΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    引退が決まった最年長馬「ゴールデンバージ」(2011年6月12日開催の勝利レース)

    - 2012年10月9日十勝毎日新聞紙面より -

    28日、レースも検討
     ばんえい十勝で「中高年の星」として知られる、ばんえい競馬の最年長馬ゴールデンバージ(牡15歳、山田勇作調教師)が28日に引退することが決まった。帯広競馬場では同日、セレモニーの他、バージの調子次第で引退レースを行うことも検討している。

     バージは人間の年齢に換算すると還暦以上に相当する。馬主の川端悟さん(空知管内奈井江町)が年齢的にも今後の出走は厳しいと考え、苦渋の決断をした。

     通算成績222戦36勝。1999年から9年間、競走馬として活躍したが引退。草ばん馬で奮闘していたところを廃用直前に見いだされて2010年に復帰、見事な走りで勝利を重ねる姿が感動を呼び、テレビで全国的に紹介された。

     今年7月には、11カ月ぶりにレースに出走。年齢を感じさせない走りでファンを沸かせたが、その後は復帰に向けて馬体重の調整に励む日が続いていた。川端さんは「もう1年使いたい気持ちもあったが、これまでよく頑張った。今後は種馬として余生を過ごさせたい」と、長年の健闘をねぎらった。(小縣大輝)




    - 2012年10月9日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝恒例の人気イベント、「第4回ゆるキャラ選手権」が8日、帯広競馬場で開かれた。管内外から25体の着ぐるみが集結し、家族連れの笑顔を誘った。

     十勝管内からは十勝毎日新聞社の「ぴぴっと」やばんえい十勝の「リッキー」など17体が“参戦”。徒競走ではずんぐりした着ぐるみが意外な速さで疾走する姿に、大きな笑い声が湧き起こった。決勝戦は本コースを用いて模擬レースを行い、足寄町の「あゆみちゃん」が総合優勝を飾った。

     「ゆるキャラ」は競技の合間、会場内のあちこちで出身企業や自治体をPRした。迫力ある外見で来場者の人気を集めた夕張市の「メロン熊」は、子供たちを怖がらせたり他のゆるキャラにかみつくなどやりたい放題=写真。確実に地元を印象付けた!?


    王者の貫禄で岩見沢記念2冠目を飾ったカネサブラック

    - 2012年10月1日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は9月30日、「第48回岩見沢記念」(3歳以上オープン・BG2)を行い、単勝1番人気のカネサブラック(牡10歳、松田道明騎手)が王者の貫禄を見せつける底力を発揮し、同記念2冠目、通算重賞勝数19勝目を挙げた。

     レースは序盤から8頭中7頭が一固まりとなって進む混戦状態。そのまま第2障害へと差し掛かると、(6)ナリタボブサップ(牡10歳、鈴木恵介騎手)が1番手でクリア、少し遅れて(4)カネサブラック、(1)シベチャタイガー(牡8歳、阿部武臣騎手)が後に続いた。

     ゴールまで残り30メートルは(4)と(6)の一騎打ち。粘り強い走りで最後までスピードを落とさなかった(4)が栄冠を手にした。勝ちタイムは2分15秒0(馬場水分4.5%)。2着には末脚を伸ばした(2)フクドリ(セン6歳、工藤篤騎手)、(6)がゴール線上で止まる間に3着に(1)が入った。

     父・松田騎手の騎乗を家族と見守っていた次女のはらさん(20)は「改めてカネサブラックの強さを感じた」、松田騎手は「軽い馬場を得意とする馬が多かったので、前の位置取りで引っ張っていこうと仕掛けた。馬の状態も良く、狙っていた重賞勝利を勝ち取れてうれしい」と話していた。(小縣大輝)


    << 前へ 1 2 3   

    表示件数 11-13  (全13件中)
    著作権 十勝毎日新聞社