΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    抽選に臨んだカネサブラックの松井浩文調教師

    - 2013年3月21日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝最高峰の重賞レース「農林水産大臣賞典第45回ばんえい記念」(24日午後5時15分発走)に向け、21日午前9時半から帯広競馬場で枠順抽選会が行われ、報道陣に公開した。出走各馬(10頭)の調教師が抽選に臨み、“運命の一戦”を占う枠順を決めた。

     これが引退レースで、重賞最多記録更新が懸かっているカネサブラックの松井浩文調教師は馬番1番を引き「やるべきことはやった。優勝して有終の美を」と気合い十分。同じく今季限りで引退が決まっているナリタボブサップの槻舘重人調教師は同4番を引いて「最高の力を発揮し、悔いの残らないレースにしたい」と意欲を燃やした。(小縣大輝)


    種牡馬として豊頃で新生活を送っているゴールデンバージ。右は管理に当たる松井さん

    - 2013年3月18日十勝毎日新聞紙面より -

    来春にも2世誕生 豊頃の牧場
     【豊頃】ばんえい十勝で一度引退しながらも競走馬に復帰し、「リストラされても負けなかった中高年の星」として全国から脚光を浴びた「ゴールデンバージ」(牡16歳)が、種牡馬として豊頃町二宮の畜産業松井孝一さん(73)の元で新たな生活を送っている。4月初旬には浦幌町内の「宝寿」(牝7歳)に種付けする予定で、来春にも待望の“バージ2世”の誕生が期待されている。

     バージは昨年10月末、高齢(当時15歳。人間の年齢に換算すると60代後半に相当)のため現役を引退。その後、空知管内奈井江町に住む馬主川端悟さん(63)方で飼育されていた。種馬となる際に必要な地方種畜検査に合格したことで、川端さんは「母馬が多い十勝で種付けさせ、優秀な馬を輩出したい」と、ばんえい競馬を通じて20年以上付き合いのある松井さんに預託を決意。今月10日に豊頃町に引っ越してきた。

     初めは慣れない土地での生活に夜鳴きを繰り返す日々が続いたが、今では松井さんの行き届いた管理の下、落ち着きを取り戻し、のんびりと暮らしている。

     馬体は引退前の960キロを超えて1トン近くある。半日ほど放牧用の敷地を自由に走り回って運動不足を解消。松井さんは「年齢を感じさせないほど若々しく健康。人間の言うことはちゃんと聞く利口な馬」とバージをかわいがる。

     父方の祖父は名種牡馬「マルゼンストロングホース」。母方の祖父は帯広記念や岩見沢記念など数多くの重賞レースを制覇した「キンタイコー」と、名馬の血を受け継ぐバージ。長年、種牡馬を飼育してきた松井さんも「ここまで血統に恵まれた馬は珍しい。能力の優れた牝馬と掛け合わせ、バージに次ぐスターホース誕生に期待したい」と胸を躍らせている。(小縣大輝)



    ゴール前の激闘を制したニュータカラコマ(藤野俊一騎手)

    - 2013年3月18日十勝毎日新聞紙面より -

    驚異の追い上げ
     ばんえい十勝は17日、4、5歳馬による世代別交流戦「第34回とかちマッシュ杯ポプラ賞」(BG3)を行い、池田町産駒で単勝5番人気のニュータカラコマ(牡5歳、松井浩文調教師、藤野俊一騎手、馬主は網走市・佐藤久夫さん、生産者は池田町・北村治嘉さん)が猛烈な追い上げで、ゴール前の接戦を制して重賞3勝目を遂げた。タイムは1分50秒6(馬場水分2.1%)。2着は4番人気のフジダイビクトリー(牡5歳、林豊調教師、入澤和也騎手)、3着は8番人気のテンカムソウ(牡4歳、鈴木邦哉調教師、安部憲二騎手)が入った。

     勝負の第2障害は(9)フジダイビクトリーが真っ先に仕掛けて1番手でクリア、それを直近のレースで7連勝中の(8)ワールドピサ(牡4歳、西謙一騎手)、(6)テンカムソウ、(10)ニュータカラコマが追った。(10)は障害後に驚異的な追い上げを見せると、残り10メートル地点で頭1つ抜け出し、勢いそのままにゴール前の激戦を制した。(小縣大輝)


    重賞3勝目を飾ったニュータカラコマ(馬の右が松井調教師、同左が藤野騎手)

    騎手の手腕光る
     12年9月の「銀河賞」に続く重賞制覇を果たしたニュータカラコマ。藤野騎手は「最軽量と60キロ差のハンデがある厳しい中、ゴール前で良く差し切ってくれた。きょうは障害が全てだったね」と振り返った。

