΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    リッキーの携帯クリーナを販売
    2012年2月4日(土)

    リッキー号の顔をかたどった携帯電話クリーナー

    - 2012年2月4日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で人気のばん馬「リッキー号」の顔をかたどった携帯電話クリーナー(525円)が、帯広競馬場内の売店「リッキーハウス」で販売されている。

     馬の口の部分に指を入れ、携帯電話の液晶画面をこすって汚れを取る。携帯電話のストラップとして取り付けることもできる。商品を企画したプラン82の清原三枝子代表は「馬に指がかまれたように見えるユニークなデザインに仕上がった」と出来栄えに満足。

     クリーナーは2000個を製作した。清原代表は「リッキーは子供に人気があるので、定番商品として定着してほしい」と話す。愛嬌(あいきょう)のある表情に“一番人気”は間違いなし!? 

     
    カネサブラック、島津騎手ら表彰
    2012年2月4日(土)

    カネサブラック号の関係者ら。左から松田騎手、松井調教師、茂木社長、仲田理事長
    - 2012年2月4日十勝毎日新聞紙面より -

     【東京】昨年地方競馬で活躍した人馬を表彰する「NAR(地方競馬全国協会、仲田和雄理事長)グランプリ2011」が2日に都内で開かれ、ばんえい最優秀馬のカネサブラック号、優秀新人騎手賞の島津新騎手らにトロフィーが贈られた。

     カネサブラック(牡10歳、松井浩文調教師、主戦ジョッキーは松田道明騎手、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・坂井牧場)は09年に続き2度目の受賞。11年は最高峰のばんえい記念初制覇など15戦8勝(うち重賞5勝)を記録した。トーヨーファームの茂木貴史社長は「調教師や厩務員、騎手のおかげ。今年はばんえい記念連覇を目指したい」と話していた。

     島津騎手=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=は昨年1月にデビューし、重賞初騎乗初制覇を含む年間86勝を上げた。島津騎手は「目標にしていたので受賞はうれしい。展開を読む力を伸ばし、このペースで勝っていきたい」と話していた。ばんえい騎手が同賞を受賞するのは4人目。(池谷智仁)

    - 2012年2月4日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は3日、来年度の開催日程を決めた。馬券売り上げが毎年低下する5月と10月の対策として、ナイター開催を今年度から24日間増やして5月12日〜10月29日までの75日間とする。開催日数は今年度より1日少ない153日間。

     開幕は4月14日、最終日は来年3月25日。ナイター開催は最終レースとその前のレースでインターネット販売が好調のため、大幅に日数を増やす。開催日は年末・年始などを除いて原則土・日・月曜日。来季の最終開催は来年3月22日から4日間の連続開催を初めて実施する。(横田光俊)



    - 2012年2月3日十勝毎日新聞紙面より -

     【東京】ばんえい競馬の運営受託会社「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM、本社帯広、加藤晋平社長)の会長で親会社ソフトバンク・プレイヤーズ(本社東京)の藤井宏明社長が2日、十勝毎日新聞社のインタビューに応じ、自ら撤退する意思がなかったことを強調した。この問題では、一般競争入札導入とともに、OPBMからの委託費の固定化要求が焦点だったとみられるが、市側が「固定化は赤字発生時に市費持ち出しとなる」と拒否姿勢を示していたのに対し、藤井社長は「市ばんえい競馬検討委員会の報告に沿ったものだ」と指摘した。

     撤退をめぐっては、OPBMの累積赤字(約1億8000万円)の存在を指摘する見方があるが、藤井社長は、「重荷ではない」と否定した。その一方で、入札方法、委託料の固定化問題で市と食い違いが続いたことを強調した。

     市が中長期的ビジョン策定のため設置した「市ばんえい競馬検討委員会(後藤健二委員長)」は、11月に運営方法・仕組みの見直しと透明性向上を求める報告書を提出していた。

     OPBMは昨年10月、検討委で出た「(委託先選定方法を)一般競争入札にしてはどうか」などの意見を踏まえ、市側に入札導入を提案。市は12月9日付で「競馬は特殊な業務。事前に受託可能な企業と十分な時間をかけて協議を行わなければ執行が困難」としていた。藤井社長は「検討委の考えに反する内容だ。民間が入札を提案して入札しない自治体はまずない。理解できない」と述べた。

     12月23日にはOPBMが市に対し、検討委で出た「委託料固定化が運営の健全化につながるのではないか」との意見を踏まえ、委託料の算定方式を売得金と必要経費の差を委託料とする変動式から過去の費用実績などを基準とした固定式への変更を要求。これも市は1月18日付で拒否した。藤井社長は「固定化すれば委託料が透明化する。ばんえい競馬特別会計が黒字になったとき、市に内部留保ができるような仕組みにも変えられる」と指摘した。

     市幹部は「委託費の固定化はリスクを負わないもので赤字発生時には市費の持ち出しとなるため認められない。(固定化が認められないなら、別の委託先検討をという)OPBMの申し入れの通りに新たな委託先を検討している」としている。市は既に旭川市の「コンピューター・ビジネス」に委託先を変更する方針を固めている。(関根弘貴)

    << 前へ 1 2 3   

    表示件数 11-14  (全14件中)
    著作権 十勝毎日新聞社