΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年5月(10)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 馬車や抽選会 帯広競馬場で28日にイベント [5/24]
  • ばんえい競馬、競走用のそり更新 [5/23]
  • ばんえいの再起一冊に 帯広市単独開催10年 [5/20]
  • 「ばん馬まつり」継続 帯商青年部が引き継ぎ [5/16]
  • ばんえい十勝ビアガーデン、13日オープン [5/12]
  • 資源循環型の生産活動PR うまちかで協議会 [5/9]
  • ばんえいフェアプレー賞、ばんえいアワード表彰式 [5/8]
  • 大道芸や吹奏楽演奏、うまちか2日目もにぎわう [5/6]
  • 松井調教師1000勝 [5/2]
  • コウシュハウンカイ圧勝 ばんえいオッズパーク杯 [5/1]
  • オレノココロ有力 ばんえいオッズパーク杯予想 [4/29]
  • 30日 オッズパーク杯 別府騎手トークショー 帯広競馬場 [4/29]
  • 騎手の意気込みを生の声で 29日からジョッキーシャウト [4/28]
  • GWに帯広競馬場でグルメイベント「うまちか」 [4/26]
  • 馬券発売5億円突破 ばんえい十勝開幕4日間 [4/25]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年6月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、8月6日に登場予定の「三連単馬券」の買い方に親しんでもらうため、「1−2着固定の3着流し・三連単予想大会」を7月3日午後6時から帯広競馬場で開く。

     「三連単」は1着から3着までの馬を順番通りに当てる馬券。予想は難しいが、高配当が期待される。これをPRする予想大会はこれまでも開いてきたが、実践に近い形で買い方に慣れてもらうために今回は、当日のメーンレース「第3回ミントスポット杯」(午後8時5分発走)を対象に「1着・2着は固定して3着は流す3点予想で、実際に買う時の1つの方法を理解して」と開催する。

     第8〜12レース確定前馬券1000円以上提示で1回参加、景品は北見の特産品など。対象レースにはフクイズミ、ニシキダイジン、キタノタイショウなど、同競馬を代表する名馬が出走予定で、馬も予想練習に最適なメンバーがそろう!?




    先行・逃げ切りで勝利したレットダイヤ(大口泰史騎手)

    - 2011年6月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は26日、4歳3冠重賞レースの初戦となる第5回柏林賞(BG3)を行い、第2障害をひと腰でクリアした十勝産駒のレットダイヤ(牡、松井浩文調教師、大口泰史騎手、馬主は北見市・高柳稔さん、生産者は豊頃町・門志美さん)が逃げ切り勝利、重賞2勝目を飾った。タイムは2分1秒3(馬場水分1.5%)。2着は末脚を生かしたファーストスター(牡、長部幸光調教師、尾ケ瀬馨騎手)、3着にはツジノコウフクヒメ(牝、久田守調教師、藤野俊一騎手)が入った。

     朝からの晴天で馬場が重くなり、ばんえい重量の軽い馬が有利となった。前半は(5)レットダイヤと(6)ミスタートカチが先手争い、第2障害を(6)が真っ先に仕掛けたが手間取り、(5)が一発でクリアして先行した。最軽量のハンデを生かした(3)ツジノコウフクヒメが追撃したが終盤で脚が鈍り、(5)が逃げ切った。障害を3番手で降りた(9)ファーストスターが後半に加速、ゴール際で(3)をかわした。(横田光俊)

    好相性の大口騎手 狙い通りの騎乗で勝利
     豊頃町産駒のレットダイヤと、陸別町出身のサウスポー騎手・大口泰史は相性が良い。昨年8月に制した大賞典と同様の展開に持ち込み、見事に逃げ切った。

     乾燥して重い馬場だった。「相手はばんえい重量が軽い馬(680キロのファーストスター、660キロのツジノコウフクヒメ)」(大口騎手)と見ていた。前半は、先行するミスタートカチと競り合いながらも慎重に進め、得意の障害力で一気に第2障害をクリアした。

     「障害を降りて10メートルが勝負」(松井浩文調教師)と見ていた障害下の加速で後続を引き離してスピードを維持、ツジノコウフクヒメの追撃もかわした。ゴール際で脚が鈍りがちだった弱点も克服した大口騎手の騎乗に「ベストだった」と松井調教師は絶賛した。

     今季序盤の重賞で勝利したことで、これからばんえい重量が重くなる。「追われる立場になるが頑張りたい」と大口騎手は気を引き締める。松井調教師はこれで今季の重賞3戦すべてを制し破竹の勢いだ。レットダイヤは「大事に大事に使って、3冠達成を目指す」と意気込んだ。



