΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年9月7日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ホッカイドウ競馬のファン感謝祭「全道Aiba(場外)祭in帯広競馬場」が15日に、帯広競馬場で開かれる。

     同競馬開催に合わせて全道で一斉開催する。当日は午後2時開門で、同2時〜同6時に1階中央通路で日高昆布などが当たる「大抽選会」を開催する。同競馬場で購入した同競馬の確定前馬券(100円以上)の提示でスピードくじを引ける。1人1回限りで、商品がなくなり次第終了する。

     「たくさんのファンに来てほしい」と十勝総合振興局農務課。焼き肉が楽しめるビアガーデンもオープン(同4時半〜同8時半)し、サッポロビール協賛で生ビールを1杯300円(通常400円)で終日提供する。競馬場はお祭りムードに包まれそう−。

    - 2011年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     【札幌】NHK札幌放送局が制作する帯広ばんえい競馬を題材にしたドラマ「大地のファンファーレ」が来年2月にNHK総合で放送される。連続テレビ小説「おひさま」の高良健吾さん(23)と寺脇康文さん(49)が共演、「ゲゲゲの女房」の山本むつみさん(旭川市出身)が脚本を担当。10月に帯広競馬場でロケが始まるのを前に、5日午後3時から、同放送局で制作発表を行った。

     ばんえい競馬の落ちこぼれ新人騎手・北村俊平(高良さん)が、現役トップのベテラン騎手・倉橋祐二(寺脇さん)の叱咤(しった)や仲間に勇気づけられ、立ち直っていく勇気と感動のドラマ。

     放送は来年2月17日、同24日で、43分ずつの前後編に分けて道内放送し、3月には全国放送も予定している。同局の制作ドラマとしては2007年に小樽を舞台にした「雪あかりの街」以来5年ぶり。

     制作発表では高橋宗和局長が「震災、原発事故で日本に閉塞(へいそく)感が漂う中、希望と元気を伝えたい」とあいさつ。

     北海道を舞台にした脚本は初めてという山本さんは「ばんえい競馬を取材していて、勝負の世界で生きる騎手も調教師もかっこよく、言葉が胸に響いた。誰にとっても励ましになるドラマにしたい」と抱負を語った。

     すでに帯広競馬場で騎手の練習を行った高良さんは「全身に力を入れなければ振り落とされるほどハードで、腕や足が筋肉痛。普通の馬より大きく、最初は怖かったが、心を開いて接するうちに馬の目が変わってくるのがわかった」とばんえい騎手の第一印象。「悩み、へこんでも自分で何とかしていこうという俊平の生き方は共感できるので、精いっぱい演じたい」と述べた。

     寺脇さんは「いい意味で単純明快な人間ドラマ。動物と演じることで、見えない何かが出てくることがあるので、どんな作品になるのか、自分でも楽しみ」と期待を込めた。

     出演はほかにばんえい競馬の広報担当の新人役を演じる蓮佛美沙子さん、馬主の名物ばあさん役の赤木春恵さんなど。(成田融)

    全面協力したい藤本騎手
     帯広競馬場には4、5日に高良さん、6日からは寺脇さんが訪れ、金山明彦調教師らに騎乗方法の特訓を受け、その様子を写真家の山岸伸さんが撮影した。

     田中敬二市ばんえい振興室長は「2人は騎手らと一緒になって溶け込んでいる。きっといい作品になる」と期待。ばんえい騎手会の藤本匠騎手は「ばんえい十勝の知名度が上がる。厩舎(きゅうしゃ)は製作に全面協力したい」と力を入れる。



     
    ばんえい十勝でトロッコ試乗会
    2011年9月6日(火)

    トロッコに乗って楽しむ参加者ら

    - 2011年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で4日、帯広競馬場のレース用のそりをスタート地点まで運搬するトロッコの試乗会が行われ、参加者は全国的にも珍しい車両に感動した様子で乗車を楽しんだ。3、4日の両日開催される予定だったが、悪天候による参加者不足のため1日だけの開催となった。

     参加者は試乗会の前に職員による案内で場内を見学し、出走前のばん馬待機場所でレースで使用するくらを実際に持って重さを確かめた。トロッコ試乗体験では、車両や軌道の様子を観察しながら、ゆっくりと往復した。

     参加した東京在住の小野達矢さん(52)は「これまでばんえいには20回ほど来ているが、バックヤード見学は初めて。(トロッコ乗車は)想像したより良かった。産業遺産としてもめずらしい」と話し、トロッコの細部を写真に収めていた。(塩原真)





    - 2011年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     足寄町の農家で熱心なばんえい十勝ファンの中尾久さん(64)が5日夜、帯広競馬場で自作の「十勝の太陽 バンバの歌」を熱唱した。

     中尾さんは昨年2月22日の誕生日にレースを個人協賛、その後に「馬が活躍できる場所は競馬場しかない」という思いから歌を作詞・作曲、芽室町在住の音楽家村田博之さんの編曲でCDを自主製作し、同12月から競馬場の売店で売り出した。この日は最終レースを個人協賛、出走した10人の騎手全員にCDを贈った。

     表彰式に臨んだ中尾さんは、優勝した松本秀克騎手に賞金を渡してからマイクを取って「負けてもくじけるな 今また十勝は晴れ舞台」と歌い上げた。騎手の中でも歌が得意なことで知られる松本騎手は「ぜひ中尾さんのほかの歌も聴きたい」と拍手した。

    - 2011年9月4日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     NPO法人とかち馬文化を支える会(三宅陽一理事長)は、ばんえい十勝の騎手との交流会を9日午後6時から、帯広競馬場スタンド南側で開く。毎年恒例の人気行事で、ファンと騎手が直接語り合える貴重な機会。騎手のサイン入りグッズが当たる抽選会も行われる。

     参加費は同会会員が2000円(中学生以上)、会員外2500円(同)、小学生500円、幼児無料。騎手のサイン希望者は色紙など持参を。申し込みは「住所・氏名・人数・電話番号」をファクス(0155・67・6891)か郵送(〒080−0021 帯広市西11南16ノ1、同会)で。

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全21件中)
    著作権 十勝毎日新聞社