΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    特別報奨金を設定
    2012年12月22日(土)
    - 2012年12月22日十勝毎日新聞紙面より -

    北日本精機会長が1000万円寄付
    重賞レースなど賞金減補う

     帯広市が主催するばんえい十勝は「ばんえい頑張れ記念」と題し、特別報償金を設けることを決めた。芦別市の会社役員小林英一さん(81)から16日に1000万円の寄付があり、これを全額、報償金に充てる意向。23日の「第41回ばんえいダービー」(BG1)を皮切りに、来年3月24日の「第45回ばんえい記念」(同)まで続ける。

     報償金は重賞レースと特別競走の計20レースが対象。馬主の出走手当や着外手当、調教師(1着9000円)、騎手(同6000円)、厩務(きゅうむ)員(同2000円)に支払われる各奨励金とは別に交付される。

     これに伴い、今年度から馬主に対する1着賞金を500万円から300万円に減額予定の「ばんえい記念」に減額分を補う形で200万円、BG1に80万円、BG2に50万円、BG3に30万円、特別競走に25万円が追加される。

     馬券の売り上げが伸びず、重賞レースの1着賞金が減少しつつある厳しい状況の中、小林さんは「沈みがちな競馬関係者を少しでも活気づけたい」と寄付した。市ばんえい振興室の田中敬二室長は「今回の寄付を通じ、関係者にはこれまで以上に迫力あるレースを見せてくれることを期待したい」と話している。

     小林さんは、高精度ベアリング製造で世界トップクラスのシェアを誇る北日本精機の会長。今年の日本中央競馬会(JRA)の皐月(さつき)賞と菊花賞(いずれもG1)、神戸新聞杯(G2)、共同通信杯(G3)を制した競走馬ゴールドシップの馬主で、ばんえい競馬の競走馬シベチャタイガーの馬主でもある。(小縣大輝)

    - 2012年12月21日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市が主催するばんえい競馬は22日から、1日のレース数を1レース減らして11レースにする。時間帯の早いレースの馬券発売額が低いため、これまでの第1レースをなくして経費節減を図る。市ばんえい振興室は「経費倒れしているレースの減で経営改善につなげたい」としている。

     ばんえい競馬の損益分岐点は、1レース当たり馬券発売額で400万円ほど。売り上げは後半になるほど伸びるが、開催時間の早いレースは来場者数が少ない上、売り上げが好調なインターネット発売も伸びず400万円に届かないことが多い。

     レース開催経費は、競争馬確保のため馬主に支払われる出走手当や賞金、薬物検査料などのほか、走路整備や投票事務経費など。第1レースの経費は80〜100万円で「売り上げはいっても300万円」(同振興室)のため、第1レースをやめることを決めた。他の地方競馬や中央競馬との兼ね合いで、本場でフルに12レース開催しない地方競馬もある中、ばんえいは153日間すべてで12レース編成を維持。不採算レースの削減は早くから課題とされてきた。

     レース数削減に伴い、帯広競馬場の開門も現在の午前10時から同11時に、第1レース発走時間も同11時半から正午に変更。開門から発走までの時間を30分短縮することでの経費節減も図る。重賞レースは10レース(来年1月2日の「帯広記念」は9レース)となる。

     28日以降は年末年始の変則開催となり、通常は土−月曜開催のところ、年内は28〜30日(金−日曜)、年明けは「正月開催」として元日から6日間連続で開く。問い合わせはばんえい十勝(0155・34・0825)。ホームページ(http://www.banei-keiba.or.jp/)でも確認できる。(高田敦史、小縣大輝)


    - 2012年12月20日十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市単独開催6年目を迎えたばんえい十勝が、今年に入ってテレビ番組の全国放送で紹介される機会が増え、話題を呼んでいる。今季開催が始まった4月からこれまでに、帯広競馬場で撮影された番組数は30本と昨季を超え、ばんえい十勝の広報担当徳田奈穂子さんは「以前は十勝の観光名所の一つだったが、今では番組のロケ地としてもテレビ局から注目されている。全国へのファンの拡大につながれば」と期待している。

     脚光を浴びるきっかけとなったのは、ばんえい十勝をテーマにNHK札幌放送局が制作したドラマ「大地のファンファーレ」。3月に全国放送されると、今季開幕の2日間(4月14、15日)の来場者数は前年比28・7%増の3995人を記録した。道内に限らず本州や九州から訪れた客も多かった。

