΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    競走馬デビューを目指して能力検査に臨む2歳馬(山下僚撮影)

    - 2012年4月9日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は8日、帯広競馬場で競走馬へのデビューを目指す2歳馬の今年度第1回能力検査を行った。出走186頭(前年度159頭)のうち合格したのは124頭(同120頭)、合格率は66・7%(同75・5%)だった。トップタイム(一番時計)はコブラウンカイ号の1分57秒6で、唯一の1分台を記録した。合格した馬は21日の開催日から順次デビューする。

     コブラウンカイ号は根室管内標津町産駒。牡の鹿毛で、調教師の松井浩文厩(きゅう)舎に所属し、藤野俊一騎手が騎乗した。

     松井調教師は「生まれたときから体が大きく注目していた。一番時計は名誉」、藤野騎手は「この時期にこれだけの馬体があれば立派。今後に期待したい」とのコメントを出した。

     検査は2カ所の坂(障害)がある全長200メートルの直線コースで全20レースを行い、調教状況やレースタイムを審査した。第2回能力検査は20日で、10月までに計14回行われる。(中津川甫)

    - 2012年4月9日十勝毎日新聞紙面より -

    ネット販売好調
     ばんえい十勝は9日午前10時、帯広市役所で2012年度の開催計画を発表した。本場(帯広競馬場)での馬券販売が伸び悩む中、インターネットでの販売が好調なナイター開催を11年度より24日増やし75日間とするほか、7重勝式勝馬投票券の新規導入などで、発売額は11年度実績とほぼ同等の103億6500万円を目指す。旭川市の「コンピューター・ビジネス」(CB)による業務受託の初年度で、市の委託業務も大幅に見直してコスト削減、収支均衡を図る。

     開幕は14日で、期間は来年3月25日までの26開催153日間。11年度より1日減るが、ナイター開催(5月12日〜10月29日)を増やし、昨年8月に導入した3連勝式馬券の通年販売や首都圏の競馬ファンへのPR強化などで、ネット販売を含む電話投票の発売を前年実績比15%増の44億6800万円を見込む。本場は同15%減の17億800万円。

     コスト縮減では、競馬事務委託範囲を細分化。公平性確保に関する業務のみだった市の直接負担を、電話投票の発売業務委託など多くの分野に拡大し、市の直接委託で受託業者による再委託で生じたコストを圧縮、削減できた経費を報償費に充てる。記者会見で市ばんえい振興室の田中敬二室長は「CBとの協力で全国の競馬ファンへの浸透を図りたい」とし、CBの西館学事業推進課長は「旭川市でお付き合いいただいている企業からもエールをもらっている。皆さんの協力で売り上げを向上させファンを増やしたい」と話した。(高田敦史)

    - 2012年4月7日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬を主催する帯広市は、最高峰の重賞レース「ばんえい記念」(2013年3月24日)の馬主に対する1着賞金を、500万円から300万円に減額する方針を固めた。今年度の調教師、騎手、厩(きゅう)務員の報償費は原則年間固定制に移行する。騎手と厩務員にはナイター開催の一部期間に報償費を1000円加算する措置も新設する。

     ただ市は報償費の原資となる馬券発売額の今年度目標額(103億円強)を超えた場合、ばんえい記念の賞金や報償費を増やす考えも示している。逆に目標額に届かなかった場合、報償費は従来と同様、発売額に応じた変動制に戻す方針。

     ばんえい記念の1着賞金は、ばんえいのレースの魅力を示すバロメーターになっており、02年度以前は1000万円だった。経営悪化などに伴い、03年度から700万円、市単独開催に移行した07年度以降は500万円に減額していた。

     今年度の重賞25レースでばんえい記念に次いで賞金が多いのは100万円(11年度110万円)。ばんえい記念の1着賞金が飛び抜けて大きいため、競馬関係者の意見も踏まえて金額を減らし、馬主の出走手当を現状維持する。

     報償費では馬主の出走手当や着外手当のほか、調教師(1着9000円)、騎手(同6000円)、厩務員(同2000円)の各奨励金とも前年度当初と変更はない。新設の騎手や厩務員の1000円加算措置ではナイター開催の計24日間(5月12日〜6月11日、10月13日〜同29日)の後半5レースのみを対象とする。

     市ばんえい振興室は「馬券発売が目標以上になれば、ばんえい記念の1着賞金を500万円に戻すことも考えたい」としている。(中津川甫)


    今季デビューを目指し西弘美調教師がトレーニングする「白馬姫」(6日午前7時半、塩原真撮影)

    - 2012年4月6日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬史上初の白毛馬(牝2歳、生産者は浦幌町・北村俊明さん)が今季デビューに向けてトレーニングを重ねている。競走馬名は未定だが「白馬姫」が愛称。全身白毛で右目が青いアイドルホースに競馬関係者とファンは熱い視線を注いでいる。

     西弘美調教師(53)が6日朝、帯広競馬場で白馬姫の調教に繰り出した。黒色や茶色などの毛並みのばん馬がかっ歩する中、純白の白毛がひときわ目を引く。淡い桜色の肌が露出した部分以外は、眉毛までも白。西調教師は「落ち着きがないところもあるが、性格は真面目で一生懸命」とかわいがる。

     白馬姫の両親は鹿毛だが、生まれた時から白い毛並みで突然変異という。20日以降の能力検査に合格すれば、競走馬として早ければ5月にも出走できる予定だ。


    左から鈴木副会長、皆川副会長、金山会長、松井副会長

     4月2日に競馬場で、ばんえい十勝調教師会の総会が開かれ、ミスター-ばんえい金山明彦調教師が新会長に選ばれました。

     副会長はミルキー号の鈴木先生、娘さんらと家族挙げて馬を飾ることで有名な皆川先生、そしてカネサブラック号、フクイズミ号の松井先生と、豪華メンバーがそろいました。

     「女性市議会議員との懇談会で『女性もばんえいソリに乗ってみたい。気軽に行ける競馬場に』と意見を聞いた。ばんえいチャレンジレディースデイも考えたい」と金山新会長。騎手時代に史上最多3299勝のミスターは健在です。(カスリの横田)

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全22件中)
    著作権 十勝毎日新聞社