\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 933
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
ニシキダイジン圧勝 北斗賞
2011年7月18日(月)

第2障害を真っ先に下りて逃げ切るニシキダイジン(鈴木恵介騎手)

- 2011年7月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

快足 飛ばし逃げ切る
 ばんえい十勝は17日、3歳以上オープンの重賞・第19回北斗賞(BG3)を行い、十勝産駒のニシキダイジン(牡10歳、村上慎一調教師、鈴木恵介騎手、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)が先行・逃げ切りで快勝、重賞6勝目を飾った。タイムは1分57秒8(馬場水分5.0%)。2着はフクドリ(セン5歳、皆川公二調教師、工藤篤騎手)、3着にはキタノタイショウ(牡5歳、服部義幸調教師、大河原和雄騎手)が入った。

 序盤は(1)フクドリが先行したが、これに代わって(3)ニシキダイジンが先頭に立った。第2障害を(3)はじわりとひと腰で上げて真っ先にクリア。それを(1)、(2)キタノタイショウが追ったが差は詰まらず、そのまま(3)が逃げ切った。(横田光俊)

好条件 会心の展開
 ばんえい重賞は牡800キロの定量戦、雨が降り続き軽い馬場と、ニシキダイジンが勝つための2つの条件がそろっていた。鈴木騎手は「(前半から)引っ張っていく」と相手を気にせず、自分の展開に持ち込んだ。

 難所の第2障害は「1回は止まる計算をしていた」(同騎手)と言うが、天板(障害の上部)で止まりかけたものの少しずつ上り続けてひと腰で越えた。真っ先で障害を下り、この軽い馬場なら末脚が衰えることはない。スピードレースが得意のフクドリが追っても差は縮まらず、会心の勝利を収めた。

 村上慎一調教師は3年前に一度この馬を調教、今春から再び担当している。「性格は真面目でおとなしい」と言う。「年齢(10歳)の割には気持ちが若い。今日も自ら障害に向かっていった」(鈴木騎手)と好調を維持。3年前にもばんえいグランプリをニシキダイジンで制覇している村上調教師は「今年のグランプリ(8月14日)にも挑ませ、(ライバルの)カネサブラックに勝ちたい」と力を込めた。

篏罔罸ユ域腓