矢とインフィニティーで狙うよ」と力を込める金田調教師。浅田騎手は「腕力を付けたり、勝つための研究を怠らないなどやるべきことは多い。馬とコミュニケーションを取りつつ、勝利を積み重ねていければ」とさらなる高みを目指す。



    - 2013年7月13日十勝毎日新聞紙面より -

    ギンガリュウセイ本命 
     ばんえい十勝は14日午後8時5分発走で、3歳以上オープン対象の「第21回北斗賞」(BG3)を行う。ばんえい負担重量は、キタノタイショウの810キロを除いて790キロの定量戦。今季重賞初勝利を狙うギンガリュウセイが本命とみられる。予想紙「バンエイ金太郎」の澤田作間さん、携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんに占ってもらった。(小縣大輝)

    <澤田作間さん>
     障害巧者のギンガリュウセイが本命。トップと20キロ差はかなり有利に働くだろう。前走で得意の末脚を見せたホッカイヒカルも十分にチャンスあり。約1カ月間、休養を取って力を蓄えていたホクショウダイヤは怖い存在。トップハンデを背負ったキタノタイショウや、旭川記念で良い走りを見せたホリセンショウ、松本騎手の騎乗するシベチャタイガーにも注目だ。

    <小寺雄司さん>
     4月のオッズパーク杯、6月の旭川記念で僅差の2着に終わったギンガリュウセイの巻き返しに期待。重賞連勝中のキタノタイショウと20キロの差は大きい。対抗馬は、1戦ごとに良い動きを見せるホッカイヒカル。今回の重賞に照準を絞ってきたホクショウダイヤを3番手に挙げたい。頭1つ抜け出しているキタノタイショウは、トップハンデに打ち勝てるかが課題。


    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社