΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2012年9月13日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市は12月に、ばんえい競馬の場外発売所を札幌市琴似に開設する。直営場外発売所は7カ所目で札幌圏では初。また、道営競馬の場外発売所でのばんえいの馬券発売日数が今年度当初見込みより15日間増えることも決まり、直営場外開設と道営競馬での発売日増などで、今年度の馬券発売計画(103億6500万円)を約2億円上方修正する。

     新たに開設する直営場外発売所は、ホッカイドウ競馬の場外発売所「Aiba琴似」(札幌市西区琴似2ノ1)のスペース。JR琴似駅から徒歩1分の商業ビル内の2、3階に2009年9月に開設された。

     椅子200席の他、自動発売機8台、有人の発売窓口2カ所、軽食コーナーなどもあり、市は道営が終了する11月中旬以降に引き継ぎ、システム調整などを行った後にオープンさせる。ばんえいの他に南関東競馬など他の地方競馬の馬券も発売する。

     また、道営競馬でのばんえい馬券の発売日数は、今年度当初は125日を予定していたが、道との協議で15日増の140日に。昨年度は東日本大震災の被災地応援で東北の地方競馬の発売日数を増やした影響で108日間にとどまったが、昨年度に比べ32日と大幅に伸びることになった。

     直営場外開設と道営場外での日数増によるばんえい馬券の発売額増は約1億6000万円、直営場外での他場発売による収入増は約4000万円の計画で、市ばんえい振興室は「直営場外はより多くの人にばんえいを知ってもらうきっかけにしたい。道営での日数増は非常に感謝しており、今後もいい協力関係を保ちたい」としている。(高田敦史)

    - 2012年9月11日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝を主催する帯広市は、来年度から帯広競馬場で日本中央競馬会(JRA)の馬券を発売できるようシステムを整備する。現在、十勝ではJRAの馬券発売所はなく、中央競馬ファンは電話・インターネットや管外の発売所などで購入している。中央競馬ファンにもばんえいに接してもらう機会を増やし、ばんえいの売り上げ増につなげたい考えだ。

     現在、全国の地方競馬では地方競馬全国協会(地全協)の補助事業を活用し、地方競馬の馬券発売情報をコンピューターで一元化する「共同トータリゼータシステム」の導入を推進。
     帯広競馬場は昨年8月に導入済みで、中央競馬の馬券発売へのシステム整備はこの補助事業の一環。市は発売したい意向をJRAに伝えており、今後JRAが帯広競馬場の施設や体制などを調査した上で、取り扱いの可否を判断する。

     同競馬場で中央競馬の馬券を扱うと、ばんえいの購入者が中央競馬に流れてしまう恐れもあるが、市ばんえい振興室では「全レースの販売ではなく、メーンに絞るなど売り方は検討していく」とし、十勝にも相当数いると見込まれる中央競馬ファンに、まずは競馬場に足を運んでもらうきっかけにしていく。(高田敦史)


    リッキー号との触れ合いを楽しむ本別中央小の児童

    - 2012年9月7日十勝毎日新聞紙面より -

     本別中央小学校(岩野真志校長、児童288人)で5日、NPO法人とかち馬文化を支える会専務理事の旋丸巴さんを招いた「馬の出前」授業が行われた。ばん馬のリッキー号も登場、4年生と特別支援学級の児童が馬との触れ合いを楽しんだ。

     本別では戦時中、旧軍馬補充部十勝支部があるなど馬文化に関わりが深く、同校の4年生40人が地域の歴史を学んでいること、同校教諭の実家(足寄町中足寄)でリッキー号が生まれた縁があることなどから、同校が初めて企画した。

     4年生は旋丸さんによる授業「北海道と馬の歴史〜本別から旅立った馬たちと共に〜」で地域と馬の関わりを学び、リッキー号と触れ合った。

     特別支援学級では「ホースセラピー」効果を期待され、児童10人がリッキー号の顔をなでたり、背中に乗る、背中で寝そべるなどして「温かい」「かわいい」「大きい」と歓声を上げた。リッキー号が引く馬車で校庭を1周し、ニンジンを与えた。

