΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    1500勝目を飾ったイレマルユウシュン号と服部義幸調教師

    - 2011年5月21日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の服部義幸調教師(64)が同競馬史上初の1500勝を達成、22日午後2時25分から帯広競馬場での表彰式に臨む。開業して27年目、強豪馬を育てる一方で腕利きの騎手も育成、リッキー号を連れてばんえいのPRでも先頭に立つ。「馬にも人にも恵まれてきた」と次は2000勝を目指す。

     服部調教師は釧路管内弟子屈町生まれ。父が山での造材などで馬を使い、子供のころから馬に親しんできた。28歳で厩務(きゅうむ)員になり翌年騎手に合格。10年間で65勝を挙げ、39歳で調教師に。初年度19勝から徐々に力を付け、2007年度(85勝)、08年度(98勝)、10年度(102勝)と3年連続のリーディング(最多勝)を獲得。引退した松井浩・元調教師(1351勝)を抜き、騎手・調教師が兼業だった時代を除く専業トレーナーで最多勝記録を更新し続けている。

     1500勝目は自厩舎の大河原和雄騎手(51)が16日にイレマルユウシュン号(牡3歳)で達成した。服部厩舎には大河原、鈴木恵介(34)、長澤幸太(22)、細川弘則(42)の有力4騎手が所属、「服部調教師にとって1500勝は通過点。次は2000勝だ」(大河原騎手)、「うちの厩舎は皆が一丸になっているから強い」(鈴木騎手)と団結力を示す。

     服部調教師は「馬を大事に使い、勝つことに欲を持つのではなく、勝つための条件を整えようと毎日一生懸命に取り組んできた。馬主さんをはじめ人にも恵まれた。毎レースで努力すれば、2000勝もあるのかも」と話している。(横田光俊)


    「草ばん馬大会でばんえい全体の盛り上げを」と意気込む高村さん(右)と、はやぶさ号で優勝を目指す小竹さん

    - 2011年5月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     【清水】ばんえい十勝の元厩務(きゅうむ)員で清水町旭山に牧場を持つ高村寿(ひさし)さん(63)が、22日午前10時から第2回旭山草ばん馬競技大会を同牧場で開く。昨年9月に第1回を開いて全道から約60頭が集まり大好評、「草ばん馬大会でばんえい競馬全体を盛り上げたい」と十勝の愛好家とともに準備に打ち込む。ばんえいの最高重量1220キロ、高さ2メートルの障害を2つ越える力勝負が見ものだ。同大会を皮切りに、今年の管内は鹿追競ばん馬競技大会(7月10日)が50回目、道内最古の音更・東士幌輓曳(ばんえい)競馬大会(9月2日)が100回目の節目を迎え、旭山大会は秋にも開く予定だ。

     釧路管内標茶町出身の高村さんは、スーパーコマヨシ号やアローファイター号などの名馬を育てた腕利きの厩務員だったが「26年間働き、60歳を超えて残りの人生でやりたいことを」と2009年11月に退職。旭山に広さ4・6ヘクタールの牧場を設け、現在約25頭のどさんこを育てて来年には仲間と「十勝乗馬クラブ」を開く予定だ。

     ばんえい十勝の馬主には自ら草ばん馬に出たい人も多く、昨年9月、第1回大会を開いた。牧場内に設けたU字形コースで途中2カ所の障害(高さ約2メートル)を越える200メートルの走路での大会には「ばんえいの調教師も大勢来て応援してくれた。馬を愛する人が力を合わせてばんえい競馬全体を盛り上げることができる」と今年は年2回の開催を決め、準備を進めている。

     22日の大会当日は午前10時に第1レース発走予定。レースは7頭立てで、ばんえい重量はポニーで20〜200キロ(ほかにそり50キロ+騎手70キロ)、ばん馬で500〜1000キロ(同そり150キロ+騎手70キロ)の各クラスを実施。最高重量のレースはそり・騎手も合わせて1220キロと、ばんえい十勝最高峰の「ばんえい記念」(そりを含めて1000キロと騎手)を超える。

     賞金は1着3万円(最高重量のレースのみ5万円)、2着2万円、3着1万円。2、3着の賞金額は現在のばんえい十勝の一般レースを上回る。草ばん馬歴20年になる帯広の自営業小竹静雄さん(70)は「東京に住む4歳の孫が馬が大好き。『必ず勝って』と言われるので、今回も優勝を狙う」と愛馬はやぶさ号(5歳牡)など3頭での勝利を目指している。大会会場の牧場は旭山の市街地南西側で、「剣の郷創造館」(旧旭山小学校)の向かいになる。(横田光俊)




    帯広競馬場でチャリティーバッグ販売に立つ阿部武臣騎手(左)と村上章騎手(右) 

