΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年6月11日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬馬主協会イベント本部(十勝応援団)は、7月から「ばんえい競馬PR隊」の登録募集を始める。好きなばん馬を1頭選んでPR隊の隊員となり、毎週金曜日のメールマガジン(ばん馬豆知識通信)で、選んだ馬の出走予定日が配信されるなど特典を用意する。隊員限定のイベントも企画。雑学を問う「ばんえい検定」やPR隊の集い「ばんえいミーティング」、お気に入りの馬の自慢大会も予定している。

     競馬場への入場者は増えているが、馬券の売り上げに連動していないのが現状。馬に興味を持ってもらうことで、馬券収入増につなげることが狙い。

     インターネット上のブログに隊員質問窓口を開設し、競馬ファンからの質問にも答える。入隊無料。初回限定でオリジナルステッカーも進呈する。早ければ7月1日から募集を開始し、当面は来年2月29日まで運営する予定。

     メルマガでは、帯広競馬場や隣接する複合施設「とかちむら」のイベント情報のほか、ばん馬の豆知識として調教師、獣医、装蹄師の話を配信することも想定している。青山祐子イベント統括マネジャーは「馬券売り上げの伸びにつながれば」と期待している。

     同本部の活動はブログ(http://www.mytokachi.jp/banei_owners/)でも紹介している。問い合わせは同本部(帯広競馬場内、電話0155・34・0825 内線40)へ。(中津川甫)



    - 2011年6月11日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で「中高年の星」として注目のゴールデンバージ号(牡14歳、山田勇作調教師)が12日午後1時40分発走予定の第5レースに登場する。約5カ月ぶりに帯広競馬場に復帰、ばんえい競馬史上初の14歳馬での勝利を目指す。人間で言えば還暦(60歳)の競走馬だが、競馬予想の専門家は大本命の「◎」を付けて活躍を期待している。

     同号は1999年から9年間、競走馬として活躍したが引退。草ばん馬で奮闘していたが廃用になる寸前に山田調教師に見いだされ、昨年7月19日の復帰レースで圧勝した。その姿はテレビ各局で紹介されて感動を生んだ。今年1月22日のレースで3着に入って以降、休養してきた。

     12日のレースは9頭立てで、相手は昨年デビューした3歳馬(人間で言えば中学生年代)が7頭、7歳馬(同30歳前後)が1頭。携帯電話サイト「かちモバ」で予想を担当する小寺雄司さんは「まだまだ元気」と大本命に挙げる。乗り手も藤野俊一騎手に替わり、コースは最も観客席に近い第9コース。場内がファンの大歓声に包まれることは間違いない。(横田光俊)



     
    帯広競馬場に太陽光大パネル構想
    2011年6月9日(木)

    巨大太陽光発電パネルの設置が浮上している帯広競馬場

    - 2011年6月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)の藤井宏明会長(41)=ソフトバンク・プレイヤーズ社長=は9日、ばんえい競馬の活性化策として、帯広競馬場に大規模太陽光発電パネルを設置する構想を明らかにした。今年度の経営方針に競馬場の観光拠点化に加え、自然エネルギーの活用を柱とした「エコサイクル(循環型)シティーモデル」を新たに盛り込んだ。最終的には自然エネルギーのみで競馬場全体の光熱費をまかなえるようにし、魅力向上で競馬の集客力も高める。

     親会社ソフトバンクの孫正義社長は、全国10カ所程度にメガソーラーを建設する構想を発表していた。

     藤井会長は9日午前、十勝毎日新聞社を訪れ、「孫社長が提唱した自然エネルギー構想のとりまとめを担当している。ソフトバンクの取り組みをうまく連携させ、ばんえい競馬でソーラーをやりたい」と述べた。

     同構想のモデル事例として、厩舎(きゅうしゃ)やナイター開催などで消費してきた光熱費を代替させ、「可能ならば競馬場内で全てのエネルギーを循環し、完結させてみたい」と意欲を示した。

     事業主体はソフトバンクを含めて複数の選択肢が挙げられている。太陽光パネルの規模や設置場所は今後詰める。規模は「2ヘクタール程度」を想定、1メガワット級(メガソーラー)になる可能性もある。

     中地(約3・5ヘクタール)の有効活用を求める声も根強いが、市は十勝農協連からゴルフ練習場を除く土地(約28ヘクタール)を借りており、十勝農協連の協力も必要になる。

     OPBMによると、競馬運営に要する年間の電気代や走路のヒーティングなど燃料費が1億円弱かかっている。福島第1原子力発電所の事故で原子力の代替エネルギーが求められる中、帯広競馬場を先駆的な「環境モデル拠点基地」にする。

     藤井会長は「競馬場では最先端のテクノロジーで最も効率の高いエコサイクルができれば」とも語った。

     メガソーラーの誘致をめぐっては、環境モデル都市の帯広市が市内北西部の中島地区に北電のメガソーラーを誘致する計画があり、ソフトバンクの動向についても情報収集に乗り出している。(横田光俊、中津川甫)




    加藤晋平社長

    - 2011年6月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、帯広市)は8日、代表取締役社長にソフトバンク・プレイヤーズ経営企画部長の加藤晋平氏(36)の就任を発表した。加藤氏は同日夜、帯広市内で記者会見し、同競馬の黒字化実現、観光拠点化、エコサイクルシティーモデルの検討を3本の柱とする今年度の経営方針を説明した。

     加藤氏は東京生まれ。慶応大理工学部卒。独立系ビジネスコンサルティング会社役員などを経て2009年にソフトバンク・プレイヤーズ入社、昨年7月から経営企画部長として事業戦略の立案・推進に当たる。同部長との兼務で、ソフトバンクグループとばんえい競馬の連携強化を図る。

     加藤氏は「経営管理を強化し、インターネットでの馬券売り上げ増と観光拠点化などで黒字転換を図る。(ナタネによるバイオディーゼル燃料、ソーラー発電施設設置など)循環型サイクルのモデルとして競馬場を活用することを検討する」とした。

     2009年9月から代表取締役社長を務めてきた新名貴之氏(38)は取締役として現場での経営に専念する。藤井宏明会長(41)は「ソフトバンクグループとの連携を強める補強人事」と述べた。(横田光俊)

     
    12日ゴールデンバージ号が復帰
    2011年6月6日(月)
    - 2011年6月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で「中高年の星」として注目のゴールデンバージ号(牡14歳、山田勇作調教師)が約5カ月ぶりに復帰、12日のレース(時間などは10日に確定)に登場する予定だ。

     1999年から9年間、競走馬として活躍したが引退、リストラ直前に山田調教師に見いだされ昨年復帰、15戦3勝と奮闘した姿は全国にテレビで紹介され感動を生んだ。今年1月22日のレースで3着になって以降休養に入っていた。

     4日に帯広競馬場に戻った同号の顔を見て山田調教師は「リフレッシュしてきて元気いっぱいだ」と期待。同号は、ばんえい競馬史上初の14歳馬での勝利を目指す。中高年が活躍し続けるには、しっかり休むことも必要だと同号は証明してくれるか!?


    << 前へ 1 2 3   

    表示件数 11-15  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社