΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年9月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、今季のナイター最終日(10月10日)を飾る名物イベント「ゆるキャラ選手権2011」の参加着ぐるみを募集している。

     一昨年から始まり、昨年は元気くん(本別)、しばれ君(陸別)、ハルニレンジャー(豊頃)、ぴぴっとかちまい(十勝毎日新聞社)など管内勢をはじめ道内外から21体が参加して予選の徒競走、ばんえい模擬レースによる決勝で競った。優勝賞金は5万円。

     参加資格は団体や企業のマスコットキャラクターの着ぐるみ。競馬中継テレビのスタジオ出演でPRもできる。申し込みは、オッズパーク・ばんえい・マネジメント広報(0155・34・0825、競馬場内)へ。ゆるキャラは、わがまち・わが会社のアピールのために競馬場を目指せ!




    持ち前のスピードを生かして逃げ切りを図るホクショウバトル

    - 2011年9月19日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    1番人気リキエイは2着
     ばんえい十勝は18日、4歳三冠レースの第2弾「第19回銀河賞」を行い、8番人気のホクショウバトル(牡、槻舘重人調教師、藤野俊一騎手、馬主は井内昭夫さん、生産者は本別町・風間進さん)が雨を味方につけてスピード勝負を制した。タイムは1分54秒7(馬場水分5.2%)。1番人気のリキエイ(牡、森芳浩調教師、尾ケ瀬馨騎手)は2着、3着にはトレジャーハンター(牡、金田勇調教師、浅田達矢騎手)が入った。

     レースは(4)ファーストスターと(6)ホクショウバトル、(3)ダイリンビューティが引っ張る展開。第2障害に真っ先に仕掛けた(3)に一歩遅れて(4)と(6)が挑み、(6)が一腰で越えると先頭で下りて逃げに入った。(4)が猛追したが及ばず、ゴール前で倒れ込む間に、4番手で障害を越えた(1)リキエイが2着に滑り込んだ。


    4歳馬の頂点に立ったホクショウバトル。馬の右が槻舘調教師、左が藤野騎手

     ホクショウバトルは2歳だった2009年にヤングチャンピオンシップを獲得して世代トップの座に就いたが、3歳時は振るわず、「荷物が重くなると、障害を下りてからの辛抱が足りない馬」(槻舘調教師)と評されていた。この日は710キロと今シーズン初の700キロ台の重い負担重量だったが、雨で軽馬場となったのが奏功した。「スピードは良いものを持っているので狙っていた」という藤野騎手の果敢なレース運びで逃げ切った。

     藤野騎手は「雨のおかげと、障害を楽に上がれたことで最後まで辛抱できた」と振り返る。槻舘調教師は「まだ若くて積極的な馬。あまり負担をかけず、良いオープン馬に仕上げたい」としている。(丹羽恭太)

     
    ばんえい十勝の林騎手が廃業
    2011年9月17日(土)
    - 2011年9月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の林義直騎手(24)が14日付で廃業した。伊達市出身、2009年1月にデビュー、通算成績は143戦7勝。身長191センチで国内最高身長の騎手として話題を呼んだ。昨シーズンの2月を最後に今季は騎乗機会がなかった。ばんえい十勝の騎手は30人となった。


    競馬場に登場したふわふわ遊具に大喜びの子供たち(17日正午ごろ、折原徹也撮影)

    - 2011年9月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の人気イベント「ふわふわランド」(十勝毎日新聞社主催、帯広市、オッズパーク・ばんえい・マネジメント共催、共成レンテム協力)は17日午前10時帯広競馬場でスタートし、軟らかい遊具に乗って飛び跳ねる子供の歓声が会場いっぱいに広がった。19日までの3日間、午前10時〜午後5時の時間帯で開催する(最終入場は午後4時半)。

     場内特設会場には、大型滑り台の「ジャイアントドルフィンスライダー」や、トランポリンのような「ベビーマジックランド」など、空気を入れて膨らませた軟らかい遊具6基を用意した。

     帯広市内の主婦由紀子さん(39)は家族4人で来場し、長女望愛さん(8)と長男陸福ちゃん(5)は「ふわふわしていて楽しい。毛虫のような滑り台に入ると、空気もふわーっと出てきて面白かった」と大喜び。

     くじ引きなどの縁日コーナー、飲食コーナーもあり家族連れでにぎわっていた。期間中の競馬場入場は無料だが、ふわふわ遊具と縁日はチケット制。プレーチケット(16枚つづり1500円、ばら売り券100円)を会場で購入し、遊具と縁日は券2〜4枚で遊べる。競馬場内の飲食コーナーや「とかちむら」で500円以上のメニューを飲食すると、ふわふわ1回無料券(数量限定)がもらえる。問い合わせは十勝毎日新聞社事業局(0155・22・7555)へ。(児玉匡史)



     
    人間ばん馬の出場チーム募集
    2011年9月16日(金)
    - 2011年9月16日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばん馬と共に地域振興をはかる会(川田章博会長)は10月16日、帯広競馬場で開く「とかちばん馬まつり」のメーンイベント「人間ばん馬」の出場チームを募集している。先着25チームで、優勝チームには、ばん馬の語呂にちなみ賞金88万円が贈られる。

     20歳以上の6人でチーム(騎手は女性)をつくり、ばんえい競馬用の鉄そりを5人で引いて走る。競馬場の本コース(200メートル)を使い、騎手が第2障害前に置くそりまで走り、騎乗してゴールを目指す。

     申し込み締め切りは22日午後5時。出場申込書は帯商HP(http://www.occi.or.jp/)からダウンロードし、郵送またはEメールで送る。問い合わせは帯商(0155・25・7121)へ。

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全21件中)
    著作権 十勝毎日新聞社