    - 2011年6月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     夢のマッチメーク「プロレスラーVSばん馬」が実現! 25日夜、ばんえい十勝開催中の帯広競馬場で、新日本プロレスの永田裕志選手とばん馬「ミルキー号」が綱引きで対戦した。

     同団体が7月19日に帯広市総合体育館で開く大会のPRを兼ねての企画。2レースを協賛したほか、プロレスグッズが当たる抽選会などもあり、ばんえい競馬を強力に応援した。

     綱引きではファン15人とともに「チーム永田」を組んでミルキーに挑戦。空気を読んだミルキーが永田選手に花を持たせると、「意外にあっさり勝ってしまった。気を使ってくれたのかな」と永田選手のマイクパフォーマンスも少々しおらしげ−。


    - 2011年6月24日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     新日本プロレスを代表する人気レスラー永田裕志(ゆうじ)選手(43)が25日に帯広競馬場で、ばんえい十勝のPR馬ミルキー号との綱引きに挑む。ばんえい十勝のイベントでのプロレスラー登場は初めて。

     永田選手は7月19日に帯広市総合体育館で開かれる大会のPRも兼ねて来場する。第9レース「アンチエイジング永田裕志記念」、第11レース「新日本プロレス7・19帯広大会記念」の各協賛レースで表彰式のプレゼンテーターを務めるほか、来場者とともに「チーム永田」を結成して、午後7時15分ごろからミルキー号との綱引きに臨む。

     永田選手と対戦するミルキー号(現役時代の馬名は「イッシンブレイブ号」、通算成績69戦8勝)は現在9歳、人間で言えば30〜40代だが道内外のイベントで怪力を発揮して大人気。さて同世代の永田選手とのガチンコ勝負の行方は!?


    第2障害を降りてトップに立ち、快勝したカネサブラック(松田道明騎手)。後方は2着のニシキダイジン(鈴木恵介騎手)

    - 2011年6月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は19日、5大記念重賞レースの今季初戦となる第42回旭川記念(BG3)を行い、1番人気のカネサブラック(牡9歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、馬主は八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・坂井牧場)が快勝して6連勝、重賞4連覇を飾った。タイムは1分59秒0。ニシキダイジン(同10歳、村上慎一調教師、鈴木恵介騎手)が2着、同レース3連覇を狙ったフクイズミ(牝10歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)は3着だった。

     ナイター開催となり、夜になると土中から水気が上がり、馬場水分(1.7%)の割に軽めの馬場状態。前半は(1)ニシキダイジンが先行し、(2)カネサブラックが好位置に付けた。第2障害を(1)が先に仕掛けたが手間取り、少しためてから(2)などが一斉に挑戦。(7)エンジュオウカン、(1)、(2)の順に下りたが、坂の下で一気に加速した(2)が先頭に立ち、そのまま快調に飛ばして会心の勝利。4番手で下りた(6)フクイズミは末脚を生かして(7)をかわし、3着に入った。(横田光俊)

    最強馬、驚異の進化 連勝6に伸ばす
     カネサブラックが驚異の進化を続けている。チャンピオンカップ(2月27日)、ばんえい記念(3月27日)、オッズパーク杯(4月17日)に続いて重賞4連覇。オッズパーク杯後の約1カ月の休養で、体重は23キロ増えて1058キロになった。

     2009年にNAR(地方競馬全国協会)最優秀馬に選ばれた当時は「調教をやりすぎていた」(松井浩文調教師)。今は「ゆるめの調教で十分。こんなに楽なことはない」(同)と余裕だ。松田道明騎手も「トモ(後ろ脚)の踏みだしが強くなっている」と驚く。

     今回のレースの前半は予想通りにニシキダイジンが先行。その後方にぴたりとつけた。「5メートル以内で第2障害を下りたら勝てる」(松井調教師)という作戦だったが、ほぼ同時に下りて、あっさりと障害下でトップに立った。ばんえい重量はニシキダイジンより10キロ重かったが、問題にはならなかった。

     09年には12戦8勝(うち重賞5勝)。2年後の今年はまだ6月時点で8戦6勝(うち重賞4勝)と、2年前に最優秀馬に選ばれたペースをはるかに上回っている。「これからは、ばんえい重量のハンデを負って、勝ち続けることは大変だが、記録に挑戦したい」と松田騎手。松井調教師は「大事に使って、(最高グレードBG1、ファン人気投票馬による)チャンピオンカップ(8月14日)は勝ちたい」と力を込めた。

    1 2 3 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全15件中)
    著作権 十勝毎日新聞社