\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 915
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
ばんえい馬主協会十勝応援団、ひまわりの種を配布
2011年5月28日(土)

配布する種を袋詰めする「ばんえいパークゴルフクラブ」と十勝応援団メンバー

- 2011年5月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

 ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)イベントサポーター十勝応援団が「ひまわり元気ロード作戦」としてヒマワリの種を帯広競馬場来場者や管内のイベント会場で配布、各家庭などで咲かせた花をインターネットのブログで紹介する活動を始めた。

 菜の花・ヒマワリの資源作物を遊休地で栽培、景観創出や循環型社会を目指す「とかちイエローリボンプロジェクト」(西崎邦夫実行委員長)と連携、配布するヒマワリの種を袋詰めする作業は同競馬場でパークゴルフを楽しむ「ばんえいパークゴルフクラブ」(小野寺正次代表、会員40人)が手伝い、約10粒の種が入る5000袋を用意した。

 「ヒマワリは放射性物質を吸着するとされバイオ燃料にもなる。1株を距離25センチとして、十勝から東日本大震災被災地の福島県まで1000キロ分のヒマワリで黄色い花の道をつくるのが目標」(イベントサポーターの佐藤香菜さん)とする。帯広競馬場では28日の第11レース(午後5時5分発走予定)後、29日は午前10時の開門から種を配布するほか、希望者には「とかちむら」で受け渡す。問い合わせ先は同応援団(0155・34・0825、帯広競馬場、内線40番)へ。(横田光俊)



篏罔罸ユ域腓