΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年6月(8)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 啓西小でばん馬の出前授業 [6/28]
  • 24日からばんえいグランプリ・ファン投票 [6/23]
  • ばんばの出走間近で ばんえい「スタート地点ツアー」24日から [6/23]
  • 23日にばんえい競馬テーマで講演会 [6/21]
  • オレノココロ驚異の末脚でV ばんえい旭川記念 [6/19]
  • ばんえい旭川記念予想、オレノココロ有力 [6/17]
  • 一部破損でそりを変更 ばんえい十勝 [6/10]
  • 3年連続黒字2億円超え 馬券発売、ネット7割 [6/6]
  • 大一番のレース 騎手が意気込み [5/28]
  • 馬車や抽選会 帯広競馬場で28日にイベント [5/24]
  • ばんえい競馬、競走用のそり更新 [5/23]
  • ばんえいの再起一冊に 帯広市単独開催10年 [5/20]
  • 「ばん馬まつり」継続 帯商青年部が引き継ぎ [5/16]
  • ばんえい十勝ビアガーデン、13日オープン [5/12]
  • 資源循環型の生産活動PR うまちかで協議会 [5/9]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    名牝の子が名勝負
    2011年5月30日(月)
    - 2011年5月30日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で29日、3年前に引退した名牝サダエリコ号とアンローズ号の初めての子同士が対決する名勝負が演じられ、帯広競馬場は大いに盛り上がった。

     重賞13勝のサダエリコ号の子・サクセスクィーン号(牝3歳)と同10勝のアンローズ号の子・キタノキセキ号(牡同)。いずれも今春デビュー、3戦1勝同士でこの日の第3レースに登場、しかも隣のコースに並んで激走を演じた。

     両馬は第2障害まで互いに譲らず先行争い。サクセスクィーン号が真っ先に障害をクリアして、母同様に居並ぶ牡馬を尻目に鮮やかに勝利した。騎乗した菊池一樹騎手は「とても手応えがある良い馬だ」と絶賛。キタノキセキ号も3位以下に差を付けて2着に入り、ファンは「次も両馬の勝負が見たい」と大興奮。


    配布する種を袋詰めする「ばんえいパークゴルフクラブ」と十勝応援団メンバー

    - 2011年5月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)イベントサポーター十勝応援団が「ひまわり元気ロード作戦」としてヒマワリの種を帯広競馬場来場者や管内のイベント会場で配布、各家庭などで咲かせた花をインターネットのブログで紹介する活動を始めた。

     菜の花・ヒマワリの資源作物を遊休地で栽培、景観創出や循環型社会を目指す「とかちイエローリボンプロジェクト」(西崎邦夫実行委員長)と連携、配布するヒマワリの種を袋詰めする作業は同競馬場でパークゴルフを楽しむ「ばんえいパークゴルフクラブ」(小野寺正次代表、会員40人)が手伝い、約10粒の種が入る5000袋を用意した。

     「ヒマワリは放射性物質を吸着するとされバイオ燃料にもなる。1株を距離25センチとして、十勝から東日本大震災被災地の福島県まで1000キロ分のヒマワリで黄色い花の道をつくるのが目標」(イベントサポーターの佐藤香菜さん)とする。帯広競馬場では28日の第11レース(午後5時5分発走予定)後、29日は午前10時の開門から種を配布するほか、希望者には「とかちむら」で受け渡す。問い合わせ先は同応援団(0155・34・0825、帯広競馬場、内線40番)へ。(横田光俊)




    委員長に就任した後藤氏

    - 2011年5月25日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市ばんえい競馬検討委員会の初会合が25日午前10時、市役所で開かれた。委員長に帯広ホテル旅館組合長の後藤健二氏が就任。市側から全6回開催する日程案が示され、ばんえいに関する評価・理解度のアンケート結果、新たな経済波及効果の試算(8月提示)などを基に10月下旬に運営の在り方に関する報告書をまとめる。