     旋丸さんは「大きくて温かく、安心できる動物で、子供は感性を刺激される」とホースセラピーの効果を話していた。(菊池宗矩)


    「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」への参加を呼び掛けるポスター

    - 2012年9月5日十勝毎日新聞紙面より -

    “力”で地域振興だ 
     10月13、14の両日、帯広競馬場で開かれる「2012とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)の開催概要が固まった。メーンは14日正午から開く「2012ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」で、主催者は出場25チームを募集している。

     同まつりは十勝の歴史ある馬文化を守り貴重な地域資源である「ばん馬」の振興を図ることで、地域活性化に結びつけるのが狙い。昨年度は1万980人が来場した。

     「人間ばん馬−」は賞金総額134万円。優勝賞金88万円で、順位賞やパフォーマンス賞、ラッキー賞に加え、今年はブービー賞も新設した。来場者は優勝チームを予想、当選者を対象に抽選会も行う。

     20歳以上の男女6人(騎手1人と引き手5人)で、騎手は女性。出場申込書に所定事項を記入の上、郵便(〒080−8711 帯広市西3南9ノ1 帯広経済センタービル5階 帯広商工会議所産業振興部商工観光課)かファクス(0155・25・2940)、電子メール(mizuguchi@occi.or.jp)で申し込む。申込書は帯商のホームページからダウンロードできる。

     参加無料。18日午後5時締め切りだが、応募多数の場合は先着順。「十勝の力自慢の方々は、ぜひ結集してほしい」と参加を呼び掛けている。

     同まつりではこの他、ステージでさまざまなショーを実施。飲食や物産販売コーナーも設置される。問い合わせは帯商(0155・25・7121)へ。(植木康則)


    セレモニー終了後、笑顔でファンの声援に応える藤本騎手(塩原真撮影)

    - 2012年9月4日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の藤本匠騎手(50)=岩本利春きゅう舎=が3日、第11レースでグランドペガサス号(牡6歳、大友栄人調教師)に騎乗して勝利、“ミスターばんえい”と呼ばれた金山明彦氏(1999年騎手引退、現在調教師、通算3299勝)のばんえい史上最多勝利記録を13年ぶりに塗り替える3300勝の大記録を達成した。帯広競馬場は歓喜と声援に包まれた。

     記録達成まで残り3勝で迎えたこの日、藤本騎手は第5レースにヤマノウンカイ号(牝3歳)で先行逃げ切り、第9レースではレインボーライデン号(牝5歳)で接戦の末、勝利を収めた。

     金山氏が持つ3299勝に並び迎えた第11レース。「リラックスして臨めた」と話していたように、騎乗馬は第2障害を1番手で抜けるとそのまま独走、観客の「藤本行けー」という声援の後押しも受け、最後まで他の馬を寄せ付けなかった。「馬の能力を引き出す完璧な騎乗ができた」と、振り返り、馬に感謝した。

     田中敬二市ばんえい振興室長は「レースでの気合いがいつもとは違った」、ばんえい競馬馬主協会の赤堀幸英会長は「次は3500勝に向けてさらなる励みを」とたたえた。調教師会会長の金山氏は「(藤本騎手は)若い時から弟子みたいな存在だったので、『おめでとう』と言いたい。看板ジョッキーとして今後の記録更新に期待している」と話していた。

     1983年の初騎乗から29年、大きなけがもなく、結果を積み上げてきた。大勢のファンの前で達成セレモニーが行われ、藤本騎手は「馬主さん、調教師、厩務員、そして家族。皆の支えがあったから達成できた。ばんえい競馬で最も多い2万5300回以上という騎乗数を与えてくれたことにも感謝している。これからもファンの期待に応えられるレースを」と語った。(小縣大輝)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全11件中)
    著作権 十勝毎日新聞社