΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    第2回能力検査34頭が合格
    2013年4月20日(土)
    - 2013年4月20日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は19日、帯広競馬場で第2回能力検査を行い、2歳馬72頭が出走、うち34頭(合格率47・2%)が合格した。7日に行った第1回能力検査合格馬114頭と合わせ、今季競走馬デビューを迎える新馬は計148頭になった。

     今回合格した34頭は、早ければ5月4日にデビュー。次回の能力検査は、同月10日に行われる。(小縣大輝)



    - 2013年4月16日十勝毎日新聞紙面より -

     14日に開幕した「ばんえい十勝」の2013年度版オフィシャルカレンダーが出来上がり、帯広競馬場(帯広市西13南9)内の2カ所の売店で販売されている。

     見開きA3判で、ばんえい競馬の運営受託会社コンピューター・ビジネス(CB)が4000部を製作した。各月とも昨季の重賞レースを制したばん馬の写真がメーンで、若駒が躍動する姿や、昨季の「ばんえい記念」を制して引退したカネサブラック号(牡11歳)などが載っている。1部300円で、売り切れ次第、販売を終える。

     ファンお待ちかねのカレンダーだが、今年は例年と違って、開催日の丸印や重賞レース名の明記はない。見逃しのないよう、大事なレースはチェックを忘れずに−


    市単独開催7年目を迎えたばんえい競馬。第1レースからファンの熱い視線が注がれた(金野和彦撮影)

    - 2013年4月15日十勝毎日新聞紙面より -

    市単独開催7年目 期待のナイター95日
     帯広市単独開催7年目のばんえい十勝が14日、帯広競馬場で開幕した。今年度はナイター開催を前年比17日増の95日間に設定し、ばんえい競馬史上初めて初日からナイターレースを実施。売り上げ増を見込んだ新たな試みに期待が高まる中、この日の馬券発売額は前年初日を上回り、まずまずの滑り出しとなった。

     午後1時半の開門と同時に騎手ら競馬関係者が来場者を出迎え、特製まんじゅうをプレゼント。同2時40分の第1レース発走に先立ち、主催者を代表して米沢則寿市長が「世界で唯一のばんえい競馬を存続できるよう、全国のファンの支援と競馬関係者の協力を得ながら、さらなる取り組みを進めていきたい」と決意を述べた。

     開幕前に行われた砂の入れ替え作業により、第1レースから重たい馬場に苦戦する馬が続出。第2障害を力強く駆け上がる姿に、スタンドからは歓声が湧き起こった。家族4人で訪れた市内の会社員舘江弘明さん(40)は「子供を連れて間近でレースを見るのは初めて。思った以上に迫力がある。きょうは夜まで楽しみたい」と話していた。

     この日の馬券発売額は前年初日比1.9%増の6347万1400円。予算額に比べ約144万円下回ったものの、市ばんえい振興室の田中敬二室長は「上々の出だし。今後、気温が上がれば、来場者が増えて売り上げも徐々に伸びてくるのでは」と期待した。

     今年度の開催日程は来年3月24日までの計153日間。ナイター開催は11月18日まで。(小縣大輝)



    最高重量1トンのソリを引き、人馬一体で激戦を展開するばんえい競馬。ひたむきにゴールを目指すばん馬の姿に全国から集まるファンが感動する(3月24日の「ばんえい記念」レース、金野和彦撮影)

    - 2013年4月13日十勝毎日新聞紙面より -

    ナイター17日増の95日
    来年3月まで153日間開催

     ばんえい十勝が14日、帯広競馬場で開幕する。市単独開催7年目を迎える今季は初めて、開幕と同時にナイター開催となる。開幕初日は、競馬関係者が午後1時半の開門に合わせて出迎え、先着300人に特製まんじゅうをプレゼント。同2時40分に第1レースがスタートし、今年も迫力あふれるレースを展開する。今年度の開催は、毎週土・日・月曜日を原則に来年3月24日までの153日間で、うちナイター開催は、前年比17日増の95日間(11月18日まで)。競馬場内の観光交流施設「とかちむら」では新たにオープン、改装した店が並び、十勝のグルメやスイーツを満喫できる他、産直野菜などを購入できる。ここ帯広でしか味わうことのできないばんえい競馬の魅力を紹介する。(小縣大輝)

    ■世界唯一の文化に  
     世界唯一の文化として、北海道遺産にも指定されているばんえい競馬。サラブレッドと比べて約2倍の大きさのばん馬が、500キロ〜1トンの鉄ソリを引いて200メートルの直線コースを力強く駆け抜ける姿を一目見ようと、全国から訪れるファンも多い。一番の見どころは、レース中盤に待ち構える高さ1.6メートルの坂道「第2障害」手前での駆け引き。じっくりと力をため、馬と騎手が呼吸を合わせて大きな坂を駆け上がる瞬間はまさに人馬一体、今も十勝に残る文化の象徴だ。

    ■応援もエキサイト  
     間近で観戦できるのもばんえい競馬の魅力の1つ。走路に並行して設置されている柵付近の「エキサイティングゾーン」では、観客が出走馬と一緒に走りながら声援を送ることができる。レース中の写真撮影は可能だが、馬を興奮させたりレースを妨げたりしないよう、くれぐれもフラッシュや三脚、脚立などの使用には気を付けてほしい。

