΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    重賞初制覇を遂げたトレジャーハンター

    - 2011年3月21日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は20日、4歳・5歳馬のトップを決める「第32回とかちマッシュ杯ポプラ賞」(BG3)を行い、3番人気のトレジャーハンター(4歳牡、金田勇調教師、鈴木恵介騎手、馬主は函館市・高橋一二さん、生産者は釧路管内標茶町・坂井健一さん)が先行・逃げ切りで重賞初制覇、4歳馬が有力5歳馬を制する快挙を遂げ、鈴木騎手は年間最多勝記録を203に伸ばした。タイムは2分14秒6(馬場水分0・5%)。2着は1番人気のキタノタイショウ(牡5歳、服部義幸調教師、大河原和雄騎手)、3着は5番人気のミスタートカチ(牡4歳、前原和信調教師、澁谷益久騎手)だった。

     スタート直後から(3)トレジャーハンターが先行、第2障害まで8回の休みを刻んだ。(3)は真っ先に障害に挑み3腰でクリア、(9)ミスタートカチ、(6)ファーストスターが続いた。障害で膝をついた(1)キタノタイショウが立て直して一気に4番手から追撃。(3)はゴール前15メートルで一息呼吸置き、(1)に1馬身差をつけて快勝した。(横田光俊)

    「イチかバチか」先行策が実る鈴木騎手
     「イチかバチか勝負に出た」と鈴木恵介騎手。この日の第4レースでばんえいの歴史を塗り替える年間最多勝記録201を達成、第10レースでも快勝、その勢いのまま臨んだメーンレースで思い切った先行策を取った。

     得意の障害力を生かして逃げ切る作戦通りに、真っ先に障害を降りて先行した。「前走(5日)はゴール際で詰まって3着。このままぼい(追い)続けると、また止まる危険性があった」と、後ろからキタノタイショウが猛追撃していたが、あえてゴール前15メートルで一度止め、息を整えてからラストスパート。相手とは40キロあるばんえい重量のハンディを生かしつつ、馬の弱点を騎手の腕でカバーして勝利をもぎ取った。

     これで鈴木騎手は一日で3勝のまとめ勝ち。所用で表彰式に出席できなかった金田勇調教師に「勝利をプレゼントできた」と満足顔だった。


    20日の第4レースで記録更新、クシロフクリキ号で201勝目を挙げた鈴木恵介騎手

    - 2011年3月21日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で20日、鈴木恵介騎手(34)=服部義幸厩舎(きゅうしゃ)=が3勝を挙げ、自身が昨年度に達成した年間最多勝記録の200勝を更新する203勝とした。同競馬の開催は今季残り4日間。鈴木騎手の快進撃はとどまることを知らず、最高峰の重賞「ばんえい記念(27日)初制覇を」と意気込む。

     東日本大震災の被災地支援のための募金活動が続く帯広競馬場が、「若大将」と人気の鈴木騎手の活躍に沸いた。第4レースにクシロフクリキ号(牡4歳、鈴木邦哉調教師)で快勝、記録更新の201勝とすると、第10レースのインフィニティー(同5歳、金田勇調教師)で202勝目、さらにこの日のメーンレースの重賞「第32回とかちマッシュ杯ポプラ賞」では鮮やかな先行・逃げ切りでトレジャーハンター号(同4歳、同調教師)を操り1日3勝のまとめ勝ちを演じた。

     ばんえい競馬の最多勝記録は2000年度に坂本東一氏(現・調教師)が173勝を挙げ、昨年度に鈴木騎手が200勝と大幅に更新した。「もう200勝は無理だと思っていた。一度大台を達成したから、変な力が入らなくなって、それが逆に良かったのかもしれない」。今季は開幕直後にやや足踏みしたものの、その後は快調、昨年11月1日には念願の通算1000勝も達成した。

