΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年4月(16)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 馬券発売5億円突破 ばんえい十勝開幕4日間 [4/25]
  • ベストホースにオレノココロ 新設のばんえいアワード発表 [4/22]
  • ばんえい生産者に賞金 競走馬確保へ楽天 [4/22]
  • ばんえい十勝開幕 10周年の熱いレース始まる [4/22]
  • ばん馬の聖地 映像作品に 日・ペルーの作家 帯広競馬場で撮影 [4/20]
  • 「10周年」熱気さらに ばんえい十勝あす開幕 [4/20]
  • パレードで開幕PR ばんえい十勝 [4/20]
  • ガーデンとばんえい巡って 花めぐり共通券販売 [4/14]
  • ばんえい2017年度開催をニコ生で配信 [4/13]
  • ばん馬の訓練を見よう 30日からばんえい朝調教ツアー [4/13]
  • フェアプレー賞で騎手表彰 馬文化を支える会 [4/12]
  • ホクショウテンカ1番時計 ばんえい第1回能力検査 [4/10]
  • 帯広競馬場本走路で砂の入れ替え [4/10]
  • 「公正な競馬」を追記 ばんえい運営ビジョン [4/8]
  • 「ばんえい金太郎」休刊へ ばんえい十勝予想紙 [4/5]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    先行逃げ切りで、重賞2勝目を飾ったホクショウユウキ(鈴木騎手)

    - 2013年7月29日十勝毎日新聞紙面より -

    ダイコクパワー2着
     ばんえい十勝は28日、3、4歳世代対決戦の重賞「第25回はまなす賞」(BG3)を行い、単勝1番人気のホクショウユウキ(牡4歳、岡田定一調教師、鈴木恵介騎手、馬主・生産者は空知管内由仁町・井内昭夫さん)が先行逃げ切りで、6月の「柏林賞」に続く重賞連勝を果たした。タイムは1分46秒4(馬場水分2.3%)。2着には2番人気のダイコクパワー(牡3歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)、3着には5番人気のオレノココロ(牡3歳、槻舘重人調教師、尾ケ瀬馨騎手)が入った。

     レース前から降り続く雨の影響で、馬場は少し湿った状態。道中、2回の休みを刻んだ(10)ホクショウユウキが第2障害をひと腰で突破、1番手で降りて独走態勢に入った。(10)はスピードを緩めず、後続馬を寄せ付けない圧巻の走りを披露。2着に11秒以上の差を付けての快勝だった。(小縣大輝)

    思惑通りに先行逃げ切り
    4歳馬の中軸へ

     4歳馬の3冠重賞「柏林賞」を制したホクショウユウキが思惑通りのレース運びで、今年度早くも重賞2勝目を飾った。鈴木騎手は「雨で馬場が多少軽くなり、積極的に前に行けた」と天の恵みに感謝。「柏林賞では坂の途中で1度止まったが、きょうはひと腰。降りた時点で勝利を確信したね」と振り返る。

     トップの720キロより30キロ軽い負担重量を生かし、前へ出る展開を狙っていた岡田調教師。「柏林賞以上に良い走り。文句なし」と鈴木騎手の騎乗を絶賛した。

     馬体は前走に比べて12キロ増、出走馬10頭中最大の1082キロで臨んだ。岡田調教師は「650〜700キロの荷物を使った強めの調教にもへこたれず、負けん気がついてきた」と成長著しい若馬を評価し、ばんえいを担う存在へ育てていく決意を示した。


    重賞連勝を遂げたホクショウユウキ(右から3人目が岡田調教師、左から4人目が鈴木騎手)


    乗客を乗せ、競馬場に到着した「ばんば馬車」

    - 2013年7月28日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広百年記念館と帯広競馬場を往復する「ばんば馬車」が27日、今季の運行を始めた。初日はばんえい競馬のPR馬「リッキー号」が馬車を引き、“客車”に乗り込んだ親子連れを喜ばせた。

