΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    委託業務を縮小
    2012年2月11日(土)
    - 2012年2月11日十勝毎日新聞紙面より -

    事業者変更 市が関与強める
     帯広市は来年度のばんえい競馬開催で、運営委託業務を大幅に見直す。主な運営委託先をオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)から、旭川市の情報処理サービス業「コンピューター・ビジネス」(CB)に変更し、委託内容を馬券発売と広報業務を中心に縮小させる方針。OPBMが専門業者に再委託している業務は、市が直接委託するようにして経費節減と運営への関与を強める。

     市ばんえい振興室によると、市がOPBMに委託している業務のうち、OPBMが再委託する業務は専門性が強く、受託できる企業・団体が限られているものがある。再委託は消費税が二重にかかることもあり、市が直接委託することで経費削減が見込めるという。

     市は直接委託する業務として警備や尿検査、インターネット馬券発売など約20業務を想定。財源は馬券発売収入を充て、一般財源を繰り入れないようにする。

     市は民間委託できない着順判定の決勝審判などで一部運営を担ってきたが、昨年11月に提言を受けた市民検討委員会の報告書に、運営方法の見直しと、行政の主体性確保が要望されていた。

     市は来年度の馬券発売額を、今年度当初予算比3億6693万2000円減の103億6537万2000円(1日当たり6774万8000円)と見込む。CBへの委託料は5億円余りで、昨年度のOPBM委託料12億6498万円(決算額)より大幅に減る見通し。(中津川甫)

    最強牝馬として女性ファンの人気を集めてきたフクイズミ(昨年9月の岩見沢記念)

    - 2012年2月9日十勝毎日新聞紙面より -

    ばんえい記念がラストレース
     ばんえい十勝で最強牝馬として大人気のフクイズミ(11歳、松井浩文調教師、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・さくら牧場)、2010年のばんえい記念優勝馬で足寄町産駒のニシキダイジン(牡同、村上慎一調教師、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)が今季限りで引退する。大勢の女性ファンを引きつけてきた白馬(芦毛)で豪快な差しで活躍してきたフクイズミ、努力型の遅咲きのスターとして先行・逃げ切りで魅了してきたニシキダイジンの両頭は3月25日の最高峰レースばんえい記念で最終戦に挑み、翌日の引退式に臨む。

     フクイズミは01年5月6日生まれ。179戦58勝(うち重賞は帯広記念2勝など12勝)と大活躍してきた。白い馬体に紫色の髪飾りのかわいい容姿ながら、後方から追って先行馬をごぼう抜きして勝利する姿が女性ファンを集め、フクイズミが出るレースは馬券も売れてきた。引退後は繁殖牝馬として余生を過ごす。

     ニシキダイジンは01年5月3日生まれ。243戦35勝(うち重賞はばんえいグランプリ2勝など7勝)。先行・逃げ切りを得意とすし、堅実な走りで徐々に力をつけてオープンの重賞でも勝てるようになり、2010年のばんえい記念での歴史的な激戦を制するなど名勝負を演じてきた。引退後は種牡馬となる。

     携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんは「フクイズミは常にめいっぱいのレースを見せ、ニシキダイジンは努力の末に開花したスター。引退後は次世代を担う優秀な子を期待したい」としている。(横田光俊)


    ばんえい競馬との出合いなどについて語る山岸さん

    - 2012年2月6日十勝毎日新聞紙面より -

    北海道ホテルでトークショー
     写真家・山岸伸さん(61)のトークショー(北海道ホテル主催)が5日、同ホテルで開かれ、ばんえい競馬の魅力などを語った。

     山岸さんはアイドル、スポーツ選手の撮影などを中心に幅広く活動している。近年はばんえいをテーマに優れた作品を数多く発表し、帯広市観光大使も務めている。現在、同ホテルで同競馬の写真展を開催中。

     この日は約50人を前に、FM−JAGAの米澤愛さんとトークを繰り広げた。山岸さんは作品の撮影エピソードも紹介しながら「馬が生き生きとする冬に撮影するのが好き。馬は自分を元気にしてくれる」と強調した。最後に「十勝・帯広にも競馬場に行ったことのない人が多いと思うが、馬を見るだけでもいいので、競馬場に足を運んでほしい」と呼び掛けた。



    大接戦のレースで最後に押し切り勝利したハイカラサン(鈴木恵介騎手)

    - 2012年2月6日十勝毎日新聞紙面より -

    7番人気、大接戦制す 
     ばんえい十勝は5日、3歳牝馬の頂点を決める重賞レース「第37回黒ユリ賞」(BG2)を行い、出走10頭中5頭が1.8秒内でゴールする大接戦の中で、7番人気の帯広産駒ハイカラサン(鈴木邦哉調教師、鈴木恵介騎手、馬主は帯広市・佐々木啓文さん、生産者は帯広ファーム)が頭一つ抜け出して最後まで粘り、重賞初挑戦で勝利した。タイムは1分51秒7(馬場水分2.2%)。2着は0.2秒差で2番人気のマゴコロ(谷あゆみ調教師、藤本匠騎手)、3着はトップと0.6秒差で1番人気のニシキウンカイ(村上慎一調教師、藤野俊一騎手)だった。