     「今季の目標の通算1000勝ができて、気が付くと周りで『昨季より勝ちのペースが早い』と言われて、最近になって記録を意識し始めた」と鈴木騎手。勝率約2割の強さから「恵介に乗ってもらいたい」と馬主の信頼も獲得、「強い馬に乗せてもらえる」と必勝パターンが出来上がっている。東日本大震災の街頭募金活動でも先頭に立ち「自分たちでできる限りのことをしたい」と気持ちを込めている。(横田光俊)

     
    ばん馬の絵本「赤べえ」今も人気
    2011年3月21日(月)

    絵本「赤べえ」(右)と十勝農協連に届いた礼状など

    - 2011年3月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     北海道農業をかつて支えたばん馬への農家の愛情を描いた絵本「赤べえ」=十勝馬事振興会(佐々木啓文会長)、北海道輓(ばん)用馬振興対策協議会(山本勝博会長)など企画・発行、2004年刊=が、発行から7年たった今も子供に感動を与えている。十勝農協連が釧路管内阿寒町の女子小学生に絵本を贈ったところ、親から礼状などが届いた。この経緯は27日の重賞「ばんえい記念」当日に帯広競馬場でパネル展示する。

     「赤べえ」は昭和30〜40年代に、それまで農耕で活躍した馬たちが農村から姿を消し、トラクターに替わった時代の物語。米永道裕さん(札幌平岸高演劇部顧問)の脚本を基に、芽室町在住の作家旋丸巴さんが文章、ばんえい十勝の女性調教師谷あゆみさんが絵を描き、非売品として2500部を発行、道内の小学校に寄贈した。

     阿寒小学校に通う女児(5年生)は実家の農家で祖父母が馬を飼い小さい時から馬が大好き。低学年の時に学校の図書館で「赤べえ」を見つけて愛読、その後実家の馬はいなくなった。女児の知人が十勝農協連酪農畜産課に「本をクリスマスに贈りたい」と昨年12月に連絡、同課はきれいに包装して贈った。

     このほど女児の母親から礼状と、女児が冬休みに撮影した各地のばん馬の写真も送られてきた。手紙には「祖父が馬飼いをやめた年、育てた馬がレースに出ると聞いて家族でばんえい十勝に出掛けた。娘の夢はばんえいの調教師」とあった。同課の由佐哲朗調査役は「子供に感動を与えてくれている絵本を大事にしたい」として「ばんえい記念」当日には道東3地区の馬事振興会青年部主催で子供に菓子を配るイベントなどと併せて、この話をパネル展示する。

     絵本の文章を担当した旋丸さんは「馬たちの力で、いつまでも子供の心に響く絵本になっている」と話している。(横田光俊)

     
    十勝騎手会 義援金を呼び掛け
    2011年3月19日(土)


    - 2011年3月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝騎手会(藤本匠会長、31人)が18日午前10時から正午まで、JR帯広駅前と藤丸デパート前ふれあい広場で東日本大震災被災者への義援金を呼び掛けて街頭に立った。

     ばんえい十勝の厩舎(きゅうしゃ)関係者には東北地方出身者が多く、競走馬も同地方産駒が活躍している。被災地出身の騎手は震災直後から家族の安否確認などに追われ、12日は競馬開催を休止。13日から再開して騎手たちは腕に喪章を着けてレースに臨んだ。

     朝の調教を終えてから駅前に立った藤本会長は「被災地出身の仲間には古里の家を失った騎手もいる。あまりにひどい被害だが、一日も早く復興してほしい」と語り、道行く市民に協力を呼び掛けていた。同会の街頭募金活動は25日も同時間帯に実施する。

    - 2011年3月14日掲載十勝毎日新聞紙面より -
     
     ばんえい十勝で帯広競馬場ととかちむら、道内7カ所の場外発売所で実施している東日本大震災義援金の募金は、13日の初日だけで34万750円に達した。


    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全23件中)
    著作権 十勝毎日新聞社