΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2013年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年3月(16)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • レース体験などでPR ばんえい振興連協がセミナー [3/24]
  • 20個人・団体を表彰 今年度の優良農用馬生産者 [3/21]
  • オレノココロ初挑戦でV ばんえい記念 [3/21]
  • ばんえい記念でも善戦・キタノタイショウ引退へ [3/21]
  • 松田騎手が2000勝達成 [3/21]
  • 過去最高の5800万円売り上げ 20日のばんえい記念 [3/21]
  • 迫力のレースに味覚 ばんえい記念で盛況 [3/20]
  • あすばんえい記念、フジダイビクトリー連覇なるか [3/19]
  • 大一番、枠順決まる 20日に「ばんえい記念」 [3/17]
  • ばんえい本走路ヒーティング 15日に停止 [3/14]
  • センゴクエース史上初2連覇 ばんえいポプラ賞 [3/13]
  • 本命はセンゴクエース ばんえいポプラ賞 [3/11]
  • 「ばんえい記念」催し多彩 帯広競馬場で18から20日 [3/11]
  • 若駒2冠達成ホクショウムゲン ばんえいイレネー記念 [3/6]
  • ジェイワンなど有力、ばんえいG1イレネー記念予想 [3/4]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2013年2月26日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝を主催する帯広市は25日、来年度の開催日程を決めた。今年度と同じ153日間で、来年度は初めて、開幕日からナイターレースを行う。

     開幕は4月14日、最終日は来年3月24日で土、日、月曜日の開催。ナイターはインターネットでの発売が好調で、開催日数も今年度より17日増やし、11月18日までの95日に設定。全日程の6割がナイター開催となる。また、年始は来年1月1日から6日連続、最終開催は同3月21日から4日連続の変則開催となる。

     時間は原則的に今年度同様で、第1レースの発走時間はナイター開催が午後2時半、11月23日からのデイ開催は正午。ただ、中央競馬や他の地方競馬の開催状況などをみながら、「柔軟に調整していく」(市ばんえい振興室)としている。(高田敦史)


    「ばんえい記念」を最後に引退するカネサブラックと、管理に当たってきた高橋広道厩務員

    - 2013年2月26日十勝毎日新聞紙面より -

     今季限りで競走馬を引退するばんえい十勝のカネサブラック(牡11歳)。“現役最強馬”と称されるまでに成長した人気馬だが、デビュー前に付けられた落第馬の汚名を晴らしてきた裏には、素質を見抜いて育て上げた調教師らの姿があった。2年ぶりに出場する最高峰重賞「ばんえい記念」(3月24日)でラストランを迎え、引退後は網走の牧場で種馬として余生を過ごす。

     2004年4月、出走資格を懸けて2歳馬が受ける能力検査(能検)が行われた。カネサブラックも挑んだが、結果は不合格。集まった馬主からの評価は低かった。それでも、カネサブラックに騎乗した大河原和雄騎手は確信した。「体は小さいが、根性はものすごくある。必ず強くなる」

     2回目の能検で合格したカネサブラックはその後、服部義幸厩舎(きゅうしゃ)で、生まれつき小さな馬体を整えながらじっくりと育てられた。徐々に肩や胸、尻周りなど体全体に軟らかい筋肉が付き、デビュー当時は800キロ半ばしかなかった馬体重も1トンを突破。その後は村上慎一厩舎、現在の松井浩文厩舎へと移り、着実に勝ち星を積みげていく中で、ファンから「最強馬」と呼ばれるようになっていた。

     だが12年3月、正月の重賞を制覇して勢いに乗っていたカネサブラックをコロナウイルスが突然襲った。

     熱が上がり、食欲不振から1トン以上をキープしてきた馬体重はみるみる落ちて900キロ台に減少。連覇が懸かった3月末の「ばんえい記念」も欠場に追い込まれた。1カ月以上続いた厩舎一丸となっての看病もあり、復帰後初となる重賞「旭川記念」で5カ月ぶりに優勝し、帯広競馬場に最強馬の姿が戻ってきた。

