΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    ナナノチカラ重賞初V 黒ユリ賞
    2013年2月18日(月)

    驚異の末脚で重賞初制覇を飾ったナナノチカラ(鈴木恵介騎手)

    - 2013年2月18日十勝毎日新聞紙面より -

    3歳牝馬の頂点に
     ばんえい十勝は17日、3歳牝馬の頂点を決める重賞「第38回黒ユリ賞」(BG2)を行った。1番人気のナナノチカラ(小北栄一調教師、鈴木恵介騎手、馬主は岩見沢市・赤麿秀人さん、生産者は本別町・秋葉英樹さん)が後半に切れ味鋭い末脚を見せ、ゴール間際で逆転、重賞初制覇を飾った。タイムは1分50秒1(馬場水分2.1%)。6番人気のクインフェスタ(金田勇調教師、浅田達矢騎手)が0.2秒差の2着。3着には2番人気のコウシュハクィーン(皆川公二調教師、西謙一騎手)が入った。

     昨春デビューした新馬の牝にとって、負担重量630キロはいずれも初体験。序盤は(3)コウシュハクィーンが一歩馬群をリードするも、混戦状態のまま第2障害へ。各馬一息入れて挑み、ひと腰目で天板に届いた(6)クインフェスタが1番手で突破、(4)アグリナデシコ、(3)が続いた。(1)ナナノチカラは4番手で障害をクリア後、ぐんぐんとスピードに乗って(3)、(4)の2頭をごぼう抜き。勢いそのままに先頭を走る(6)も射程圏内に捉えると、徐々に差を縮め、ゴール寸前で見事差し切った。(小縣大輝)

    末脚伸び逆転
     「伸びのある末脚は、3歳馬の中でもトップクラス。将来が楽しみな馬」。そう話す小北調教師にとって、重賞制覇は2003年の「銀河賞」以来10年ぶり。「小さい頃から心臓が丈夫で、ソリを軽々と引く力は他の馬よりも秀でていた」とナナノチカラを評価する。馬体重16キロ減でのレースだったが、「体調は良く、何よりベテラン騎手の騎乗だから安心して見ていられた」と振り返る。

     同賞2連覇を果たした鈴木騎手は「思った以上に障害で時間がかかってしまい、はらはらさせるレース展開となった」と反省しながらも、「不利とされる端枠(1コース)の中、最後まで粘り強く走ってくれた」と馬の底力を褒めたたえた。小北調教師は「次の目標はイレネー記念。きょうのように負担重量の増えるレースを迎えても、障害をひと腰で越えられるよう調教に熱を入れたい」と力を込めた。


    現役最強馬として、最多タイの重賞20勝を挙げたカネサブラック

    - 2013年2月14日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の現役最強馬カネサブラック(牡11歳、松井浩文調教師、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・坂井牧場)と、2008年の帯広記念優勝馬で陸別町産駒のナリタボブサップ(牡11歳、槻舘重人調教師、馬主は滝川市・大森勝廣さん、生産者は陸別町・林豊嗣さん)が今季限りで引退することになった。2頭は引退の花道を飾るべく3月24日の最高峰重賞レース「ばんえい記念」に挑む。(小縣大輝)

     カネサブラックは02年3月30日生まれ。04年5月にデビューし、通算成績は182戦71勝(うち重賞20勝は最多タイ)。ばんえい史上3頭目となるグランドスラム(5大記念レース制覇)を成し遂げた他、地方競馬で優秀な成績を収めた人馬を表彰するNAR(地方競馬全国協会)グランプリでばんえい最優秀馬を2年連続(11、12年)、通算3度受賞するなど、ばんえい史に輝かしい足跡を残してきた。松井調教師は「寂しい限り。ばんえい記念を制して有終の美を飾りたい」と意気込む。


