΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 大一番のレース 騎手が意気込み [5/28]
  • 馬車や抽選会 帯広競馬場で28日にイベント [5/24]
  • ばんえい競馬、競走用のそり更新 [5/23]
  • ばんえいの再起一冊に 帯広市単独開催10年 [5/20]
  • 「ばん馬まつり」継続 帯商青年部が引き継ぎ [5/16]
  • ばんえい十勝ビアガーデン、13日オープン [5/12]
  • 資源循環型の生産活動PR うまちかで協議会 [5/9]
  • ばんえいフェアプレー賞、ばんえいアワード表彰式 [5/8]
  • 大道芸や吹奏楽演奏、うまちか2日目もにぎわう [5/6]
  • 松井調教師1000勝 [5/2]
  • コウシュハウンカイ圧勝 ばんえいオッズパーク杯 [5/1]
  • オレノココロ有力 ばんえいオッズパーク杯予想 [4/29]
  • 30日 オッズパーク杯 別府騎手トークショー 帯広競馬場 [4/29]
  • 騎手の意気込みを生の声で 29日からジョッキーシャウト [4/28]
  • GWに帯広競馬場でグルメイベント「うまちか」 [4/26]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    後続を引き離しオッズパーク杯を制したホッカイヒカル(阿部武臣騎手)

    - 2012年4月30日十勝毎日新聞紙面より -

    重賞は4年ぶり
     ばんえい十勝は29日、今季初の重賞レース「オッズパーク杯」(4歳以上オープン)を行い、3番人気のホッカイヒカル(阿部武臣騎手)が出走10頭の中で唯一2分台を切る1分58秒2で制した。重賞制覇は2008年6月1日の柏林賞オープン以来3年11カ月ぶり。2着はホクショウダイヤ(藤野俊一騎手)、3着はカネサブラック(松田道明騎手)だった。馬場水分は2.4%。配当は単勝400円、3連単4050円となった。馬主への1着賞金は70万円。(中津川甫)

    3番人気も大差で快勝 「イチかバチか」奏功
     ニシキダイジン、フクイズミ引退後の今季初の古馬重賞戦は、1番人気のホクショウダイヤ(牡9歳)と2番人気のカネサブラック(牡10歳)に前評判が集まる中、ホッカイヒカル(牡8歳)が第2障害をトップで通過し、頭一つ抜け出して最後まで逃げ切った。古馬の重賞制覇は初で、自信を付ける結果となった。

     ホッカイヒカルはスタートダッシュが苦手で、先頭を走る馬に食らい付き、第2障害後に追い抜くレース展開を得意としてきた。オッズパーク杯もホクショウダイヤやカネサブラックに粘り強く並走していく戦略だったが、阿部武臣騎手は第2障害で「イチかバチかで前に出た」と振り返る。

     第2障害をいち早く抜けた後は後半戦に強い馬らしく追い上げを許さず、2着のホクショウダイヤに約9秒も差を付けて勝利した。坂本東一調教師は「最高のレース。うれしいに尽きる」と満面に笑みを浮かべた。

     鹿毛のホッカイヒカルは2004年4月、釧路市生まれ。馬主は北角重雄さん。レース時の体重は1085キロだった。次は古馬の重賞「旭川記念」(6月17日)に照準を合わせていく。

     阿部騎手は「騎乗した4年前の重賞勝利後も(見限らず)声を掛け続けてきたので余計にうれしい結果。年齢を考えると、今年が勝負。1つでも重賞で勝ち続けたい」と力強く誓った。


    人間ばん馬をPRする西島会長、小野寺係長、三好部長(右から)