     市は競馬の継続的・安定的な運営体制を検証するため、識者や市民で構成する検討委を設置。来年度以降の5年間のビジョン(中期計画)を策定するに当たり、検討委から提言を受けることにした。

     この日は本迫哲副市長が、十勝農協連の幹部ら識者8人、公募市民2人に委嘱状を交付。本迫副市長は「重いテーマだが、形にこだわらず意見を出してほしい」とあいさつした。市側は収支構造や運営状況、ばん馬の生産頭数などについて説明した。

     主な論点は「ばんえい競馬と地域の関わり」「運営体制の在り方」の2点。観光資源として活用する可能性、とかちむらを活用した新たな収入方策の検討をたたき台として示した。

     後藤委員長は「いろいろな意見を持った委員ばかり。実のある運営をしてきたい」と抱負を語った。次回は6月29日に市役所で開く。委員会は毎月下旬に開催し、市民に公開する。(中津川甫)

     
    服部調教師1500勝表彰式
    2011年5月23日(月)

    自厩舎の大河原和雄(右)、長澤幸太(右から2人目)、鈴木恵介(左)の3騎手に祝福される服部調教師

    - 2011年5月23日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬史上初めて調教師として1500勝を達成した服部義幸調教師(64)の表彰式が22日午後、帯広競馬場で開かれ、ファンや関係者が偉業を祝福した。

     市ばんえい振興室の田中敬二室長が賞状を授与。調教師仲間や騎手、ファンから記念品や花束が贈られた。服部調教師は「毎日、一生懸命取り組んできて、気が付いたら1500勝していた。多くの人たちの支えのおかげで、感謝の気持ちでいっぱい」と話していた。

     服部調教師は厩務(きゅうむ)員、騎手を経て39歳で調教師に。2007年から3年連続最多勝を獲得するなど活躍し、16日に節目に到達した。(丹羽恭太)


    ミルキー号と記念撮影に臨み修学旅行を満喫する生徒

    - 2011年5月22日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で受け入れる管外中学校の修学旅行第1陣として、札幌市立丘珠中学校(山崎孝行校長)の3年生69人が21日午後1時、帯広競馬場を訪れた。コースを懸命に駆ける競走馬に「頑張って」と声援を送り世界で唯一のばんえい競馬を満喫、農業とともに歴史を刻んだ馬文化に触れた。

     丘珠中は例年、秋田や青森など東北地方を旅行先としていたが、東日本大震災の影響で道内に切り替えた。旅行は21日から2泊3日で「道開拓に寄与した農耕馬の歴史と北海道遺産のばんえい十勝を知ってほしい」(山崎校長)と最初の訪問地に選んだ。

     この日は競馬開催日で生徒たちは迫力のレースを会場最前列で見学。馬の資料館で馬耕農業の説明に耳を傾けた他、ミルキー号の馬車に乗って大喜び。乗り終えると早速ミルキー号に触れ「温かい」「かわいい」とカメラを向けて記念撮影した。普段は見られないレースの裏舞台として「バックヤードツアー」も人気。装鞍所では真剣勝負を控え緊迫ムードの中で出走準備をする様子も見学した。

     生徒たちは重さ210キロのそりを引く「人間ばん馬」も体験、10人一組(うち騎手1人)でクラス対抗リレーに臨んだ。北脇君は「脚ががくがくになった。馬の大変さが分かった」と笑顔。白鳥さんは「馬の目がかわいい。東北にも行ってみたかったけど、ここでしか体験できないことをできた」と興奮。山崎校長は「生徒の表情が違う。ばんえい十勝に来て良かった」と話していた。

     一行は21日に十勝川温泉ホテル大平原に宿泊。22日は十勝ネイチャーセンターでアウトドア活動を体験、23日は旭山動物園に行く。ばんえい十勝では6月中旬までに札幌の中学7校から修学旅行を受け入れる予定だ。(児玉匡史)

    1 2 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全10件中)
    著作権 十勝毎日新聞社