     帯広競馬場内の観光交流施設「とかちむら」運営会社の「SPCとかちむら」(曽根一社長)とNPO法人とかち馬文化を支える会(三宅陽一理事長)主催。3年目の今年は、8月24日までの毎週土曜日に1往復の運行を予定している。

     好天に恵まれた初日は、親子連れなど約20人を乗せた馬車が午後1時半に帯広百年記念館を出発。市街地を抜ける片道約30分間の馬車の旅を楽しんだ。

     市内の団体職員太田智也さんは長男優作ちゃんと一緒に初めて馬車乗車を体験し、「息子と一緒に楽しめた」と大満足。優作ちゃんも「馬が大きくて格好良かった」と笑顔を見せていた。体験料は1人200円(保険料)。(杉原尚勝)


    ピザ焼き体験などで盛り上がった探検ツアー

    - 2013年7月25日十勝毎日新聞紙面より -

     「馬文化を満喫! 競馬場探検ツアー」(帯広市、十勝観光コンベンション協会、ばんえい十勝、とかち村共催)が19日、帯広競馬場と同競馬場内のとかちむらで開かれた。親子連れなどが参加し、ピザ焼き体験などを楽しんだ。

     同ツアーはこれまで単体で行っていた各イベントをセット化し、観光客を呼び込もうと初めて企画。将来的には旅行ツアーへの組み込みも視野に入れている。

     この日は親子連れなど5家族11人が参加。2グループに分かれ、馬の資料館を見学した他、石窯を使ったピザ焼きや乗馬を体験、ばんえい競馬の模擬レースも満喫した。娘で1歳の綾音ちゃんと参加した帯広市内の主婦細山麻華さん(32)は「普段、産直市場やレストランは利用するが、乗馬体験や競馬場は初めて。こんなに面白いものとは思わなかった」と話した。

     ツアーは8月23日までの毎週金曜日(16日を除く)の正午と午後1時から2回行われる。定員は各先着12人。参加希望者はとかちむら(0155・34・7307)へ。(土屋航)

     
    百年記念館−競馬場で馬車運行
    2013年7月25日(木)
    - 2013年7月25日十勝毎日新聞紙面より -

    NPO「支える会」27日から計5回

     NPO法人とかち馬文化を支える会(三宅陽一理事長)は、27日から帯広百年記念館と帯広競馬場を結ぶばん馬の馬車運行を行う。8月24日まで毎週土曜日の計5回実施する。

     ばんえい競馬のPR馬リッキー号とミルキー号が運行を務める。

     各日とも往路は午後1時半に同記念館を出発、同2時に競馬場到着。復路は競馬場を午後4時に出発、同4時半に同館に着く運行スケジュール。

     1日1往復で片道30分の運行、競馬場内での滞在は約2時間。乗車した大人には、競馬場の招待券、子供には競馬場内のふれあい動物園で使用できるニンジン券が贈られる。

     各日先着20人(団体予約可)。午後1時から同記念館前の乗車場で受け付けを行う。乗車には保険代200円が必要。

     問い合わせは同会(火・金曜日、0155・67・6890)へ。


    巨体を生かし、力強い走りでファンを魅了したテンマデトドケ号(2010年のイレネー記念)

    - 2013年7月25日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の競走馬で、昨年12月にテレビ番組「ほこ×たて」に出演して話題となったテンマデトドケ号(牡、服部義幸調教師、生産者は池田町の坂東孝一さん、馬主は上川管内愛別町の横井均さん)が3日早朝、病死していたことが分かった。6歳だった。

     同号は2009年5月2日にデビュー。重賞では同年にナナカマド賞、10年にイレネー記念など、計4勝を挙げた。12年12月には、相反するもの同士を戦わせて決着を付ける娯楽番組「ほこ×たて」に登場し、滑らないゴムシートとの対戦で勝利して一躍有名となった。今年5月19日のレース(1着)を最後に、体調を崩して離脱していた。

     服部調教師は「最高峰のばんえい記念を制するだけの力があっただけに残念。テレビに出演できて幸せな馬だったのでは」と早すぎる死を惜しんだ。(小縣大輝)

    1 2 3 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社