΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2012年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2012年10月17日十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝を主催する帯広市は、深川市での直営場外馬券発売所の開設を計画している。JR深川駅から約2キロの道道に面する空き店舗に、ばんえい開催日の来場者数が1日のピーク時で50人程度の「ミニ場外」として来年度以降開設したい考え。市ばんえい振興室では「深川市やその周辺は多くの競走馬が生産されファンも多い。売り上げの増加につなげたい」としている。

     鉄骨造り平屋340平方メートルの閉店した靴店を活用。年間360日程度開き、ばんえいの他、ホッカイドウ競馬や南関東など他の地方競馬の馬券を発売する。発売日数はばんえいが153日間、道営が80日間、他の地方競馬が210日間の予定。自動発売機5台、払戻機2台を備え、交通警備員などを含め3〜8人体制で運営する計画。

     ばんえいでは現在、インターネットを通じた発売が好調で、現在道内6カ所の場外発売所は苦戦傾向。新たな発売所を増やすことで購入機会を広げ、手数料収入が得られる他の競馬の馬券も発売して全体の売り上げ増を狙う。

     14日に現地の町内会に対する説明会が開かれ、市ばんえい振興室によると、反対意見は特に出なかったという。町内会では資料を全戸配布して意見集約し、12月中にも判断する見通し。

     新たな直営場外の開設は、市民検討委員会の提言を基に市が3月に策定した「市ばんえい競馬運営ビジョン」にも盛り込まれており、年内に札幌市西区琴似でもオープンを予定しているほか、市は深川以外でも開設の可能性を探っている。(高田敦史)


    決勝で先行する豊頃農協青年部プリンス(左)。2年ぶりに優勝した(折原徹也撮影

    - 2012年10月15日十勝毎日新聞紙面より -

    豊頃農協青年部がV奪還 
     2012ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が14日午後、帯広競馬場で行われた。決勝で昨年2位の豊頃農協青年部プリンス(岡山娘、相澤悠平、山本政幸、藤井裕也、相澤祥浩、山口仁)が2年ぶりに優勝し、賞金88万円を獲得した。

     今年は帯広市の開拓姉妹都市・静岡県松崎町、愛と幸福の都市交流を続ける香川県高松市などからも含め管内外から計25チームが出場。予選5レースを行い、5チームが決勝に進んだ。

     決勝で豊頃農協青年部プリンスは第2障害(高さ1.6メートル)を突破後、頭一つ抜け出したままゴール。相澤祥浩代表(35)は「前回は連覇を狙って2位、今年は勝てて最高」と喜んだ。(中津川甫)

     2位以下は次の通り。
     (2)カツヤマックス(オホーツク管内置戸町)(3)ハルニレジェームス(豊頃町)(4)大空町東藻琴B&G海洋センター(オホーツク管内大空町)(5)TEAM MUSCLE COBRA(帯広市)


    攻めの走りを見せたショウチシマシタ(菊池騎手)

    - 2012年10月15日十勝毎日新聞紙面より -

    1着馬走行妨害で繰り上げ
     ばんえい十勝は14日、今季デビューした2歳馬による初の重賞レース「第35回ナナカマド賞」(BG3)を行い、1着でゴールしたダイコクパワー(牡、松田道明騎手)が走行妨害により降着、2着のショウチシマシタ(牡、菊池一樹騎手)が順位を繰り上げての優勝となる波乱の結果となった。

     レースは序盤から混戦状態。9頭が30秒台後半〜40秒台前半と早いペースで第2障害に差し掛かると、コブラウンカイ(牡、安部憲二騎手)が1番手で突破、ショウチシマシタ、コウシュハウンカイ(牡、藤本匠騎手)が続いた。接戦の中、残り25メートルあたりから猛烈な追い込みを見せたダイコクパワーがゴール手前で先頭集団に加わり1着でゴール。

     ところがレース終了後、ダイコクパワーがゴール手前で外斜行してソウクンボーイ(牡、大口泰史騎手)のコースに入ったことが判明。審議の結果、走行妨害で5着に降着、2着のショウチシマシタが1着となった。勝ちタイムは1分33秒2(馬場水分4・2%)。

     思わぬ形で重賞初制覇を手にした菊池騎手は「攻めの姿勢を心掛け、馬の力を十分に発揮する騎乗ができた結果。きょうのレースを弾みに、次の重賞レースも優勝を狙いたい」と喜びをかみしめていた。(小縣大輝)

     
    ばん馬カレンダー発売
    2012年10月13日(土)


    - 2012年10月13日十勝毎日新聞紙面より -

     競走馬などをテーマに撮影活動をしている写真家太田宏昭さん(東京)の「ばんえい競馬『瞳と砂』2013カレンダー」が完成、帯広競馬場内リッキーハウスなどで販売されている。B4判中とじ28ページ、1部1500円。

     太田さんは2007年以来、年に5回ほど競馬場を訪れ、ばん馬の一瞬の動きや表情を撮影している。カレンダーは、NPO法人とかち馬文化を支える会東京支部会員のデザイナーと協力して制作した。

     今年3月に引退したニシキダイジン、フクイズミ、トモエパワーが並んでいるページ=写真=の他、5月にデビューしたばんえい競馬史上初の白毛馬ハクバビューティーなど全37点を掲載。太田さんは「馬へのいとおしさがテーマ。馬を取り巻く人にも注目を」。ばん馬にみせられた写真家の愛情が、カレンダーにあふれる。


    とかちばん馬まつりで、ミルキー号に乗って楽しむ子供たち(13日午前11時、塩原真撮影)

    - 2012年10月13日十勝毎日新聞紙面より -

    ばん馬 大きいな
    食も満喫 あすまで「まつり」

    「2012とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が13日、帯広競馬場で始まった。多くの来場者がばん馬と触れ合いながら、十勝の食やステージパフォーマンスを楽しんだ。14日まで。

     同まつりは十勝の地域資源「ばん馬」の振興を図る目的で、2007年から開催している。

     初日は先着200人に配られた十勝トテッポ工房製「ばん馬サブレ」に行列ができた。十勝や富良野の特産品を販売する「とかち食べ歩き」コーナーでは、十勝の野菜や肉を使った料理や富良野のチーズフォンデュなどが提供され、人気を集めた。チアリーディングやマジックのステージも行われた。

     帯広市内から家族と訪れた今村君(8)はばん馬ミルキー号の背に乗り、「柔らかくて気持ちよかった。ばん馬の木製プレート作りもやってみたい」と笑顔。同会の川田章博会長は「子供も大人も馬と触れ合って楽しんでもらえれば」と話していた。

     14日午後1時15分からは「2012ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」を開催。25チームが出場し、ばん馬用のそりを引いてタイムを競う。(眞尾敦)

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全13件中)
    著作権 十勝毎日新聞社