    馬体重1200キロを超える巨体を生かし、力強い走りを見せ続けたナリタボブサップ

    ナリタボブサップも 大レースで真価発揮 重賞6勝
     ナリタボブサップは02年4月10日生まれ。04年4月にデビュー、通算成績は215戦53勝(うち重賞6勝)。馬体重1200キロを超える巨体を誇り、高重量になる大レースで真価を発揮してきた。08年には帯広記念、旭川記念、北斗賞の3重賞レースを制し、同年のNARグランプリでばんえい最優秀馬を受賞。「ボブ」の愛称で親しまれ、同期のカネサブラックとは数多くの名勝負を繰り広げてきた。槻舘調教師は「元気なうちに引退させてあげるのも調教師の役目」と語る。

     両頭は引退後、種牡馬となる。携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんは「名馬の引退は残念だが、種馬として退くことを考えるなら納得。ばんえいを盛り上げていくためにも、次なるスターホースの誕生に期待したい」と話している。

     
    出た万馬券、717万円3口
    2013年2月12日(火)
    - 2013年2月12日十勝毎日新聞紙面より -

    7重勝の過去最高 総額2151万円
     ばんえい十勝が昨年12月に導入した7重勝単勝式勝馬投票券(オッズパークLOTO)で11日、的中が3口出た。払戻総額は2151万9930円で、1口当たりの払戻金額は717万3310円。7重勝の払戻金額では過去最高額で、関係者は「高額配当を期待できる夢馬券として全国に認知されたのでは。さらなるファン層の拡大や売り上げ増につながることを期待したい」と話している。

     7重勝は、全11レースのうち第5〜11レースの1着を全て当てる賭式で、佐賀競馬とばんえい競馬の2カ所で実施している。的中者がいない場合は払戻対象額を持ち越す「キャリーオーバー」が適用され、最高払戻金額は2億円。1月以降17日連続的中がなく、キャリーオーバーが1378万593円に達していた。

     また、11日の5重勝と7重勝の売り上げは1千万円以上で、「重勝式」発売開始以来1日の最高額となる発売金額を記録した。

     5重勝と7重勝の発売はインターネットのみ。「オッズ・パークLOTO」を通じ、パソコンや携帯電話などから1口100円で購入できる。(小縣大輝)

     
    バレンタインであすイベント
    2013年2月10日(日)
    - 2013年2月10日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、一足早いバレンタインイベント「らぶらぶばんえいバレンタインデー」(ばんえい競馬馬主協会イベント本部主催)を11日午前11時半から、帯広競馬場内の南側イベント広場で行う。

     会場では、柳月の菓子「ユキピリ花」や馬券交換券、とかちむら商品券などの景品が当たる射的大会やガチャポンが楽しめる他、正門で配布されるイベントチラシを持参してアンケートに答えると無料で「ショコラシュー」がもらえる。

     イベント、アンケートはそれぞれ先着100人。イベントには、300円以上のレース発走前馬券(ガチャポンは6レース以降の馬券)が必要。問い合わせは同本部(帯広競馬場内、0155・34・0825 内線32)へ。


    表彰式に臨んだ松井調教師、トーヨーファームの工東哲夫社長、松田騎手(右から)

    - 2013年2月9日十勝毎日新聞紙面より -

     【東京】昨年地方競馬で活躍した人馬を表彰する「NAR(地方競馬全国協会)グランプリ2012」が7日に都内で開かれ、ばんえい十勝の最強馬カネサブラック号が表彰された。

     カネサブラック(牡11歳、松井浩文調教師、主戦ジョッキーは松田道明騎手、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・坂井牧場)は、11年に続き2年連続、通算3回目の受賞。04年5月にデビューし、通算成績182戦71勝(うち重賞20勝は最多勝タイ記録)。今年1月2日の帯広記念、昨年9月の岩見沢記念、同6月の旭川記念を制覇するなど圧倒的な強さが評価された。

     松井調教師は「昨年は病気でばんえい記念に出走できなかったが、受賞できて大変うれしい」、松井騎手も「頑張ってくれて感謝している。自分も負けないように頑張りたい」と話した。(岩城由彦)

    << 前へ 1 2   

    表示件数 6-10  (全10件中)
    著作権 十勝毎日新聞社