΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    帯広競馬場で行われた「ほこ×たて」の収録風景(5月24日、金野和彦撮影)

    - 2013年6月3日十勝毎日新聞紙面より -

     9日午後7時放送予定のフジテレビ系全国番組「ほこ×たて 2時間スペシャル」(北海道はUHB)に、ばんえい十勝の現役競走馬キタノドリーマー(牡8歳、服部義幸調教師)が登場する。「ほこ×たて」でばん馬が取り上げられるのは、昨年12月2日の放送以来2回目。帯広競馬場で5月23、24日に番組の収録が行われた。

     「ほこ×たて」は、矛と盾に関する故事「矛盾」にちなみ、相反するもの同士を戦わせて決着を付ける対戦型の娯楽番組で、毎週日曜午後7時から放送されている。前回の放送では「最強の滑り止めゴムシート」対「どんな物でも引っ張って滑らせる馬」というタイトルで対戦、ばん馬が勝利した。全国の視聴者から反響が大きかったことに加え、ばん馬に新たな“ライバル”が浮上したため、再び同競馬場を舞台にした対戦が決まった。

     今回の対決名(仮)は「引っ張ればどんなものでも破く馬」対「引っ張っても破けないジーンズ」。万力で固定してつるしたジーンズをワイヤでばん馬につなぎ、それをばん馬が引っ張って破けるかに挑む。両者の意地と意地がぶつかり合った戦いの結末に、乞うご期待!!(小縣大輝)

     
    ふれあい動物園でポニーの子誕生
    2013年6月1日(土)


    - 2013年6月1日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場(帯広市西13南9)内の「ふれあい動物園」で5月31日早朝、ポニーの赤ちゃん(牝)が誕生し、馬房の中で母親に寄り添って元気な姿を見せている。

     5月初めに札幌から同動物園に引っ越してきたポニー「レディ」(牝11歳)の子。管理人の服部義幸調教師が出産間近のレディを見て「すぐにでも生まれそう」と、朝晩見守ってきた。子馬は親と同じく茶色と白色のまだら模様がかわいい栗ぶち毛。「ちゅぱちゅぱ」と音を立てて母乳を飲んだり、走り回ったりしながら愛くるしいしぐさを見せている。

     服部調教師は「家族が増えた感じ」と笑顔。今後は競馬場内に特設応募箱を設置して愛称を募集する予定で、名付け親には記念品の贈呈があるかも!?

    - 2013年6月1日十勝毎日新聞紙面より -

    市議会産経委 
     帯広市議会産業経済委員会(清水拓也委員長)が5月31日、開かれた。市は深川市に開設準備を進めているばんえい競馬の直営場外発売所について、7月をめどに開設する意向を示した。

     直営場外の開設は、昨年3月に策定された「ばんえい競馬運営ビジョン」の中でも収入の増加・確保策の一つに位置付けられており、深川は昨年11月の「琴似駅前」(札幌)の開設に続き道内8カ所目となる。

     この他、4月14日の開幕から5月27日までの20日間での馬券発売額は、予算比で9・49%増、前年比で9・77%増の14億2623万円であることや、8日から帯広競馬場と旭川など4つの直営場外で日本中央競馬会(JRA)の馬券を発売することなどが報告された。

     また、同ビジョンでは馬券発売額について、昨年度は103億円、今年度は105億円との見通しを立てていたが、昨年度実績は104億9458万円、今年度計画は100億円を見込むなどビジョンとの乖離(かいり)が出ていることについて大林愛慶氏(民主・市民連合)、佐々木とし子氏(共産)から指摘が出された。

     これに対し田中敬二ばんえい振興室長は、JRA馬券が各地の地方競馬で買えるようになるなど、競馬をめぐる情勢が急激に変わってきていることを説明し、「俊敏に対応していかないと運営は難しい」としつつも、昨年の運営をビジョンに照らして検証する考えを示した。

     一方、同競馬場内の観光交流施設のとかちむらについて、昨年度売上額が前年度を10・3%下回る1億5063万円となったことが報告された。 

     地主の十勝農協連との2014年度末までの土地賃貸借契約について、阿部信一商工観光部長は契約が競馬場ととかちむらが一体となったものであるとし、「競馬場がある限り、とかちむらも存続することになると思う」と述べた。大林氏への質問に答えた。(高田敦史、深津慶太)

    << 前へ 1 2 3 4   

    表示件数 16-18  (全18件中)
    著作権 十勝毎日新聞社