    ■ギンガリュウセイ注目
     今季は、3月24日の最高峰重賞「ばんえい記念」を制して引退したカネサブラック(牡11歳)の後継馬に注目したい。中でも記者の一押しは、同記念でカネサブラックと激戦を繰り広げたギンガリュウセイ(セン9歳)。同記念初挑戦にして、負担重量1トンに屈することなく最後まで力強い走りを見せ、これからのばんえい競馬を引っ張る力を十分に示してくれた。

    ■初日からナイター  
     今季の特徴は、開幕初日と同時にナイター開催(4月14日〜11月18日)を迎える点。開門時間は午後1時半で、同2時40分ごろに第1レース開始、同8時40分ごろに最終第11レース発走。デイ(昼間)開催(11月23日〜来年3月24日)時の開門時間は午前10時半ごろ、第1レース発走は同11時半ごろ、最終レース発走は午後5時40分ごろを予定。時間やレース数は変更の場合あり。入場料は1人100円(中学生以下無料。イベント開催時は無料の場合あり)。正門を入って右側に予想紙(競馬ブック、バンエイ金太郎)の販売所がある。

    交通アクセス 帯広競馬場(帯広市西13南9、電話0155・34・0825)は、JR帯広駅から北西側に約2キロ、車で約7分の場所に位置する。駐車場は競馬場の正門前と、白樺通(競馬場通)を挟んで南側の2カ所。計1100台分のスペースがあり、駐車無料。タクシーはJR帯広駅南口から運賃690円前後。バスはJR帯広駅バスターミナル12番乗り場から「競馬場」停留所で下車し、大人190円、子供100円。とかち帯広空港から帯広競馬場前までの直通バス運賃は1000円になる。

    <馬券の買い方>
    ■マークシートで100円から
     馬券購入は成人(20歳以上)に限られ、100円から購入できる。競馬場内の発売窓口付近に置かれているマークシートに、備え付けの鉛筆でシートの枠を黒く塗りつぶして記入。自動発売機に現金とマークシートを入れて馬券を購入する。的中馬券は、自動払戻機で払い戻しを受ける。

    ■3連単など6種類
     ばんえい競馬の馬券は単勝式(単勝)、複勝式(複勝)、馬番2連勝複式(馬複)、馬番2連勝単式(馬単)、馬番3連勝複式(3連複)、馬番3連勝単式(3連単)の6種類。

     ★単勝=1着に入る馬の番号を当てる★複勝=出走馬が7頭以下のレースでは1、2着のいずれか、8頭以上のレースでは1〜3着のいずれかに入る馬の番号を当てる★馬複=着順に関係なく、1着と2着に入る馬の番号を当てる★馬単=1着と2着に入る馬の番号を着順通りに当てる★3連複=着順に関係なく、1〜3着に入る馬の番号を当てる★3連単=1〜3着に入る馬の番号を着順通りに当てる。

     また、3連単を上回る配当が期待できるのは、インターネット限定販売の5、7重勝単勝式勝馬投票券(購入方法は、ばんえい十勝のホームページを参照)。5重勝は指定5レース、7重勝は指定7レースの1着に入る馬を全て当てる賭け式で、過去には700万円以上の配当額も出ている。

    ■本紙、かちモバに予想
     予想紙、スポーツ紙、開催日前日の十勝毎日新聞スポーツ欄には予想が掲載されている。予想の印は「◎=勝率の高い本命馬、○=勝つ可能性がある対抗馬、▲=逆転勝利する可能性がある馬、△=穴馬」。
     携帯電話サイトの「かちまいモバイル」(愛称・かちモバ、月額315円、http://kachimai.mobi/)では全レース予想を掲載、ばんえい競馬を長年分析している専門家の小寺雄司さんの予想に注目を。



    あすの開幕をPRしたパレード(13日午後0時55分、市内西2南10)=折原徹也撮影

    - 2013年4月13日十勝毎日新聞紙面より -

     14日に開幕するばんえい十勝のPRパレードが13日午後0時半から、帯広市中心部で行われた。騎手、調教師ら約30人の競馬関係者が現役競走馬を含む4頭と練り歩き、市民に来場を呼び掛けた。

     毎年、交通安全啓発を兼ねて実施している恒例行事。中央公園北側を出発。市特別嘱託職員のリッキー号を先頭に藤丸前、JR帯広駅北側、広小路アーケードを行進、帯広競馬場入場招待券入りのティッシュやカレンダーを配りながら、「ばんえいをよろしくお願いします」とアピールした。市民は重量約1トンもある競走馬の堂々と歩く姿に見入り、携帯電話で写真撮影するなどしていた。

     ばんえい競馬の今年度開催日程は、来年3月24日までの計153日間。うちナイター開催は市単独開催(2007年度)以降初の開幕初日から始まり、前年比17日増の95日間実施する。ばんえい十勝の広報担当徳田奈穂子さん(36)は「仕事帰りのサラリーマンをはじめ、若者が夜間も気軽に足を運んでもらえるよう、多彩なイベントを行っていきたい」と話している。(小縣大輝)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社