΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年11月(9)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • ばんえい菊花賞予想、カネサスペシャルなど有力 [11/4]
  • 4、5日にばんえい競馬「素敵なステーキまつり」 [11/3]
  • 東京競馬場でばんえいイベント [10/31]
  • コウシュハウンカイ逆転V ばんえい北見記念 [10/30]
  • オレノココロ本命か [10/28]
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    オープンセレモニーで愛を誓い合った長澤夫妻(29日午後1時半、金野和彦撮影)

    - 2011年4月30日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     今シーズンの「幸福駅ハッピーセレモニー」が29日、旧国鉄広尾線幸福駅で始まった。オープンセレモニーには、ばんえい十勝の長澤幸太騎手(22)と沙也佳(23)夫人が参加。立会人の米沢則寿市長や観光客が見守る中、永遠の愛を誓い合った。

     長澤夫妻は、2年前に入籍。結婚式を挙げていなかったこともあり、セレモニーに参加した。長澤騎手は、2009年にデビューし、「第42回日本プロスポーツ大賞」新人賞を獲得するなど、新進気鋭の騎手として活躍している。

     長澤騎手と沙也佳さんは、タキシードとウエディングドレス姿で、ばん馬のリッキー号が引く馬車に乗って登場。米沢市長は「幸福駅が大切な人と訪れる場所として、さらに親しまれることを願う」とあいさつ、「セレモニーを楽しんで」と2人を祝福した。

     2人は、記念証にメッセージを書き込んだ後、駅舎前の幸福の鐘を鳴らした。長澤騎手が騎手服姿に着替えて記念撮影も行った。長澤騎手は「普通の結婚式と違って面白い。みんなが祝福してくれたので、改めて頑張っていきたい」と一層の活躍を誓っていた。沙也佳夫人も「これからも2人仲良く歩んでいきたい」と話した。

     セレモニーは9月末まで開催。料金は、2人一組で3000円(貸衣装、記念証代込み)。問い合わせは市商工観光部観光課(0155・65・4169)へ。(眞尾敦)



    - 2011年4月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市単独開催5年目のばんえい十勝は、25日で開催5日間を終えた。馬券の累計発売額は予算比0.28%増の3億5163万5300円で、計画通りのスタートを切った。前年比では4.74%減となっており、東日本大震災による経済活動の停滞で先行きは不透明になっている。

     1日当たり平均馬券発売額は7032万7060円(予算額7013万1360円)。累計発売額の内訳で見ると、「帯広競馬場(本場)」が8465万5600円(予算比15・31%減、前年比24・41%減)に対し、「ネット・電話」は9346万9600円(同21・31%増、同31・10%増)。昨年度に続き、ネット・電話販売が本場を抜く逆転現象が継続している。

     北見や名寄など道内7カ所の「直営場外」は1億2391万9800円(同3・68%増、同3・91%減)。このうち、計画額と前年実績を超えている場外は旭川と苫小牧で、釧路は計画額のみ上回った。昨年9月に開設した網走は計画の7割弱に落ち込んでいる。道内外の「広域場外」は4959万300円(同8・37%減、同12・83%減)だった。

     本場の入場者数は、観光交流拠点施設「とかちむら」のオープン効果で昨年度は好調だったが、序盤5日間は雨天が響き、前年比41・02%減の6658人と伸び悩んだ。

     「東日本大震災復興シリーズ」として開催した16、17日の売り上げの一部は被災地への支援金に充てられ、6月の補正予算に計上する。

     市ばんえい振興室は「目標額に到達し上々のスタートでほっとしている。5月の連休は家族で楽しめるイベントが多く、ぜひ足を運んでほしい」(田中敬二室長)と話している。(中津川甫)

     
    「ふれあい動物園」出産ラッシュ
    2011年4月27日(水)

    どさんこの白馬から誕生した子馬

    - 2011年4月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場の「ふれあい動物園」で25日、どさんこの牝の子馬が誕生した。同園では今季のばんえい十勝が開幕した16日にもポニーの子馬「チャグ」が生まれており、出産ラッシュに沸いている。

     同園は競馬場の旧パドックで服部義幸、鈴木邦哉、小林長吉の3調教師をはじめ競馬関係者の有志が運営、ポニーやどさんこ、ミニチュアホースなど9頭がいる。25日午前10時前、白馬(芦毛)のどさんこが出産、栗毛のかわいい赤ちゃんが生まれた。

     服部調教師は「次々に子馬が誕生してめでたい」と喜び、競馬場の観光拠点施設「とかちむら」を訪れた子供たちも集まり「かわいい」と歓声。同調教師は「母馬と子馬の名前を皆さんにつけてもらいたい」と公募も検討している。同園は競馬開催日(原則土・日・月曜)は午前10時〜午後5時、非開催日は午前11時〜午後3時に開園、火曜休園。


    プレオープンした店でチャレンジ商品をPRするセンタースタッフ(右端が片平所長)

     指定障害福祉サービス事業所の帯広ケア・センター(片平修所長)は23日、帯広競馬場に「チャレンジドショップKIZUNA(きずな)」をプレオープンさせた。

     障害者の就労訓練で社会参加の機会を広げ、年間24万7000人(昨年度)が全国から来場する場所で地元の農家・中小企業が開発した食品を売り込む。「競馬は馬と騎手の絆があるように、障害者も店を通じて社会との絆を」(片平所長)と挑戦する。

     同センターは障害者が街で暮らし就労できる地域づくりを目指して帯広市役所11階の喫茶コーナー「フロンティアハウス」、帯広市図書館の「喫茶栞(しおり)」、帯広電信通の「ミナミナひろば」を運営、これで4店目になる。

     開設場所は競馬場スタンド1階入り口の総合案内所・売店「リッキーハウス」向かいで、3月末に閉鎖した「カフェ・ド・ペルシュロン」の跡。NPO法人コミュニティシンクタンク・あうるずの若手デザイナー集団「ひよこデザインプロジェクト」が考案した「KIZUNA」の看板が店の「志」をアピールする。


     店では5月から、同センターと十勝障がい者就労・生活支援センターだいち(片平センター長)の利用者らが訓練を始める。片平所長は「ここで働く練習をすることや売り上げを工賃として提供できるように工夫したい。競馬場に来場する皆さんの理解と応援を」と語る。

     軽食や飲み物を提供し、中藪農園(帯広)の「中藪さんのコロッケ」(150円)、アグリスクラム北海道(大樹町)の「飲む生チーズ」(260円)、JAうらほろの「そのまま食べる十勝の豆」(350円)、帯広ケア・センターの「ゴボウ茶」(ドリンク100円、茶葉は1袋200円)など十勝で開発したチャレンジ商品が並ぶ。「競馬場からヒット商品を」(片平所長)と意気込む。

     競馬開催日(原則土・日・月曜)に営業、時間は25日までが午前11時〜午後5時半、30日から本営業(午前10時〜同、ナイター開催時は午後1時〜同8時半)の予定。 (横田光俊)


    ばんえい十勝は22日、帯広競馬場で第2回能力検査を行った。2歳馬45頭が出走、うち37頭が合格した。10日の第1回検査合格馬120頭と合わせて、今季競走馬デビューの新馬は計157頭になった。

    1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全29件中)
    著作権 十勝毎日新聞社