΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    あす「ばんえい十勝」開幕
    2012年4月13日(金)

    大歓声の中で熱い戦い繰り広げるばんえい競馬(3月25日、金野和彦撮影)

    - 2012年4月13日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市単独開催6年目のばんえい十勝が昨年より2日早く14日、帯広競馬場で開幕する。競馬関係者が午前10時の開門に合わせて出迎え、先着300人に馬の蹄鉄(ていてつ)をあしらったパンを進呈する。同11時半に第1レースがスタートし、白熱した競走を展開する。今年度開催は、毎週土・日・月曜日(一部除く)に行い、来年3月25日までの153日間。うちナイター開催は75日間(5月12日〜10月29日)。競馬場敷地内の観光交流拠点施設「とかちむら」では通年で十勝のグルメやスイーツ、産直野菜を販売する。(中津川甫)

    交通アクセス
     帯広競馬場(帯広市西13南9)はJR帯広駅から約2キロ西に位置し、車で約7分の距離にある。競馬場南側の市道白樺通(競馬場通)に面した正門から入る。駐車場は正門北東側と、白樺通を挟んで南側の2カ所。バスはJR帯広駅バスターミナル12番乗り場から「競馬場」停留所で下車、大人190円、子供100円。とかち帯広空港から帯広競馬場前までの直通バス運賃は1000円になる。
    レース時間・入場料
     競馬場の開門は午前10時。第1レース発走は午前11時半、最終(第12)レース発走は午後5時40分。5月12日からのナイターは開門午後1時10分、同2時半にレース開始、同8時40分に最終レースが発走する。時間は日によって変更する場合もある。入場券売り場で1人100円(中学生以下無料)を払い、近くで予想紙(競馬ブック、バンエイ金太郎)も購入できる。
    エキサイティングゾーン
     走路(直線200メートル)に並行して設置されている柵付近のエリアを指し、ばん馬と一緒に歩いて観戦できるのが魅力。レースは第1障害(高さ1メートル)を経て、第2障害(高さ1・6メートル)が最大の関門。山を越えるパワーをどう温存し、いつ勝負に出るかは騎手の腕とセンスの見せどころだ。ゴール前40メートル地点から30メートル間は50センチの上り勾配がある「砂障害」で、最後の競り合いも熱を帯びる。
    とかちむら
     入場券売り場手前には入場無料の観光交流拠点施設「とかちむら」がある。敷地内は「産直市場」「スイーツ&セレクト」「キッチン」の3ゾーンに分かれ、各店舗で新鮮な野菜やグルメ、ケーキ、菓子、ドリンクなどを販売している。21、22の両日午前10時〜午後3時は初のフリーマーケットを開催するなど、各種催しを随時計画している。

    馬券の買い方
     ■3連単など7種類
     ばんえい競馬が発売する馬券は(1)単勝式(単勝)(2)複勝式(複勝)(3)馬番2連勝複式(馬複)(4)馬番2連勝単式(馬単)(5)馬番3連勝複式(3連複)(6)馬番3連勝単式(3連単)(7)5重勝単勝式(インターネット限定販売)−に分かれる。馬券購入は20歳以上に限られ、競馬場内の発売窓口付近に置かれているマークシートの枠を埋めて100円(1票)から購入できる。

     ■配当は確実派、高額派?
     「必ず的中したい」という初心者は、3着までに入る馬を当てる「複勝」が最も確率が高くお薦め。1着になる馬を当てる「単勝」は最多出走の10頭立てレースでも、10分の1の確率のため当てやすい馬券だ。ただ的中が簡単な馬券ほど配当が低い傾向にある。

     「最少限の投資で一獲千金を狙いたい」という勝負師は、難易度が高い3連単に挑もう。1〜3着になる馬を順番通りに当てる賭け式で、馬券100円に対して、過去最高配当額は171万9320円。万馬券(100円で1万円以上配当)も多い。1〜3着になる馬を順番に関係なく当てる「3連複」も比較的に配当は高くなっている。

     3連単を上回る配当が出る可能性があるのは、ネット販売限定の5重勝(購入方法ばんえい十勝のホームページ参照)だ。指定する5レースの1着を当てる賭け式で、過去には1000万円強の高額配当も出ている。今年度中には指定7レースの1着を当てる「7重勝」導入も検討している。

     ■本紙、かちモバに予想
     予想紙、スポーツ紙、前日の十勝毎日新聞スポーツ欄には予想が掲載されている。予想の印は「◎=勝率が高い本命馬、○=勝つ可能性がある対抗馬、▲=逆転勝利する可能性がある馬、△=穴馬」を意味する。

     携帯電話サイトの「かちまいモバイル」(愛称・かちモバ、月額315円、http://kachimai.mobi/)では全レースの予想を掲載している。ばんえいを長年分析している専門家・小寺雄司さんの予想に注目だ。



    - 2012年4月11日十勝毎日新聞紙面より -

     14日に開幕する今年度ばんえい競馬のPRポスターが完成した。デイレース(昼間)とナイトレース(夜間)の模様を対比して描き、開催日も掲載した。

     写真には人気馬のナリタボブサップ号などを採用し、昼は「明々と」、夜は「煌々と」と短いフレーズで表現した。今年度のナイター(5月12日〜10月29日)は前年度より24日多い75日間開催。デイは4月14日〜5月7日と11月3日〜来年3月25日。

