΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    勝利したニシキダイジン(鈴木恵介騎手)

    - 2011年8月15日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    「理想的」先行逃げ切り
     ばんえい十勝は14日、最高グレードBG1の重賞「第23回柳月杯ばんえいグランプリ」(3歳以上ファン投票選抜)を行い、2008年の優勝馬で2番人気のニシキダイジン(牡10歳、村上慎一調教師、鈴木恵介騎手、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)が鮮やかな先行・逃げ切りで3年ぶりに制覇した。タイムは2分0秒6。2着はフクイズミ(牝10歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)、3着にホクショウダイヤ(牡8歳、岡田定一調教師、藤本匠騎手)が入った。

     夕方から時折強い雨が降り、馬場水分が上がって軽い馬場になった。前半はやや速いペースで進み(4)キタノタイショウ、(1)ニシキダイジン、(5)ホクショウダイヤがリード、3回の休みを刻んで第2障害下に着いた。(1)が真っ先に障害に挑み、ひと腰でクリアして先行。(4)、(6)フクイズミ、(5)が追った。(1)は余裕で逃げ切り、2番手に浮上して猛追撃した(6)をかわした。(横田光俊)

    衰え知らぬ10歳馬 調整も成功「天下が来た」
     ニシキダイジンが4連勝、重賞は北斗賞(7月17日)に続いて連勝と絶好調だ。3年前にこの馬でグランプリ優勝を遂げている村上慎一調教師は「10歳になっても(前に行こうとする)気持ちが変わっていない。暑さに弱い馬だが管理もうまくいった」と前走比±0キロの体重1085キロで本番に臨むことができた。

     鈴木恵介騎手は「調教の攻め馬で乗った時も、すごく調子が良かった」と馬の力を信頼して自分のペースでレースをつくることに集中した。ひと腰で第2障害をクリア、後半も脚は伸びて一気にゴール。「理想の展開だった」と振り返った。

     ニシキダイジンは2010年にばんえい記念を制覇、同年のNAR(地方競馬全国協会)最優秀馬に輝いた時から比べてもさらに力をつけている。今回の相手と見られた1番人気のカネサブラックは第2障害で膝をつきかけて6着。ニシキダイジンの馬主・仙頭富萬さんは「相手がいなくなって、ニシキダイジンの天下が来た。もう一度東京(NARの表彰式)に行きたい」と意気込んだ。

     村上調教師は「これからは平場のレースは休養、特別戦と古馬の重賞に出していく」と秋以降も重要レースを狙っていく。

    - 2011年8月12日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は13日の第61回勝毎花火大会(十勝川河川敷特設会場、同日午後7時半から)を、帯広競馬場3階プレミアムラウンジで競馬観戦しながら観覧するプランの予約を受け付けている。

     特製弁当、馬券購入券、ドリンク飲み放題で1人5000円。申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。満席になり次第、受け付けを終了する。



    - 2011年8月10日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の今井茂雅調教師(49)一家の馬との生活を1年間、密着取材してきたNHKEテレのドキュメンタリー番組「カラフル!スペシャル、ずっとずっと馬とくらしたい」は、10日午前9時25分から同10時10分まで放送する予定だったが、高校野球中継のため15日の同時刻に延期された。


    愛馬のポニョ号と今井千尋さん(右)、姉の果歩さん

    - 2011年8月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の今井茂雅調教師(49)一家の馬との生活を1年間、密着取材してきたNHKEテレのドキュメンタリー番組「“カラフル!”スペシャル、ずっとずっと馬とくらしたい」が10日午前9時25分から同10時10分まで放送される。JRA(日本中央競馬会)騎手を目指す今井さんの次女千尋さんが語り手となり、厩舎(きゅうしゃ)の暮らしの中で成長していく姿を全国に紹介する。

     「カラフル!」はNHKが海外の放送局と共同で制作、子供の暮らしや将来の夢、悩みなどを子供自身の言葉で伝える。NHK制作局第1制作センター青少年・教育番組部(東京)の漆山真生ディレクターが昨年8月から今年7月まで厩舎を取材、昨年9月に15分番組の「ずっと馬とくらしたい」、同12月に「わたしの馬はうるさい馬」、今年2月に「思いっきり走らせたい」の3部作を放送、反響を呼んだ。未公開の場面も含めた総集編として45分のスペシャルにまとめた。

     千尋さんは早朝から馬の世話に奮闘、乗馬練習のために乗用馬オーロラプリンス号が昨年夏にやってきた。なかなか言うことを聞かない同号と心を通わせるようになったが、やがて訪れた別れ、そして祖父から贈られたポニーのポニョ号との出会いなどで千尋さんは成長していく。

     漆山ディレクターはこの作品を最後に名古屋に転勤の予定で、「1年間の映像を編集してみると、千尋さんは表情も変わり大人になってきている」と振り返る。千尋さんは「どんな番組になっているか緊張する」と話す。放送日時は高校野球中継などで変更の可能性もある。(横田光俊)


    ゴール際で逆転勝利したツジノコウフクヒメ(阿部武臣騎手)

    - 2011年8月8日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は7日、3歳・4歳世代対決戦の重賞「第23回勝毎杯はまなす賞」(BG3)を行い、5番人気のツジノコウフクヒメ(牝4歳、久田守調教師、阿部武臣騎手、馬主は辻口國光さん、生産者は辻口愛子さん)が粘りの走りを発揮してゴール際で逆転、重賞初制覇を飾った。タイムは1分51秒3(馬場水分2.1%)。2着はニュータカラコマ(牡3歳、金山明彦調教師、藤野俊一騎手)、3着はファーストスター(牡4歳、長部幸光調教師、尾ケ瀬馨騎手)だった。(横田光俊)

     ばんえい重量は650キロ〜720キロの別定戦。重量660キロと有利な(2)ツジノコウフクヒメが前半をリードして速い展開になった。第2障害に(1)ファーストスター、(2)、(3)オイドン、(4)レットダイヤ、(5)ニュータカラコマの5頭が一斉に掛かり、ひと腰で(5)がクリア、そのすぐ後に(2)が続いた。(5)を(2)が1馬身差で追走、ゴール5メートル手前で(5)が止まり、(2)が差し切った。

    我慢比べ…競り勝つ 阿部騎手が好騎乗
     ばんえい重量のハンデを生かしたツジノコウフクヒメ(4歳牝)が、同じくニュータカラコマ(3歳牡)との終盤の我慢比べを制した。阿部騎手は「最後はいっぱいになると思っていたが、前走(7月30日)から止まらないで行けるようになった」とぎりぎりゴールまで持たせる作戦で勝機をうかがい、最後の逆転勝利につなげた。「ニュータカラコマとの1歳の違い、経験の差もあったのだろう」と同騎手は振り返る。

     久田調教師は「勝因は阿部騎手の好騎乗に尽きる」と絶賛。それを支える体調管理にも成功した。連日30度を超える暑さの中でも馬体重は前走比±0の1038キロに維持。「牝馬は春の発情期を終えて夏に好調になるが、この馬は年間を通じて調子がいい」(同)と安定した力を発揮、2009年9月のデビュー以来、重賞への挑戦7回目で初の栄冠を手にした。

     同じ母(ツジノサファイア)で4歳上の兄ツジノコウフク(今年2月引退、07年の銀河賞、08年のチャンピオンカップ制覇、通算19勝)に続いて「兄妹で重賞を取れた」(久田調教師)と喜びに沸く。「真面目な馬だ。平均して行ける。今後も期待できる」(阿部騎手)と、4歳牝馬の中軸としてばんえい十勝を担っていく。

    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全13件中)
    著作権 十勝毎日新聞社