     デビュー前から幾多の試練を乗り越えてきたが、松井調教師は高齢のため引退を決断した。ばんえい記念まで1カ月を切り、「最後のレースは勝って終わりたい」。松井調教師の調教にも熱が入る。(小縣大輝)

    カネサブラック 旭川市の坂井牧場で2002年3月30日に生まれ、04年5月にデビュー。通算成績は183戦71勝、うち重賞20勝はスーパーペガサスに並ぶ最多タイ記録。


    勝利騎手を表彰するセルダヘイ大使(右)

    - 2013年2月24日十勝毎日新聞紙面より -

    十勝食材を評価
     「フードバレー・シェフの会」の第1弾イベント「ハンガリーフェア」に合わせて来勝しているセルダヘイ・イシュトバーン駐日ハンガリー特命全権大使が23日、池田ワイン城や帯広競馬場などを視察した。

     十勝ワインを製造する池田町は、ブドウの苗木導入などでハンガリーとは縁が深く、午前中、同城を訪れたセルダヘイ大使は、町ブドウ・ブドウ研究所の内藤彰彦所長の案内で城内を見学した。

     ブドウの苗木保管庫や半世紀にわたり製造されたワインを保存している地下所蔵庫や発酵タンクが並ぶ醸造現場などを見て回った他、1979年に製造された「ツバイゲルト」や昨年産のブドウで仕込んだばかりの「山幸」などのワインを試飲した。

     午後は帯広競馬場や帯広畜産大学の原虫研究センターを視察。帯広競馬場では、帯広市ばんえい振興室の田中敬二室長からばんえい競馬の歴史や馬の特徴、レースの進行方法などについて説明を受けた。

     「駐日ハンガリー大使来勝記念」と題したレースでは、競馬の経験は多くないというセルダヘイ氏自ら馬券を購入してレースを楽しんだ。レース終了後はプレゼンターとして優勝騎手を表彰した。

     セルダヘイ氏は十勝について「冬の風景がハンガリーに似ていて非常に親しみを感じた。食材もハンガリーと共通するものが多く、料理はどれもおいしかった」と話した。(土屋航、平野明)

    - 2013年2月20日十勝毎日新聞紙面より -
     
     ばんえい十勝は、24日午後1時から帯広競馬場1階インフォメーション横で、同日のメーンレース「HTB賞ウインターカップ」に合わせて、HTBキャラクター「onちゃん」のぬいぐるみが当たるガチャポン抽選会を行う。子供連れの家族が対象で500円以上のレース発走前馬券が必要。先着50人。景品がなくなり次第終了する。

     また、同日は午前11時の開門と同時にオニオンスープを先着200人に振る舞う。



    - 2013年2月19日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広東小学校(今出富貴子校長、児童215人)の「東小冬祭り」が16日、同校校庭で行われた。同校スケートリンクの納め会を兼ねた催しで、12回目。集まった約100人の親子が一緒に遊び、地域の人たちが作ってくれた豚汁で体を温めるなど、冬の外遊びを満喫した。

     この日は、ばんえい十勝のPR馬「ミルキー号」が登場、児童らはミルキー号が引く馬そりに乗って校庭を回り、ニンジンを食べさせたり、背中に乗せてもらったりして大喜び。2学期に大阪から転入して、初の冬祭りとなった1年生の工藤さんは「寒いけど、雪で遊ぶのは楽しい」とにっこり。

     祭りには合宿で来帯中の東北大学アイスホッケー部の部員も飛び入り参加。ミルキー号に負けじと子供を乗せて氷の上でそりを引いたが、みるみるペースダウンし、脚力勝負はばん馬に軍配が上がった。合宿よりきつかった?!

    1 2 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全10件中)
    著作権 十勝毎日新聞社