΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


    - 2013年5月15日十勝毎日新聞紙面より -

     入籍記念のサプライズ!! 帯広市の病院職員相沢将史さん(36)=写真右=が13日、市役所に婚姻届を出した後に帯広競馬場に足を運び、妻友美さん(25)=同中央=に内緒で個人協賛レースに応募、調教師や騎手へのプレゼンテーターとして参加した。

     レース名は「今日入籍しました記念」。同日午後4時半発走の第4レースの冠に名付けられ、レース後の表彰式では相沢夫妻が照れ笑いを浮かべながら、1着でゴールした「ニューテツリ号」の坂本東一調教師、阿部武臣騎手にそれぞれ協賛金を手渡した。

     「ちょうど交際して1年目。びっくりしたけれど記念になった」と控えめに喜ぶ友美さん。相沢さんは「障害を一つずつ乗り越えるばんえいは人生と一緒。(当たれば払い戻しが大きいが確率の低い)3連単を狙わず、一歩ずつ堅実に歩みたい」と誓った。

     
    Dr・コパがばんえいの馬主に
    2013年5月13日(月)

    ばんえい十勝の馬主になった小林さん。馬は笠松競馬所属のラブミーチャン号

    - 2013年5月13日十勝毎日新聞紙面より -

    18日の新馬戦でデビュー
     風水に由来した開運術を提唱し、「Dr.コパ」の愛称で知られる小林祥晃(さちあき)さん(66)=東京都在住=が、ばんえい十勝の馬主となった。所有馬の「バンチャンガンバレ号」(牡2歳、鈴木邦哉調教師)は、18日の第2レース(午後3時20分発走)でデビューする予定で、小林さんは「ばんえい競馬の魅力を体感しながら、多くの人に伝えていきたい」と意気込んでいる。

     小林さんは、風水師の他に建築家、神主、作家などとして幅広く活動している。競馬好きが高じて2001年に馬主資格を取得。10日現在、中央・地方競馬合わせて49頭を所有しており、代表馬のラブミーチャン号(笠松競馬)は、09、12年のNAR(地方競馬全国協会)年度代表馬を受賞している。

     18日には、愛馬の出走を記念して帯広競馬場でイベントを開催する。開門(午後1時半)に合わせて整理券を配布し、同2時から1階の南側特設ブースで「Dr.コパ開運の干支 開運の巳の置物」をプレゼントする。先着100人で、整理券とレース発走前馬券の提示が必要。同3時35分からパドック横表彰台でトークショー、同4時15分ごろにスタジオ出演する。(小縣大輝)


    「ばんえい十勝ふれあい乗馬サークル」を立ち上げた服部さん

    - 2013年5月11日十勝毎日新聞紙面より -

    気軽に馬と触れ合おう
    5月12日競馬場で始動

     ばんえい十勝の調教師服部義幸さん(66)が、幅広い世代を対象に乗馬を指導する「ばんえい十勝ふれあい乗馬サークル」を立ち上げた。12日午前10時から帯広競馬場(帯広市西13南9)内のふれあい動物園で始動、会長を務める服部さんは「初心者から経験者まで、多くの人が馬を身近に感じられる場にしていきたい」と意気込んでいる。

     服部さんはPR馬リッキー号の調教師として道内各地の小学校や幼稚園を訪問、馬車の運行を通じてばんえいの周知に力を入れている。学校の夏休みが始まる時期になると、同動物園内で「キッズキャンプ」を開き、馬の世話や乗馬体験などで子供たちの自主性も育んでいる。

     今回は帯広畜産大学の障害者乗馬支援サークル「RDAちくだい」の顧問を務める柏村文郎教授の助言を参考に、約2年にわたり構想を練ってきた。その上で「子供だけではなく大人も近場で格安に乗馬が楽しめる機会を」と企画し、他の調教師にも協力を呼び掛けて準備を進めてきた。

     活動内容は主に、同動物園内に設けられた囲い(1周約80メートル)で乗馬を伝授。参加者は、ばん馬に比べて体の小さいアパルーサやポニーに騎乗し、服部さんらから指導を受ける。サークルの目標は「誰もが自由に馬を乗りこなす」ことで、服部さんは「徐々に愛好者を増やし、馬と人とのつながりを広げていきたい」と話している。

     活動は、週1回(土・日曜日のいずれか)午前10時から3時間程度を予定。参加人数を考慮しながら来年3月24日まで行う。年会費5000円(保険料は別途必要)。同動物園内に置いてある申込用紙に必要事項を記入するか、服部さん(090・7646・8008)に電話で申し込む。(小縣大輝)

    << 前へ 1 2   

    表示件数 6-8  (全8件中)
    著作権 十勝毎日新聞社