΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 1041
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
      競馬場ストーリー
    ニシキダイジン有終の美、ばんえい記念で2年ぶり優勝
    2012年3月26日(月)
     
     ばんえい十勝は25日、最高峰の重賞「第44回ばんえい記念」(BG1)を行い、2010年の覇者で1番人気、十勝産駒のニシキダイジン(牡11歳、村上慎一調教師、鈴木恵介騎手、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)が終始先手を取る戦いで独走して圧勝した。タイムは2分34秒0(馬場水分5・1%)。

     2着には第2障害3番手から得意の末脚を生かして追撃した3番人気のフクイズミ(牝11歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)が入った。上位2頭はこれが引退レースで、共に有終の美を飾った。3着は2番人気のナリタボブサップ(牡10歳、槻舘重人調教師、安部憲二騎手)だった。

     前日からの降雪で馬場水分が上がり、軽い馬場となった。スタートから②ニシキダイジンが積極的に前に出て、第2障害まで6回の休みを刻んだ。障害も真っ先に仕掛けて4腰でクリア、後続を引き離し、ゴールまで休みなしに独走、余裕の勝利を収めた。2番手で降りた③ナリタボブサップをはるか後方の3番手から追った⑥フクイズミがゴール10㍍手前で差し切り、劇的な2着だった。優勝タイムは第7回(1974年、岩見沢)の2分26秒9、第8回(75年、帯広)の2分29秒7に次ぐ高速レースだった。(横田光俊)

     ◆イレネー記念、ばんえい記念を同年度に優勝、史上初の快挙

     新馬の頂点を決めるイレネー記念(11日、優勝馬ニシキエーカン)に続いて、同じ騎手・調教師・馬主のニシキダイジンが制する史上初の快挙だった。馬主の仙頭富萬さんは「今年は最高の年。ニシキダイジンの花道を飾れたし、後継馬も出てきた」と2年ぶりのばんえい記念優勝関係者の記者会見の席で笑顔を見せた。

     「10歳を超えてから明らかに衰えてきた」(仙頭さん)というニシキダイジンを、担当厩務(きゅうむ)員の柳剛英信さんが軽い重量のそりで「ほかの馬の2倍以上、毎朝2時間から2時間半の調教で心肺能力を鍛えた」(村上調教師)と言う。人間で言えば40歳代後半で往年の馬力はないものの、第2障害を降りてからの脚は「本当にすごい、止まらなかった」(鈴木騎手)と乗り手も脱帽する持久力を発揮した。

     1㌧のそりを引きながらも第2障害を難なく越える馬の才能は「独特のものがある。この馬は空腰(からごし、障害に挑んでも進まないこと)がない。必ず1歩、2歩と脚を進める」(仙頭さん)と、真面目な性格そのものが、最後の大一番でも生かされた。鈴木騎手は「山(障害)は心配ないから、前半から先手先手で攻めた。越えた瞬間、これで何とかなると思った」と勝利を確信する優勢な戦いを展開することができた。

     まだまだ勝てる実力を持ちながら引退する。「帯広競馬場に向いている馬だった。限界は来ている。(繁殖牡馬に)下げてやらないといけない時期だ。幕別町の村田牧場に預けて、良い子を期待している」(仙頭さん)と次の歩みに踏み出す。

     鈴木騎手は名手の義父(勝堤さん、2010年11月騎手引退)も果たせなかった「ばんえい記念」優勝を果たした。4年連続最多勝(リーディング)騎手を確実にし、今季これで245勝と年間史上最多勝記録を更新しているトップジョッキーでも「ばんえい記念を勝てて、やっとこれで一流になれた」と表彰式で涙ぐんだ。来季の目標は「リーディングとばんえい記念」と宣言した。

     馬の左2人目が馬主・仙頭さん、馬の右が村上調教師





    著作権 十勝毎日新聞社