΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2012年12月14日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、15日からの「7重勝単勝式」の馬券発売開始を記念し、十勝毎日新聞の読者5人に500円分のクオカードをプレゼントする。

     7重勝は、7つのレースの1着を全て予想する馬券。的中者がいない場合は払戻対象額を持ち越す「キャリーオーバー」が適用され、最高払戻金額は2億円。発売はソフトバンクグループのオッズ・パークが運営するインターネットサイト「オッズ・パークLOTO」で行う。

     プレゼントの応募ははがきに住所、名前、年齢、連絡先などを記入し、帯広競馬場ばんえい振興室「クオカードプレゼント十勝毎日新聞」係(〒080−0023、帯広市西13南9)へ。31日までの消印有効。

     
    最高額2億円 「7重勝」発売
    2012年12月8日(土)
    - 2012年12月8日十勝毎日新聞紙面より -

    7レースの1着予想 15日からネットのみ

     帯広市が主催するばんえい競馬で15日から、7つのレースの1着をすべて予想する「七重勝単勝式」(7重勝)の発売を始める。的中者が出なかった場合は払戻対象額を持ち越す「キャリーオーバー」で、払戻金額の最高は2億円。市ばんえい振興室では「さらなる高額配当が期待できる馬券で、売り上げ増や新たなファンの掘り起こしを期待したい」としている。

     発売はインターネットのみ。ソフトバンクグループのオッズ・パークが運営する「オッズ・パークLOTO」を通じ、パソコンや携帯電話などから1口100円で購入できる。

     7重勝の対象は6〜12レース。開催前日の午後6時から当日の6レースの締め切り前まで購入できる。購入できるのはオッズパーク投票会員で、会員登録(無料)には銀行口座が必要。

     ばんえいでは2010年1月から5重勝を発売。11月末に内閣府の構造改革特区に認定され、7重勝の発売が認められた。全国では佐賀競馬に続き2例目。ばんえい5重勝でのこれまでの最高払戻額は1022万2930円(10年1月)。(高田敦史)


    トップでゴールするタカラハヤヒメ(大河原騎手)

    - 2012年12月3日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は2日、3歳牝馬の最高峰重賞レース「ソメスサドル杯第37回ばんえいオークス」(ばんえいグレード=BG1)を行った。単勝4番人気のタカラハヤヒメ(大河原和雄騎手)が1.1秒差でカツダイヤ(赤塚健仁騎手)を振り切り、初の重賞制覇、3歳新女王に輝いた。馬主1着賞金は90万円、3連単の配当は6万4630円。

     タカラハヤヒメは序盤から仕掛け、最有力勝利候補の1番人気ニシキウンカイ(藤野俊一騎手)より先行。5番人気のカツダイヤに続き第2障害を越えた後、後方からの猛追をかわしてカツダイヤと一騎打ちの激しい競り合いを展開した。

     残り30メートル付近からタカラハヤヒメが頭一つ抜け出して接戦に勝利。レースタイムは1分52秒5(晴れ・馬場水分3.8%)だった。

     タカラハヤヒメは釧路管内弟子屈町生まれ。馬主の藤田千代さんが生産した。2011年8月15日に初勝利し、通算47戦8勝になった。前回出走した重賞「ばんえい菊花賞」(12年11月4日)は5着と成績が振るわなかっただけに、世話をしてきた厩舎(きゅうしゃ)関係者は喜びの声を上げた。

     大河原騎手は「勝ちタイムはある程度予測できていたので、それに向けて入ることができた。高校生のように若い牝馬で調子も良く、(成長は)これから」と笑顔。小林長吉調教師は「この1カ月間、入念に調教してきた成果。まだ若いので価値を落とさないよう大事に育てていきたい」と目を細めた。(中津川甫)

     フクイズミ引退のショックで、競馬場から姿を消した「カスリの横田」は、まだ生きていた。12月2日、尊敬するアイドルマスターのプロデューサー諸兄と再会を果たした。以下の記事を書いた。(山本コヲコクさん、いつも最高のコメントをありがとう!)


    8つのレースを協賛、冬の帯広競馬場に再結集したアイマスファンら

     アイドル育成ゲーム「アイドルマスター」の道内外のファン40人が2日、帯広競馬場に集まり「とかち冬のアイマス協賛祭」で盛り上がった。昨年11月、公営競技初の「ばんえい×アイマス」イベントに参加したファンの有志で今回の祭りを開き、とかちむら職員がコスプレで参加するなど再会を喜び合った。

     同ゲームの双子アイドル双海亜美・真美の歌の歌詞が「とかちつくちて」と聞こえる縁で、アイマスファンはばんえい競馬に注目。一昨年5月には十勝で約300人参加の同人誌イベント、昨年は亜美・真美がばんえい十勝の依頼で仕事をするという公式イベントに約200人が集まった。

     今年の公式イベントは実現しなかったが、2カ月前から有志が呼び掛けて協賛祭を準備した。第1〜8レースを個人協賛、場内を花で飾る企画には全国のばんえいファン15人も参加して計4つの花飾りが並んだ。

     とかちむら産直市場のスタッフ加納茜さん、千葉愛実(めぐみ)さんが「一緒に盛り上げたい」と亜美・真美のコスプレで出迎えた。



     神奈川県から訪れた山本コヲコクさん(32)は「ばんえいファンとの交流も広がった。来年はまた公式イベントが実現してほしい」と話していた。(横田光俊) 


    札幌・琴似駅前にオープンしたばんえい十勝の直営場外馬券発売所

    - 2012年12月2日十勝毎日新聞紙面より -

     【札幌】ばんえい十勝の7カ所目となる直営場外馬券発売所が1日、ホッカイドウ競馬の場外発売所「Aiba琴似」(札幌市西区琴似2ノ1)内の2、3階スペースにオープンした。競馬ファンがばんえい十勝の馬券を買って楽しんでいた。

     「Aiba琴似」はJR琴似駅前に位置し、同駅から徒歩で1分という便利さ。ばんえいの他、船橋や名古屋、浦和、川崎などの地方競馬の馬券も扱い、今年度末までの馬券発売計画は約3億3000万円。うちばんえいは5170万円を見込んでいる。

     この日は池田高校吹奏楽部による演奏会や先着100人に紅白まんじゅうをプレゼント。また、馬券購入者を対象にした抽選会などもあり、盛り上がった。来場者は「冬も暖かい室内で終日遊べるので楽しい」「ばんえい競馬はスピード感に欠けるが興奮する」などと話していた。(成田融)

    << 前へ 1 2 3   

    表示件数 11-15  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社