     これに続いてテレビ各局のロケが増え、4月には日本テレビが同競馬場を巡る番組を収録、5月に日本テレビ系朝の情報番組「ZIP」でも全国放送した。その後も、デビューを控えるばんえい競馬史上初の白毛馬ハクバビューティー号や、「中高年の星」で知られた最年長競走馬ゴールデンバージ号の引退にスポットを当てた番組も放送され、知名度を上げていった。また、今月2日に全国放送されたフジテレビ系娯楽番組「ほこ×たて」ではテンマデトドケ号が登場して番組を盛り上げた。

     今年はばんえい競馬に焦点を当てた内容に限らず、同競馬場でしか味わえない体験型の番組も多い。12月3日から5日間行われた収録では、若手俳優の福士蒼汰さん(19)が今井茂雅厩舎(きゅうしゃ)に住み込み、騎手や調教師らと生活をともにした他、模擬レースも体験。番組制作者は「過酷な環境の中でも負けじと頑張る人たちの姿が印象的だった。人馬一体と、まさに現代社会につながる『絆』の大切さを改めて感じ取れた」という。TBS系正月番組「負けてたまるかっ!」(仮称)で、来年1月2日に全国放送される予定だ。

     市ばんえい振興室の田中敬二室長は「視聴者から、世界で唯一の競馬場として注目を集め続ければ、徐々に目に見える形として(馬券の売り上げにも)効果が表れてくるのでは」と話している。(小縣大輝) 


    煙が立ち上る中行われた、冬用蹄鉄の付け替え作業(17日、帯広競馬場内の千葉装蹄所。塩原真撮影)

    - 2012年12月18日十勝毎日新聞紙面より -

     歩行者だけでなく、ばん馬にも転倒防止を−。冬季開催中の帯広競馬場では、ばん馬の足元を支える冬用蹄鉄(ていてつ)の付け替え作業が急ピッチで行われている。

     夏用の平らな蹄鉄と違い、冬用は氷雪路面でも滑らないように凸凹が付いた「刻み蹄鉄」。11月10日のレースから解禁された。同競馬場内には2カ所の装蹄(そうてい)所があり、このうち千葉装蹄所では職人4人が手際よく作業を進めている。

     職人は炉で1000度以上に熱し、真っ赤に焼けたU字型の蹄鉄をハンマーでたたいて形を整えた後、丁寧にひづめに合わせて装着する。ばん馬はひづめが厚く熱さを感じないものの、炎や煙に反応して落ち着かないそぶりもしばしば。

     キャリア50年以上の千葉喜久雄さん(71)は「馬が滑って、けがをしないように今年も良い冬靴を履かせたい」と力を込める。作業はレースで使い古した冬用蹄鉄の取り替えもあり、今後も途切れることなく続く。(小縣大輝)


    終盤に猛烈な追い上げを見せ、劇的な逆転勝利を飾ったテンマデトドケ(長澤騎手)

    - 2012年12月17日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は16日、世代別対抗戦の重賞「第3回ドリームエイジカップ」(BG3)を行い、単勝8番人気のテンマデトドケ(牡5歳、服部義幸調教師、長澤幸太騎手)が2番人気のナリタボブサップ(牡10歳、槻舘重人調教師、鈴木恵介騎手)を0・1秒差で振り切る劇的な逆転勝利を飾り、スターホースに名乗りを上げた。勝ちタイムは1分41秒3(馬場水分7・8%)。前年の同重賞覇者で、1番人気のカネサブラック(牡10歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)は3着だった。3連単の配当は17万3080円。

     同重賞は今回から、4〜11歳の各馬齢別の通算賞金上位1頭と選抜馬以外の通算賞金上位2頭を加えた全10頭による編成で実施。前夜から降り続く雪の影響で軽馬場となり、レースはスピード勝負になった。

     (1)テンマデトドケ、(7)ナリタボブサップが馬群をリードして第2障害へ。一息入れていち早く仕掛けた(7)が1番手で突破し、(1)、(8)カネサブラックが続いた。その後は3頭の争いとなり、猛烈な追い上げを見せる(1)がゴール直前で、先頭の(7)に並びほぼ同時にゴール。僅差で(1)に軍配が上がり、2010年の「ばんえい菊花賞」以来となる重賞制覇を果たした。

     デビュー4年目で通算200勝も同時に達成した長澤騎手は、「馬場も軽く、馬の持ち味を発揮できた。最近は苦戦を強いられてきたが、力を付けてきていると実感させる走りを見せてくれた」と話していた。(小縣大輝)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社