     B2版、2000部作製。「町村や観光施設、ホテルなどに配布する。ばんえい競馬は昼と夜で面白い顔が二つあるので、ぜひ来てほしい」とばんえい十勝広報の徳田奈穂子さん。帯広市単独開催6年目を迎え、厳しい経営の中で存続できているのは、彼女ら裏方の奮闘のおかげ−。




    能力検査で唯一の1分台を記録し、一番時計になったコブラウンカイ号(左は松井調教師、右は川村厩務員)

    - 2012年4月11日十勝毎日新聞紙面より -

    唯一の1分台 「二番」はイチリュウヒメ
     8日に帯広競馬場で行われたばんえい競馬の今年度第1回能力検査で、一番時計(トップタイム)となったコブラウンカイ号(松井浩文厩舎=きゅうしゃ)が早期デビューに向けて着々と鍛錬を積んでいる。出走馬で唯一の1分台となる1分57秒6を記録し、二番時計のイチリュウヒメ号(2分3秒7)を大きく引き離した。能検は競争馬デビューを果たすための試験で、今回は2歳馬186頭が出走、合格馬124頭(合格率66・7%)のうち2分台は55頭、3分台は53頭、4分台は15頭だった。21日の開催日から順次デビューする。(中津川甫)

    ライバルを圧倒一人旅でゴール 22日にもデビュー
     一番時計のコブラウンカイ号は驚異的なパワーで最速タイムを刻み、同期のライバルたちを圧倒した。能検の15レース目(馬場水分1・7%)。8頭立てのレースで2着のアアモンドクリボー号(2分26秒9)を約30秒も引き離し、競り合う敵がいない「一人旅」の状態でゴールした。

     所属厩舎の松井浩文調教師は「体重が900キロ以上あり、かなりの力がある。馬主(佐藤久夫氏)や厩務員が立派に育ててくれた。本番のレース経験はまだ1回だけだが、間違いなくAクラス(上級)の馬になる」と強い期待を寄せた。

     コブラウンカイ号は根室管内標津町生まれ。牡の鹿毛で、馬体が大きく眉間にある白模様が目印だ。生産者は山崎勇氏で、父はウンカイ号、母はヤマノリキヒメ号。母方の父親(祖父)はコブラテンリュウ号で、松井調教師が育てた名馬フクイズミ号(3月引退)の父に当たり、血統が優れている点が強さの秘訣(ひけつ)にあるという。

     日常から面倒を見ている川村豊一厩務員は「真面目で言うことをよく聞くし、素直で頭も良い。レース展開も文句無い。重賞レースに早く出て1着を狙わせたい」と熱い視線を注ぐ。早ければ22日にもデビューする予定で、フクイズミ号の後継馬になれるか、ファンにとっては将来の活躍が楽しみな馬になりそうだ。

     ばんえい十勝の経営状況(2011年度)について、注目すべき点は3点あると考える。

    (1)売り上げ減だが健闘していると見るか 
    2011年度の売り上げ(103億6000万円)は前年度比約2%減、1日当たりでは約4%減で、この数字は地方競馬の中でも健闘していると見るか。

    (2)本場に人は来たが、売り上げが大幅に減ったことをどう見るか
     帯広競馬場には前年度並み(99・34%)の24万6000人が来た。しかし馬券の売り上げは5億8000万円減り、1人当たりの購買額も2割減った。NHKドラマなどの影響で観客は集まったが、馬券を買うコアなファンは減っている。でも人が来たことは良しと見るか。

    (3)オッズパークの販売額が、ついに本場売り上げを超えた
     オッズパークの売り上げ(28億7000万円)は、帯広競馬場(本場、20億1000万円)を初めて上回った。(競馬モールも含め)ネット販売は全体の約4割を占める。

     ネットでの売り上げ確保のために、今季はナイターが大幅に増える(24日増の75日間、5月12日から10月29日まで)。競馬場は寒いのにナイター、競馬関係者も夜の競馬が終わったと思ったらすぐに朝調教と、つらい生活が続く。

     新年度の開催計画では、新馬競走への付加賞金(計1050万円)、生産者賞の支給(1400万円)で馬主・生産者対策が取られたことが救いだ。競走馬の減少でレースが組めない恐れが出ており、馬の確保は緊急の課題である。

     厳しい話ばかりで、ゴメン。でも現実から目をそらしてはいけない。データを見詰めて考え続けなければ、馬券予想も競馬全体の経営も見通せない。(カスリの横田)


     
    帯広東小入学式にリッキー登場 
    2012年4月9日(月)

    リッキーの出迎えに笑顔を見せる新1年生

    - 2012年4月9日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広東小学校(今出富貴子校長、児童214人)では、新1年生30人に交通安全を呼び掛けようと、ばんえい競馬のPRで活躍する市特別嘱託職員の「リッキー号」が駆け付けた。

     市や帯広署、十勝総合振興局、市交通安全推進委員連絡協議会東支部などから約30人が参加。米沢則寿市長らが交通安全セットを配り、真新しいランドセルに黄色いランドセルカバーを付けた。新1年生はリッキーの出迎えにうれしそうな笑顔を浮かべ、及川君(6)は「信号(機のあるところ)を渡って交通安全に気を付けたい」と話していた。(澤村真理子)

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全22件中)
    著作権 十勝毎日新聞社