     ばんえい競馬騎手会(藤本匠会長、31人)は14日午前11時40分から帯広競馬場で、全国の地方競馬騎手と共同製作した東日本大震災チャリティートートバッグを販売した。全国331人の騎手と、廃止された宇都宮競馬場元所属でフリー活動する1人を含む計332人の勝負服が肩を組むデザインで「がんばろう、ふるさとのために、日本のために」とタッグを組む。

     大震災では岩手県水沢競馬場が被災するなど地方競馬、馬産地・東北の生産者らが打撃を受けた。バッグは岩手競馬実況アナウンサーの長田信也さんが発案、全日本地方競馬騎手連盟(吉井竜一会長)が呼び掛け、ばんえいなど15の騎手会が参加した。バッグは1枚1000円で販売、制作費を除いて義援金になる。

     デザインは地方競馬の全騎手の勝負服が肩を組むほか、宇都宮競馬場で活躍、同場が2005年に廃止後も期間限定騎手として国内外で活躍する内田利雄騎手(愛称「ミスターピンク」)も載り、経営危機にも立ち向かう地方競馬騎手の心意気を示す。

     帯広競馬場で販売に立ったばんえいの村上章騎手(宮城県気仙沼市出身)、阿部武臣騎手(同県古川市出身)は「被災地支援をお願いします」と呼び掛け、購入者のバッグにはサインもした。両騎手はともに親戚が被災しており「支援を続けなければならない」と話していた。騎手による販売は15日も午前11時40分からと午後0時10分から行う。ほかの時間帯はリッキーハウスで販売、売り切れ次第終了する。(横田光俊)


    チャリティートートバッグ(宮城県出身の村上章騎手と阿部武臣騎手にサインをもらった)


    ばんえい騎手の勝負服、その下にミスターピンク・内田利雄騎手の服も

     
    修学旅行でばんえい見学相次ぐ
    2011年5月9日(月)
    - 2011年5月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     東日本大震災で東北地方への修学旅行を道内に切り替えた札幌の中学校など10校が21日から順次十勝を訪れ、帯広競馬場でばん馬との触れ合い体験などで馬文化や歴史を学ぶ。ばんえい十勝はこれまでも地元の小・中学校の体験学習や遠足を受け入れてきたが、管外からの修学旅行は初めて。オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)は「北海道の開拓で活躍したばん馬の歴史を楽しく学んでほしい」と本走路を使ったアトラクションなど多彩なメニューを準備している。

    札幌、大阪から10校 馬文化学ぶ場に
     第1弾は札幌市立丘珠中学校(山崎孝行校長)の3年生69人で、21日に十勝入り、競馬場で学習後に十勝川温泉に宿泊、翌日は十勝ネイチャーセンターでアウトドア活動を体験する予定だ。当初は青森県など北東北に行く予定だったが震災のため急きょ道内に変更。「ばんえい十勝では体験学習や開拓の歴史・文化も学べる」(木谷貢一教頭)と学習効果を期待している。

     このほか札幌市内の7中学校が春の修学旅行、大阪府の高校など2校も秋に競馬場を訪れる予定だ。OPBMの本川高雄常務は「滞在時間に応じて楽しく勉強できるメニューを用意した。北海道遺産でもあるばんえい十勝の地域活動として、教育的価値が着目されてうれしい」とする。

     競馬場の裏側を見学するバックヤードツアー、リッキー号の馬車、本走路での人間ばん馬のアトラクション体験のほか「協賛レースで生徒たちが表彰式のプレゼンテーターをする中学校もある」(同常務)。馬と触れ合う大勢の生徒たちの笑顔が見られそうだ。(横田光俊)



    - 2011年5月4日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場(西13南9)でばんえい十勝の調教師有志らが運営する「ふれあい動物園」が今春から競馬の非開催日も含めた週6日間開園され、引き馬の乗馬体験が連休中も大人気だ。道内外から訪れる家族連れなど連日約200人が、服部義幸調教師ら有名トレーナーが引く馬に乗せてもらっている。

     同動物園は、ばんえいPR馬リッキー号の服部調教師、同ミルキー号の鈴木邦哉調教師をはじめ、小林長吉調教師、今井茂雅調教師ら厩舎(きゅうしゃ)関係者のほか、十勝の生産者やファンの有志がボランティアで2007年から運営している。

     競馬場内の観光拠点施設「とかちむら」が年中無休で開いているのに合わせて、手作業で1周約80メートルの囲いと馬房を設けて、競馬開催日(原則土・日・月曜)以外にも引き馬乗馬体験を始めた。開催日は午前10時〜午後5時、非開催日は午前11時〜午後3時に開園。火曜定休。引き馬乗馬体験は1回300円。

     かわいいポニーとどさんこに子供たちは乗せてもらって笑顔を見せる。札幌から家族と一緒に来た永遠ちゃん(2)は服部調教師が引く馬に乗って「お馬さん大好き」と万歳のポーズ。同園は、飼育しているドサンコ親子など5頭の馬の名前を来園者から公募している。(横田光俊)



    << 前へ 1 2   

    表示件数 6-10  (全10件中)
    著作権 十勝毎日新聞社