     「馬の体調も良かったし、一腰で突破すると信じていた。降りた後は位置的にも勝てると確信したね」と思惑通りのレース運びを披露。ゴール寸前の激しいトップ争いでライバル馬を振り切った。

     「まだまだ発展途上。来年のばんえい記念を目指せる力は十分にある」と藤野騎手。松井調教師は「今季で引退するカネサブラックの後を継ぐ大事な馬なので、今後もじっくりと育てていきたい」と将来を見据えている。



    先行逃げ切りで、3歳馬の頂点に立ったショウチシマシタ(大河原騎手)

    - 2013年3月11日十勝毎日新聞紙面より -

    逃げ切り重賞2勝目
     ばんえい十勝は10日、今季デビューした明け3歳馬の頂上決定戦「第44回イレネー記念」(BG1)を行い、10頭中単勝2番人気のショウチシマシタ(牡、久田守調教師、大河原和雄騎手、馬主は旭川市・細野俊秀さん、生産者は釧路管内弟子屈町・阪口栄造さん)が会心の先行逃げ切りで、約5カ月ぶりとなる重賞2勝目を飾った。タイムは1分17秒9(馬場水分7.6%)。2着は帯広市産駒で1番人気のソウクンボーイ(牡、西邑春夫調教師、大口泰史騎手)、3着は終盤に追い上げを見せた士幌町産駒で3番人気のコウシュハウンカイ(牡、大友栄人調教師、藤本匠騎手)が入った。

     この日は早朝から降雪に見舞われ、軽めの馬場状態。全頭ノンストップ、うち4頭が30秒台前半と速いペースで第2障害に差し掛かると、一息入れて(5)ショウチシマシタが一腰で突破。すかさず(7)ソウクンボーイが2番手でクリアした。3番手で降りた(10)コウシュハウンカイ、(7)が徐々に迫る中、(5)はスピードを緩めることなく安定した走りで、スピード勝負を制した。(小縣大輝)

    初コンビも思惑通り 大河原騎手
     普段はおとなしい性格だが、接戦になるほど負けん気の強さを発揮してきたショウチシマシタ。同重賞6度目の優勝が懸かる大河原騎手にとって、ショウチシマシタとは初のコンビとなったが、「馬の持ち味を出すことだけ考えて臨んだ」と思惑通りの先行逃げ切りで勝利を飾った。


    重賞2勝目を飾ったショウチシマシタ。馬の左が久田調教師、馬の右2人目が大河原騎手

     重賞制覇は2012年10月の「ナナカマド賞」以来。同年12月の「ヤングチャンピオンシップ」では5着に終わったが、以後、この日に照準を合わせて久田調教師はローテーションに気を配ってきた。13年1月末から1カ月以上の間、出走を回避させた他、初体験の負担重量670キロに耐えられるよう調教を繰り返してきた。

     「きょう勝てたのは、ゴールまでスピードを落とさずに安定した走りを徹底してきた結果。ただ、残りの直線でぐんと伸びていかない弱さも同時に見えたけどね」と課題も挙げた。

     今後については「次の重賞まで時間はある。来季までゆっくり休ませたい」と久田調教師。「他の3歳馬はきょうの敗戦をバネに、今よりも力をつけて挑んでくるのは確か。追われる立場になったが、馬に負担をかけ過ぎないよう焦らず調教を続けていければ」と落ち着いた様子で来季を見据えている。

     
    鈴木騎手1500勝達成
    2013年3月10日(日)

    今季で引退するナリタボブサップ号に騎乗し、通算1500勝を達成した鈴木騎手(9日、帯広競馬場で)

    - 2013年3月10日十勝毎日新聞紙面より -

    「ボブとのコンビで良かった」
     ばんえい十勝の鈴木恵介騎手(36)が9日、第10競走で勝利し、デビュー15年目で通算1500勝(うち重賞30勝)を達成した。ばんえい競馬史上15人目で、現役では7人目。

     鈴木騎手は渡島管内森町出身。1998年1月に初騎乗(ブラックワン号)し、その月に初勝利(ニホンバレ号)。重賞初制覇は2002年の「第33回ホクレン賞」で、名牝サダエリコ号に騎乗して達成した。昨年は246勝と年間史上最多勝記録を更新し、08年度から4年連続で最多勝(リーディング)騎手を獲得している。

     1500勝目の騎乗馬は、24日の最高峰重賞「第45回ばんえい記念」を最後に引退するナリタボブサップ号。鈴木騎手は「ボブとのコンビで、ばんえい記念の前哨戦に勝つことができて良かった」とほっとした表情を浮かべ、「馬の調子も上がってきている。ファンの皆さまには、ボブのラストランを生で見て応援してほしい」と語った。(小縣大輝)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全20件中)
    著作権 十勝毎日新聞社