    - 2012年4月30日十勝毎日新聞紙面より -

     オホーツク管内置戸町観光協会の西島勝司会長が28日、帯広競馬場を訪れ、6月24日に同町で開かれる「第36回おけと山神祭人間ばん馬」をPRした。

     町商工会の三好秀市青年部長、町産業振興課の原忠課長、小野寺孝弘係長が同行した。大会では全長約80メートルのコースで丸太を積んだ鉄製そりを引き、優勝賞金は6人一組の5人引きが50万円、8人一組の7人引きが20万円。西島会長は「ばんえい競馬とリンクさせ、地域おこしにつながれば」と期待している。

     当日は市特別嘱託職員の元競走馬「リッキー号」が現地に派遣され、ばんえい十勝をPRする。過去16回の出場経験を持つ小野寺係長は「置戸には力自慢が多い。1人では引けない重さを、チーム一体となって引くことが魅力」と話した。

     参加費は選手1人1000円。一部は東日本大震災の復興支援に充てる。申し込みは6月8日までに町商工会(電話0157・52・3520、ファクス0157・52・3523)へ。(中津川甫)


     
    ばんえい第2障害砂入れ替え
    2012年4月25日(水)

    砂の入れ替えが行われた第2障害

    - 2012年4月25日十勝毎日新聞紙面より -

    全コース作業が完了
     帯広競馬場で24、25の両日、走路にある第2障害(高さ1・6メートル、幅16メートル)の砂の入れ替え作業が行われた。今月上旬には第1障害(同1・0メートル、同9・3メートル)など大部分で作業を終えており、全コースで砂の入れ替えが完了した。

     砂はレースを重ねるたびに粒子が摩耗して抵抗力が落ちるため、スピードが出やすい軽い馬場になる傾向がある。入れ替えは、ばんえい競馬特有の力強さを競うレースの魅力を引き出す狙いがある。

     走路は全長200メートル。第1、2障害のほか、ゴール前40メートル地点から30メートル間は50センチの上り勾配の「砂障害」も設けられている。(中津川甫)

     
    菊池騎手が100勝
    2012年4月24日(火)

    通算100勝を達成した菊池騎手(23日、第7競走で)

    - 2012年4月24日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の菊池一樹騎手(25)が23日、第7競走で通算100勝(423戦)を達成した。デビューから3年3カ月目。

     菊池騎手は1986年10月、岩手県北上市生まれ。2009年1月に初騎乗(キョウェイボーイ号)し、同年2月に初勝利(カイセイフィーバー号)した。100勝達成はサカノテツワン号に騎乗して成し遂げ、今季は16戦2勝となった。

     菊池騎手は「今はまだ新人騎手の特権(ばんえい重量10キロ軽減)が付いているので、今年度10勝するまでは有効にハンデを生かしたレースをしたい。なくなってからが(ベテラン騎手と同一条件となり)勝負」とコメントを出した。

     新人騎手の特権は、免許取得5年以下で通算勝利数50勝以上100勝未満の場合に適用されている。(中津川甫)


    第2障害を突破するハクバビューティー号(右は西騎手)

    - 2012年4月21日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬の競走馬を目指す2歳馬の第2回能力検査が20日、帯広競馬場で行われ、白毛馬のハクバビューティー号(西謙一騎手)が合格した。白毛の競争馬誕生はばんえい競馬史上初めて。今月下旬から来月にかけてデビューする予定。

     ハクバビューティー号は第4競走に出走。競馬場のエキサイティングゾーンでファンや馬主らがレースを見守る中、ハクバビューティー号は第2障害の突破に苦戦したものの、観客の声援を受けて無事完走。タイムは3分32秒8で、7頭中5着だった。

     ハクバビューティー号を生産した浦幌町の北村節子さん(70)は「最後まで行けるか心配だった。ゴール直前での皆さんの拍手がうれしかった」と愛馬の完走を祝福。夫俊明さん(69)も「自分としては宝のような存在なので、どきどきしたが、一生懸命走ってくれた」とほっとしていた。

     第2回能検には2歳馬65頭が申し込み、51頭が合格した。(中津川甫、小縣大輝)

    1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全22件中)
    著作権 十勝毎日新聞社