΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    とかちむらに豆の巨大貼り絵
    2011年3月26日(土)

    とかちむら産直市場内に飾られた豆の巨大貼り絵(金野和彦撮影)

    - 2011年3月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     豆まつり実行委員会(梶原雅仁委員長)は25日、まつりで制作した「巨大豆の貼り絵」を帯広市内の帯広競馬場内のとかちむら産直市場に寄贈、展示された。縦3・6メートル、横2・7メートルで、ばんえい競馬をイメージした絵を20万個の豆で表現。豆の国・十勝と世界で唯一のばんえい競馬を盛り上げる思いを込めた。

     貼り絵は13日に市内のとかちプラザで開いた「豆まつり」が30回目の節目となることから企画。来場者300人がボランティアとして制作に携わった。豆は十勝産の小豆、金時など18品種で重さにして60キロ分。A5判324枚を組み合わせて巨大な一枚に仕上げた。絵の横には参加者の名前も刻まれている。

     贈呈式には雑穀商や市職員ら関係者約30人が参加。梶原委員長は「豆と一緒に馬も十勝の開拓で来た。世界に一つしかないばん馬を盛り上げたい」と話していた。豆の使用量や巨大な貼り絵が世界的にも珍しいとみて、ギネスブックへの申請を考えている。

     豆まつりで販売した豆の売り上げの一部を東日本大震災の義援金(10万円)として日本赤十字社帯広市地区に預託した。(関坂典生)




    「東北の被災馬を救おう」と訴える森田獣医師

    - 2011年3月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場内診療所でばんえい競走馬の治療に当たる森田美範獣医師(38)=エムズパートナー・十勝ドラフトホースクリニック代表取締役=が東日本大震災で被災した馬の支援活動を開始、27日午前10時から正午まで同競馬場入場門付近で、ばんえいPR馬リッキー号、ミルキー号とともに募金活動を行い、協力者に特製ステッカー3000枚を配る。

     東北地方は日本の馬文化発祥の地。馬産関係者も多く被災し、国内の競馬で活躍した有名引退馬などを含め多くの馬も犠牲になった。国指定の重要無形民俗文化財「相馬野馬追(そうまのまおい)」で有名な福島県相馬市(大樹、豊頃両町の姉妹都市)ではNPO法人「馬とあゆむSOMA」が生き残った馬の救援に当たり、森田獣医師にも「馬の治療費、飼料が足りない」と支援要請が届いている。

     森田獣医師は「原発事故で避難指示が出ている場所に放置された馬もいる。東北の馬は1700年代に十勝に導入され、十勝の馬産の元になった。大震災で日本の馬文化も危機に陥っている」と支援活動を開始。「がんばろう!東北!!」「日本がん馬れ!」と記した2種類のステッカーを作り、協力者に貼ってもらい運動を広げる。(横田光俊)





    - 2011年3月25日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で「中高年の星」として人気のゴールデンバージ号(牡14歳、山田勇作調教師)のマスコット人形が完成、東関東大震災被災者の復興支援を兼ねて発売された。

     企画したプラン82(帯広)の清原美枝子代表は「地震発生の11日に帯広に入荷した。リストラされても競走馬に復帰、頑張る象徴として被災地の中高年の方々にも頑張ってほしい」と売り上げの1割を義援金にする。

     人形はプラスチック製で縦2・5センチ、ファスナーストラップと携帯電話ストラップの2種類。台紙はばんえい十勝の馬券を模している。馬が背広を着てビジネスバッグを持ったサラリーマンの格好。帯広競馬場内リッキーハウス、JR帯広駅のキヨスクなどで1個500円で販売している。



     
    明日から震災復興支援のイベント
    2011年3月25日(金)
    - 2011年3月25日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は26〜28の3日間、今季最後の開催で東関東大震災復興支援の「大型貼り絵」など各イベントを展開する。最高峰の重賞「第43回ばんえい記念」(27日午後5時15分発走予定)などに集まる全国からのファンに協力を訴える。

     大型貼り絵は26日午前10時から3日間、帯広競馬場入場門近くで制作する。縦1・8メートル、横2・7メートルのばんえい競走馬の写真を400枚に分割して、募金してくれた来場者が貼っていく。募金100円以上で各パーツを1枚貼り、絵の両サイドに応援メッセージを付ける。

     このほかの主な支援企画は次の通り。
    ▽ばんえい記念チャリティー前夜の集い(26日午後5時45分・競馬場2階ファンルーム。NPO法人とかち馬文化を支える会が主催。鈴木勝堤元騎手らがばんえい記念の見どころなどを解説、被災地支援のオークションを行う)

    ▽復興祈願ステッカー配布・被災馬支援募金(27日午前10時〜正午。帯広競馬場内診療所の森田美範獣医師が被災地の馬支援のために募金活動、募金してくれた人に特製ステッカーを配る)(横田光俊)

    - 2011年3月22日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は来年度の開幕2日間となる4月16、17の両日を、東日本大震災の「災害復興支援シリーズ」として実施、期間中の収益の一部を義援金として寄付することにした。同競馬は今月12日を休催、13日から再開して帯広競馬場などで募金を実施、これまでに約93万円が集まり、騎手会が18日に行った街頭募金でも約31万円が集まっている。

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全23件中)
    著作権 十勝毎日新聞社