     昨春デビューした新馬の牝にとってばんえい重量620キロはいずれも初体験。遅めのペースで前半は進み、第2障害まで6回の休みを刻んだ。祖父の生産・所有馬に騎乗した重賞初挑戦の若手赤塚健仁騎手の(5)カツダイヤが積極的に仕掛けてトップで障害を降り、(8)タカラハヤヒメ、(7)ニシキウンカイなどが続き、(2)ハイカラサンは8番手で追った。8頭がほぼ横一線で走る大混戦となったがゴール前約10メートルでわずかにリードした(2)がそのまま粘り切った。(横田光俊)

    名馬の血統証明 猛烈な追い込み ハイカラサン
     ハイカラサンの父は2008年引退の名馬ユミタロウ、父方の祖父はイエヤス(ばんえい記念優勝馬)、母方の祖父は1億円馬アサギリ、同祖母は名牝カヤベヒカリと見事な血統だ。1歳上の兄は4歳世代トップ、重賞3勝のオイドン(鈴木邦哉調教師)で、鈴木調教師は「兄妹そろって性格がきつい。前に行きたい気持ちが強い」と騎乗は難しいが、乗りこなせたら偉大な能力を発揮できる。

     前走(1月28日、3着)からばんえい重量は一気に95キロ増。「荷物が重い。勝つのは無理か」(鈴木騎手)と臨んだレース前半、1回目の休みは馬群のトップに立ったが、そこから小刻みに止めて後方に付けて後半への力を温存した。

     勝負どころの第2障害はカツダイヤがトップで降りたが8頭がほぼ同時にクリアしてその時点でハイカラサンは8番手。しかし鈴木騎手の猛烈な追い込みに応えて加速し、トップに立つと最後まで粘った。「正直言って信じられない。良く持った」と同騎手。

     鈴木調教師は「良く食べるが調教でも体を動かしすぎるのでなかなか体重(現在884キロ)が増えない。力も兄のオイドンのようにはない。今回の勝利は馬の力ではなく、騎手の力」と名騎乗に感謝。

     生産者で馬主の佐々木啓文さん(十勝馬事振興会会長)も「よく我慢させてくれた。この馬には、重賞を勝てる運があった」と喜んだ。

     前日に年間史上最多勝記録を2つ上回る208勝とした鈴木騎手は、この日にこのレースを含めて4勝のまとめ勝ち、212勝に記録を一気に伸ばした。「ハイカラサンは体重が増えれば面白い」(同騎手)。名牝への道がスタートした。


    年間最多勝を達成、花束を贈られファンの声援に応える鈴木恵介騎手

    - 2012年2月5日十勝毎日新聞紙面より -

    「さらなる記録を」
     ばんえい十勝の“若大将”鈴木恵介騎手(35)=服部義幸厩舎(きゅうしゃ)=が4日、自らの年間史上最多勝記録を2つ上回る208勝を達成した。3月まで今季開催は23日間あり、同騎手は「230勝ぐらい行ける」とさらなる大記録に意欲満々。3年連続の200勝騎手に、“ばんえい界のイチロー”と新たな愛称も加わっている。

     鈴木騎手は渡島管内森町出身。草ばん馬大会に出場していた祖父の影響で騎手を目指し高卒後に厩務員に。1998年に騎手デビュー、14年目になる。義父・鈴木勝堤さん(2005〜07年度年間最多勝騎手、10年に引退)の後を継ぎ、08年度から最多勝騎手の座を守っている。

     今季はさらに勝ち数が伸び、今年1月15日に早くも200勝、同29日に昨年度(206勝)に並びファンは記録達成を待ち続けた。この日の第6レース、5番人気のキャラメルリボン号(牝8歳、山田勇作調教師)を後方から進め十分に息をためてから一気に第2障害を越え、そのまま勝利。さらに第9レースでもミタコトナイ号(牡5歳、皆川公二調教師)で快勝した。

     表彰式で贈られた花束を掲げてファンの声援に応えた鈴木騎手は「(大記録達成に向け)緊張はなかった」と笑顔を見せた。厩舎の服部調教師は「名手で知られた義父の勝堤さんを完全に超えた。馬に触れば調子が分かる域にまで達している」と脱帽する。鈴木騎手は「230勝とともに、最高峰の重賞ばんえい記念初制覇を狙いたい」と力強く宣言した。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全14件中)
    著作権 十勝毎日新聞社