΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


    - 2012年9月26日十勝毎日新聞紙面より -

     人気お笑いコンビ・ハイキングウォーキングの松田洋昌さんと鈴木Q太郎さんが21日、帯広競馬場でばんえい競馬の騎乗体験をした。

     テレビの特番収録で訪れた2人は、毎週金曜日開催の模擬レースの後に2頭立ての特別レースで勝負。250人を超える観客が見守る中、本物のジョッキーが操るそりの前に座り、ばんばの迫力を間近で体感した。

     「『どん』と持って行かれる迫力がすごかった」(松田さん)、「パワー、迫力が半端なく伝わってきて、北海道を耕してきた歴史を感じた」(鈴木さん)と圧倒された様子の2人。敗者が勝者の乗ったそりをひく罰ゲームも収録された。放送予定は11月10日午後1時半からSTVで。どちらが勝ったかは当日のお楽しみ−。

     
    競馬場で秋まつり
    2012年9月24日(月)

    秋まつりを楽しむ家族連れ

    - 2012年9月24日十勝毎日新聞紙面より -

    ばん馬パンなど 来場者に配布
     馬肥ゆる秋まつり(ばんえい競馬馬主協会イベント本部主催)が23日午後2時から、帯広競馬場南側イベント広場で開かれた。

     馬券購入者対象に先着で、イベント限定の「ばん馬パン」や「ばん馬おやき」、サケ鍋などをプレゼントした他、ピザチーズ味など6種類の揚げかまぼこを販売した。同3時半からはジャガイモやタマネギの詰め放題が行われた。

     北広島市から家族3人で初めてばんえい会場を訪れた田村香織さん(34)は「祭りでばん馬パンをもらった。レースも会場内のおいしい食べ物も楽しんで帰りたい」と話していた。(山岡瑠美子)



    - 2012年9月21日十勝毎日新聞紙面より -

     「北海道和種馬(ドサンコ)祭」(NPO法人とかち馬文化を支える会主催)が22、23の両日午後1時10分〜同4時、帯広競馬場南側イベント広場で開かれる。北海道の開拓を支えたドサンコの背中に荷物を載せる「駄付(だんつけ)」の実演やパレードなどを実施する。

     23日午後2時からは「馬肥ゆる秋まつり」(ばんえい競馬馬主協会イベント本部主催)を同会場で開催=写真。馬券購入者対象に、イベント限定の「ばん馬パン」(200食限定)などをプレゼントする。

     この他、ジャガイモとタマネギの詰め放題や秋の味覚を取りそろえた食の実演販売も行うことになっており、競馬場で馬と食を満喫しよう!

    - 2012年9月20日十勝毎日新聞紙面より -

     人気お笑いコンビ「ハイキングウォーキング」が21日、帯広競馬場で旅番組の公開収録を行う。2人が実際にばんえい競馬に騎乗し、罰ゲームを懸けて対決する内容で、市では「収録にも参加できるので多くの人に来場してもらいたい」と呼び掛けている。

     STV系列の特別番組ので、帯広競馬場では毎週金曜日に実施している模擬レースの様子を収録する。

     模擬レースは午後1時から受け付けで、出走は同1時20分。続いて同1時半からハイキングウォーキングが騎乗して対決する。罰ゲームは同2時から。模擬レースは通常通り予想に参加できる。(高田敦史)




     
    ニュータカラコマ制す 銀河賞
    2012年9月17日(月)

    猛烈な追い込みを見せ、重賞制覇を果たしたニュータカラコマ(藤野俊一騎手)

    - 2012年9月17日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は16日、「第20回銀河賞」(4歳オープン・BG2)を行い、単勝5番人気のニュータカラコマ(牡、藤野俊一騎手、生産者・北村治嘉さん、馬主・佐藤久夫さん)が2歳馬頂点を決める「イレネー記念」以来となる悲願の重賞制覇を果たした。

     序盤から2番人気のフジダイビクトリー(牡、入澤和也騎手)がレースを引っ張り、第2障害を1番手で抜け、ブラックパール(牝、藤本匠騎手)などが後に続く展開に。障害に難があるニュータカラコマは、坂の中腹で1度止まったが慌てることなく、2回目で突破。5番手で障害を抜けると、そこから猛烈な追い込みを見せ、ゴール手前20メートルで先頭に踊り出た。勝ちタイムは2分11秒。

     2011年の「イレネー記念」優勝後、重賞競走では勝ち星に恵まれることのなかったニュータカラコマ。長期休養後も課題となる障害に苦戦を強いられてきたが、今回藤野騎手との息の合った騎乗で、本来の力を発揮するレースを見せた。藤野騎手は「障害をうまく越せるかがポイントだった。良い位置取りで障害を抜けることができたので、『勝てる』と感じた。これからもぜひ応援を」と話していた。(小縣大輝)

    1 2 3 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全11件中)
    著作権 十勝毎日新聞社